MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。

perm_media 《画像ギャラリー》関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)の画像をチェック! navigate_next

メタルスッテタックル&メタルスッテ釣法の基本をご紹介!

タックルは専用のものを改めてそろえなくてはいけないのだろうか。可能ならばそのほうがよいが、テンヤマダイ文化が根強く広まっている関東海域では、このテンヤタックルをそのまま流用可能だ。

竿とリールはテンヤ用、もしくはタイラバ用、ティップラン用でもよい。一般的にはテンヤ用が主流になるだろう。

リールはスピニング、または、ベイトのどちらでもよい。ベイトならカウンター付きのものが扱いやすい。

道糸はPE0.6〜0.8号がベター。細い糸の色が見えにくい人は太めの0.8号を選択してもよい。

これに3号前後の枝ス付きのリーダーを接続。オモリの替わりとなるメタルスッテを先に付け、枝スには、2〜4号の浮きスッテ、もしくは2号前後の餌木を付けてタックルセッティングは完了だ。

鹿島沖でのスッテの種類だが、オモリの替わりともなるメタルスッテは、15〜20号を用意。カラーは定番といわれている赤白と赤緑はテッパンでそのほかは好みでよい。枝スのスッテのカラーも同様だ。

カラーを試したいなら、グロー系と黒系をそろえてみよう。相反する色だが、意外と黒系にイカが反応することが多い。

ケンサキイカがまじるムギ・スルメのポイントの水深は60〜70mだ。

今期の傾向は、ボトム付近を狙うとムギ・スルメイカ、水深20m以浅を探るとケンサキイカがよく釣れている。つまり、ケンサキイカを専門に釣りたいなら水深20m以浅のみを探っていればよいのだ。

もちろん、浅ダナでもムギ・スルメイカはヒットするが、ケンサキイカが乗る可能性がぐっと高くなる。

メタルスッテ釣法は、基本動作は単純で簡単だ。
理論はこうだ。
「動かす=イカへのアピール」
「静止=イカが乗る間」
この方程式を頭に入れて釣りを行うとよい。

具体的には、竿のシャクリ上げやシェイクやタタキ動作はアピール。止めがイカを乗せる間だ。この間をどう取るかで釣果に差が出ているようだ。

そして、アワセ。テンヤマダイと同じく、竿先になにか違和感を感じたら即アワセが基本。空アワセでもよいのでとにかくアワセを入れてみよう。

鹿島沖ケンサキイカ釣行レポート

少しずつブレイクしつつある鹿島沖のイカメタル。この日は片弦がほぼメタルスッテアングラーでうまっていた

この日のポイントの水深は60〜70m。ボトム付近がムギイカ、表層付近がケンサキイカのタナだった

テンヤ用ロッドで十分遊べるこのゲーム。エントリーはイージーだ

この日のケンサキイカは、水深10〜20mが当たりダナ。群れているので同時ヒットもよくある

これはムギイカ狙いのサビキ仕掛けでの釣果。大半がスルメだがケンサキイカがまじっている

イカメタル専用ロッド使用がベスト。西日本で大ブレイク中なので、釣り具ショップで購入可能。西日本ではベイトタックルが流行だ

マルイカと呼ばれているサイズも釣れる

メタルスッテのカラーはさまざまなものが有効だった

ことらはケンサキイカとムギイカの一荷

「水深15mで粘っていたらようやく乗りました!」

「タナは15m。このタナで叩いてイカを寄せて静止させてスッテに抱かせるだけですよ」と話す常連さんはケンサキイカの竿頭

「上ダナで粘るとケンサキが乗りますね」

こんな良型のケンサキイカが回遊している

タナは水深20mより上。もちろんメタルスッテで釣っている

イカメタルアングラーのメインターゲットはこのケンサキイカだ

ハヤブサからは各種メタルスッテが発売中。イカメタルリーダーもあると便利

メタルスッテのカラーはさほど気にしなくてもよい。使用するメタルスッテは15〜20号がメイン

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「幸栄丸」。

西日本や北陸でブレイク中のケンサキイカのメタルスッテナイトゲーム。関東周辺では、沼津沖で行われている程度であるが、鹿島沖でブレイクしそうな気配がある。

昨年あたりから、鹿島沖から那珂湊沖にかけて夜ムギイカにまじりケンサキイカがよく釣れるようになった。昨年はケンサキイカばかりのシーズンもいっときあったほど。今期はというと、ほぼ昨年と同様。これは実際に行って確かめねばと思い釣行すると、ケンサキイカのメタルスッテゲームが完全に成立することが分かったのだ。

「例年どおりムギイカ狙いで出船してます。水深60〜70mのポイントをパラシュートアンカーを使って流してます。ボトムを狙えばムギイカとスルメイカ、水深10〜20mを狙うとケンサキイカが釣れます」と鹿島「幸栄丸」荒原康宏船長は語る。

とくにケンサキイカに対してはメタルスッテ釣法が有効でサビキ仕掛けより釣果が出ているのが現状という。

「ケンサキイカはいつまで続くか分からないけど、回遊している限り狙っていきますよ。イカメタルはかなりおもしろいし、うちでは超オススメ。沖のムラサキイカもメタルスッテで狙っていこうとも考えてますよ」と荒原船長。

鹿島沖のメタルスッテゲーム。今後のブレイクに期待したい。

鹿島沖のケンサキイカの誘い方。乗り渋り時の釣り方解説します

鹿島沖では、とにかくバンバンケンサキイカが乗ってしまう日とイカがいるのになかなか乗らない日があるようだ。

後者の場合、スッテを動かしすぎるとケンサキイカはあまり乗らない傾向がある。 

その有効な釣り方は、タナを決めて、その場でカワハギ釣りのようにタタキを入れる。そして、その後動きを止めて静止させる。この時間を長めにとると、ポンッとアタリが出ることが多いという。スッテをイカに見せてよせて、止めでイカを乗せるというもの。

そこで乗らなければ、タナを1mほど上下どちらかに変えて、タタキ&止めを行う。派手な動きはないが、乗り渋り時はこの方法で高確率でケンサキイカが乗るという。

止めの時間を長くとる場合は、ロッドも軟らかめのものがよい。

また、タナが浅くとも、狙いのタナを決めたら、ヤリイカやスルメでよく行われる“巻き落とし”も効果がある。

タナで乗らない場合、5〜10mほど巻き上げ、そのタナに再び落とす、これだけで乗ることも多い。

鹿島沖のケンサキイカは上層攻略がカギだが、これから始まるだろう、ムラサキイカもメタルスッテで釣ることができる。

その際、大事なアイテムがある。それは、水中ライト。
ライトがあるなしとでは1対10の差が出てしまうほどの必須アイテムだ。

そのライトは青、または、白。小型でできるだけ強力発光するものをチョイスし、枝ス上30㎝〜40㎝のところに装着する。直ブラ式で付けるとよいだろう。

ムラサキイカもケンサキイカの釣り方によく似ているが、もう少し大雑把。イカのサイズが大きいだけに乗ればかなり大きなアタリも出るし、よく引く。その引きは魚を釣っているような感覚もあり、LTなのでドラグをだしたくなるような大物もヒットする。

このように、メタルスッテ釣法を活用すれば、浅めのタナに限られるがすべてのツツイカを楽しくそして手軽に狙える。ぜひ、この機会にメタルスッテ釣法を体験してみていただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル