MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ムロアジ泳がせシーズン注目! 高級魚ウメイロは当たり年!

銭洲は年内いっぱい楽しめる。御蔵島やイナンバも注目したい

ヒラマサとファイト中

当日は中ムロアジの泳がせ釣りでカンパチは大型のバラシのみであったが、10kgオーバーのヒラマサがヒット!

泳がせにヒット! かなりデカイ! サメではないぞ!

ムロアジエサになんと大ダイがヒット

五目釣りも楽しい銭洲。普段使い慣れた竿が使える

ウメイロがザックザクの入れ食いだ!

あちらこちらでダブルヒット!

こんなに釣れると楽しいね!

秋の使者、ツムブリが銭洲に回遊中

ヒラマサキャッチ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛門丸」。

「銭洲は行ってみないと分からないところがあるね。前回行ったときは、泳がせでカンパチが爆釣してても、当日は全く釣れないことも。だけど、おいしい高級魚のウメイロも今期は当たり年なので、お土産には困らないよ」とは、手石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼清人船長の弁。

銭洲の解禁は12月いっぱいまで。近年高水温状態が続くこの海域では、9月後半から10月も泳がせのベストシーズンであるという。

「どうしても、近場のカツオやキハダに注目が集まりがちだけど、銭洲の秋はかなりいいんだよね。ぜひ、気軽にチャレンジしてほしいですね」と船長。

泳がせ釣りでは、釣ったムロアジをエサにする。ムロアジサイズは中〜大がメインになり、それと比例して、釣れるカンパチのサイズも大きくなる。浅場ならではのトルクフルな引きを味わってしまうと、大興奮間違いなしだ。大物の釣りの夢をかなえる秋の銭洲はあなたを待っているぞ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル