MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。

perm_media 《画像ギャラリー》秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)の画像をチェック! navigate_next

ムロアジ泳がせシーズン注目! 高級魚ウメイロは当たり年!

銭洲は年内いっぱい楽しめる。御蔵島やイナンバも注目したい

ヒラマサとファイト中

当日は中ムロアジの泳がせ釣りでカンパチは大型のバラシのみであったが、10kgオーバーのヒラマサがヒット!

泳がせにヒット! かなりデカイ! サメではないぞ!

ムロアジエサになんと大ダイがヒット

五目釣りも楽しい銭洲。普段使い慣れた竿が使える

ウメイロがザックザクの入れ食いだ!

あちらこちらでダブルヒット!

こんなに釣れると楽しいね!

秋の使者、ツムブリが銭洲に回遊中

ヒラマサキャッチ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛門丸」。

「銭洲は行ってみないと分からないところがあるね。前回行ったときは、泳がせでカンパチが爆釣してても、当日は全く釣れないことも。だけど、おいしい高級魚のウメイロも今期は当たり年なので、お土産には困らないよ」とは、手石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼清人船長の弁。

銭洲の解禁は12月いっぱいまで。近年高水温状態が続くこの海域では、9月後半から10月も泳がせのベストシーズンであるという。

「どうしても、近場のカツオやキハダに注目が集まりがちだけど、銭洲の秋はかなりいいんだよね。ぜひ、気軽にチャレンジしてほしいですね」と船長。

泳がせ釣りでは、釣ったムロアジをエサにする。ムロアジサイズは中〜大がメインになり、それと比例して、釣れるカンパチのサイズも大きくなる。浅場ならではのトルクフルな引きを味わってしまうと、大興奮間違いなしだ。大物の釣りの夢をかなえる秋の銭洲はあなたを待っているぞ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル