MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。

perm_media 《画像ギャラリー》今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)の画像をチェック! navigate_next

数釣りOKのスタートダッシュ! 大原のヒラメは来春まで続くロングラン

解禁初日の朝、スタート前は期待と緊張が入り交じる、なんともいえない雰囲気だ

解禁日もあってか船内は満員御礼だ

第1号に輝くのは誰だ⁉︎

「力漁丸」での解禁第1号。やや小ぶりも、メモリアルな1枚だ

例年10月1日解禁だったが、今年は9月1日に一部解禁となった大原沖のヒラメ釣り。まだまだ陽気は夏、水温も高くヒラメの活性は高い!

1~2㎏級主体に3.5㎏などもまじった。今後さらに大型も期待できるだろう

ヒラメは産卵後、体力回復のためにエサを荒食いしている。身の厚さがもどって、食味も上昇中

ライトタックルで元気な夏ビラメの引きを楽しむひとも

アタリ連発! 良型連続キャッチ

女性でもこのサイズが釣れる!

解禁初日はトップ7枚が二人、翌日はトップ10枚。今シーズンも好調です!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「力漁丸」。

1~2㎏のヒラメが流し変えのたび型を出す中、圧巻は5人の竿が同時に曲がった流しだった。3.5㎏の良型を含み、2㎏前後のヒラメがバタバタと上がり、タモ取りは大忙し。手つかずだった場所にヒラメが固まっているとこんな食いも珍しくない。

初日はトップは7枚が2名、翌日はトップ10枚、ソゲは少なくキロオーバー揃いと、大原沖の魚影は間違いなく濃いようだ。10月1日からの全面解禁に期待はさらに膨らむ。

「まだイワシ反応が少ないので、今日は根に居着いているヒラメをピンポイントで狙いました。イワシ反応があれば直撃もしますし、横流しで広く探る日もありますよ」とは、大原沖のヒラメならお任せ! の中井聡船長。

また、「力漁丸」では息子の中井省吾君も助手で奮闘中。この日も貸し竿組のビギナーをまめにサポート、ヒラメ釣り初めての少年や女性も見事にヒラメをゲットしていた。

大原のヒラメは来年春まで続くロングラン。なかでも、水温が高く食いが活発で、海が静かな秋は、釣りやすく入門にも最適。初めての人でも大物ゲットのチャンスは十分だ。

食欲の秋、沖釣りの秋は大原ヒラメへでかけよう!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル