MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。

この時期はビギナーがヒラメ釣りを身体で覚えるのに最適な時季だ

夏の高活性が持続し好釣果の続く銚子沖のヒラメ。中小型の数釣りメインに大型もまじる

いいポイントに入ると船中連発! ダブルヒット、トリプルヒットだ

タモ取りも忙しい!

産卵後、体力回復のためエサを荒食いして脂が乗ってきている。食味もいい!

こちらはヒラメとイナダのダブルヒット

まじりでホウボウなども

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

「ここ数年ヒラメもマダイも稚魚放流の成果が出始めましたね。これからの時代はただ釣ればいい獲ればいいって時代じゃあないですからね」とは、遊漁の将来も見据える福田稔船長だ。

釣れているのは0.4~2.5㎏級で小型も多いが、「夏はソゲ」の言葉があるように周年味が安定している小型ヒラメは、刺身はもちろん洗いで暑い時にもピッタリの一品になる。また中型以上のヒラメも産卵から体力を回復しており、食べる方でも盛期の味わいを取り戻している。

「夏から秋にかけては小型もまじるけど、とにかくアタリは多いですから、ビギナーはヒラメ釣りを身体で覚えるのに最適な時季ですよ。それからベテランはヒラメと対話出来る域に達するチャンスだよねー。通い詰めて欲しいなー。そうなればどんな釣り場でも通用するようになりますよ」と船長。

銚子沖で高水温期の活発なヒラメを狙って、スキルアップに励んでみませんか!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読