MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ワラサやイナダが絶好調! さぁ、エキサイティングな秋の開幕だ!

大根の潮が澄んでしまったため、この日は南へ探索。根周りを転々と攻めるとイナダやワラサがヒットした

時々鳥山が立つ

プラグキャスティングで攻めるとヒットはするものの、残念ながらすべてバレてしまった

青物の引きは強烈。ジグは150g前後、ラインはPE3号が基準だ

いよいよ秋のジギングシーズン到来! ターゲットは、このワラサやイナダ、そしてヒラマサだ!

取材前までは波崎沖の大根でイナダ&ワラサが絶好調だった

このサイズなら文句なし!

グッドサイズのワラサ。これからがベストシーズン

身が引き締まっていて美味しそうだ!

万全の態勢でチャレンジしよう!

状況次第では大型の期待値もあがる

ランディングは基本的には須之内船長がネットですくってくれるが、同時ヒットのときは隣のアングラー同士で協力して行おう

ジギング主体だが、キャスティングのタックルも必ず用意しておこう

ジグはセミロング系を中心に、ショート系なども有効

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

攻略はスピニングタックルでのジギングがメインだが、鳥山が立てばプラグキャスティングも面白い。この日も時々鳥山が見られ、プラグをキャストするとワラサやイナダがヒット! だが、残念ながらすべてバレてしまった……。したがって、ジギングタックル以外にも、キャスティング用も持参しておこう。

また、秋はターゲットが多彩なのも大きな魅力のひとつ。前記の青物以外にも、スローピッチジャークジギングではイシナギやその他根魚類、ヒラメ、マダイ、ホウボウなどのチャンスもある。

「始まったばかりで状況はまだ安定していませんが、ベイトはかなりいっぱいいますので、状況次第では楽しい釣りが期待できそうですよ!」とは、「征海丸」須之内哲也船長。

実際、取材前は大根でワラサやイナダが絶好調だった。さあ、エキサイティングな秋の開幕だ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル