沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。


ワラサやイナダが絶好調! さぁ、エキサイティングな秋の開幕だ!

大根の潮が澄んでしまったため、この日は南へ探索。根周りを転々と攻めるとイナダやワラサがヒットした

時々鳥山が立つ

プラグキャスティングで攻めるとヒットはするものの、残念ながらすべてバレてしまった

青物の引きは強烈。ジグは150g前後、ラインはPE3号が基準だ

いよいよ秋のジギングシーズン到来! ターゲットは、このワラサやイナダ、そしてヒラマサだ!

取材前までは波崎沖の大根でイナダ&ワラサが絶好調だった

このサイズなら文句なし!

グッドサイズのワラサ。これからがベストシーズン

身が引き締まっていて美味しそうだ!

万全の態勢でチャレンジしよう!

状況次第では大型の期待値もあがる

ランディングは基本的には須之内船長がネットですくってくれるが、同時ヒットのときは隣のアングラー同士で協力して行おう

ジギング主体だが、キャスティングのタックルも必ず用意しておこう

ジグはセミロング系を中心に、ショート系なども有効

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

攻略はスピニングタックルでのジギングがメインだが、鳥山が立てばプラグキャスティングも面白い。この日も時々鳥山が見られ、プラグをキャストするとワラサやイナダがヒット! だが、残念ながらすべてバレてしまった……。したがって、ジギングタックル以外にも、キャスティング用も持参しておこう。

また、秋はターゲットが多彩なのも大きな魅力のひとつ。前記の青物以外にも、スローピッチジャークジギングではイシナギやその他根魚類、ヒラメ、マダイ、ホウボウなどのチャンスもある。

「始まったばかりで状況はまだ安定していませんが、ベイトはかなりいっぱいいますので、状況次第では楽しい釣りが期待できそうですよ!」とは、「征海丸」須之内哲也船長。

実際、取材前は大根でワラサやイナダが絶好調だった。さあ、エキサイティングな秋の開幕だ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

横流しで数釣りを満喫! 鹿島沖〜神栖沖のヒラメ釣り(庄栄丸)

茨城海域のヒラメ釣りが11月1日に解禁した。とはいうものの、解禁されたのは北緯36度00分から北緯35度52分の一部のみ。12月に茨城県ほぼ全域がヒラメ釣り可能になる予定だ。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

ラインブレイク多発注意! ヒラマサ&ワラサ&カンパチ(山正丸)

“秋マサ”と呼ばれ、“春マサ”シーズンと並んで2大シーズンのひとつとされている秋の外房ヒラマサが、いよいよベストシーズンを迎える。


視界良好! 数、型、ともに楽しめるテンヤマダイ(かもめ丸)

視界良好! 数、型、ともに楽しめるテンヤマダイ(かもめ丸)

好調な外房エリアに続け〜! とばかりに、常磐沖のマダイの活性が上がり始めた!! そんなワケで、一目散に向かったのが那珂湊港「かもめ丸」。テンヤマダイを早くから取り入れ、面白いように釣らせてくれる人気の宿だ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読