MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)

常磐沖にいよいよ青物ルアーゲームのシーズン到来だ! メインターゲットは、写真のワラサ・イナダの他に、ブリ、そして9月上旬の取材日は強烈なアタリがあったもののフックアウトしてしまったが、ヒラマサ。ブリは正真正銘の8㎏オーバー、ヒラマサは10㎏オーバーの実績もあるので、油断は大敵だ。

perm_media 《画像ギャラリー》キャスティングの用意も忘れずに! 青物ジギング到来(征海丸)の画像をチェック! navigate_next

ワラサやイナダが絶好調! さぁ、エキサイティングな秋の開幕だ!

大根の潮が澄んでしまったため、この日は南へ探索。根周りを転々と攻めるとイナダやワラサがヒットした

時々鳥山が立つ

プラグキャスティングで攻めるとヒットはするものの、残念ながらすべてバレてしまった

青物の引きは強烈。ジグは150g前後、ラインはPE3号が基準だ

いよいよ秋のジギングシーズン到来! ターゲットは、このワラサやイナダ、そしてヒラマサだ!

取材前までは波崎沖の大根でイナダ&ワラサが絶好調だった

このサイズなら文句なし!

グッドサイズのワラサ。これからがベストシーズン

身が引き締まっていて美味しそうだ!

万全の態勢でチャレンジしよう!

状況次第では大型の期待値もあがる

ランディングは基本的には須之内船長がネットですくってくれるが、同時ヒットのときは隣のアングラー同士で協力して行おう

ジギング主体だが、キャスティングのタックルも必ず用意しておこう

ジグはセミロング系を中心に、ショート系なども有効

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

攻略はスピニングタックルでのジギングがメインだが、鳥山が立てばプラグキャスティングも面白い。この日も時々鳥山が見られ、プラグをキャストするとワラサやイナダがヒット! だが、残念ながらすべてバレてしまった……。したがって、ジギングタックル以外にも、キャスティング用も持参しておこう。

また、秋はターゲットが多彩なのも大きな魅力のひとつ。前記の青物以外にも、スローピッチジャークジギングではイシナギやその他根魚類、ヒラメ、マダイ、ホウボウなどのチャンスもある。

「始まったばかりで状況はまだ安定していませんが、ベイトはかなりいっぱいいますので、状況次第では楽しい釣りが期待できそうですよ!」とは、「征海丸」須之内哲也船長。

実際、取材前は大根でワラサやイナダが絶好調だった。さあ、エキサイティングな秋の開幕だ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル