MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

モリは150号。そのため、竿は150号オモリに対応できるものを使うこと。落とし込み釣りに対応した青物専用竿、コマセのキハダ用、軟らかめのビシアジ用などさまざまなタイプの竿が使える。

perm_media 《画像ギャラリー》寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸) の画像をチェック! navigate_next

タックル&仕掛け。胴付き2〜3本バリ仕掛けにサバの切り身を併用

「湘南 海成丸」での使用オモリは150号。そのため、竿は150号オモリに対応できるものを使うこと。落とし込み釣りに対応した青物専用竿、コマセのキハダ用、軟らかめのビシアジ用などさまざまなタイプの竿が使える。

リールは道糸のPEライン6〜8号が300m以上収容できる巻き上げ力の強い電動リールがオススメ。ポイントの水深は浅くても100m前後なので、仕掛けの上げ下げを考えると手巻きリールはあまりオススメできない。

仕掛けは胴付き2〜3本バリ。枝ス12号、40㎝。幹糸は14号で、幹間150㎝。ハリは太地のムツ17号。ハリにはピンクや白、ラメなどのフラッシャーを巻いておく。

そして「湘南 海成丸」では、サバの切り身を付けエサとして配ってくれる。サバの切り身をハリに付けたほうが、サバがアタる確率が高いので併用しよう。こだわる人は、釣れたてのサバを船上で切り身にして、付けエサとして使っている。

相模湾・茅ヶ崎沖の寒ブリ釣行レポート

ポイント付近に到着!

当日は茅ヶ崎沖水深110〜180mを狙った

完全にフッキング! やり取りはラインを弛ませないように巻き上げてこよう!

タモ取り直前の緊張する瞬間!

取材当日、取り込まれたのはこの1本。ほかにも数回アタリがあったが、ハリ掛かりしなかったり、巻き上げ中にハリが外れてしまった

10月23日にスーパー女将こと奈穂子さんは、7.2〜11.3kgまでを6本ゲット!(船宿HPから)

仕掛けは胴付2〜3本バリ。枝ス12号、幹糸14号、太地のムツバリ17号の仕様

まずはサバを掛けないとダメ! そのためにハリにサバの切り身を付ける

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南 海成丸」。

すっかり冬場の釣り物として定着した相模湾のブリ。今シーズンは早くも10月後半から開幕した。

「昨年と同じく『落とし込み釣り』で狙っていますが、スタートした日はサバのタナでサバが掛かると、そのタナでブリがアタってました」と話すのは茅ケ崎港「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。

鈴木船長のコメントにあるように、「湘南 海成丸」では九州などでおこなわれている「落とし込み釣り」という釣法で狙っている。仕掛けは胴付き2〜3本バリ。その仕掛けをサバの反応に投入してサバを掛ける。サバが掛かったら、船長が指示するブリのタナに仕掛けを下ろしてブリを食わせるのだ。

この釣り方は、サバが掛かった時のワクワク感がたまらない。そしてアタってからハリ掛かりさせるまでの駆け引きも醍醐味のひとつ。とにかくおもしろい釣りなので、ぜひチャレンジしてみよう!

落とし込み釣りの流れ。サバが掛かったら仕掛けをブリのタナまで下ろす

この釣りは、まずブリのエサとなるサバを食わせないと始まらない。サバ釣りを真剣にやらないとブリとはご対面できないのだ!

「湘南 海成丸」では、投入合図が出るとサバのいるタナをアナンスしてくれる。仕掛けがサバのタナに入ったら、リールのスプールをサミングしてブレーキをかけて落としていく。ここでアタったら仕掛けの落下を止めて待ち、ハリ数ぶんサバを掛けるようにする。

もしサバがアタらず海底まで仕掛けが落ちたら、そこから巻き上げてサバのタナに仕掛けを通す。それでもサバがアタらなければ、再度仕掛けを落としながらサバのタナを通す。

とにかくアタらなければ、サバのタナの範囲に仕掛けを何度も通すことだ!

サバが掛かったら、ブリのタナまで仕掛けを下ろす。タナは海底付近。船長からタナの指示が出るので、それに従うこと。取材当日のタナ指示は、海底から1〜4mオモリを上げた範囲だった。

ハリ数が3本で全部のハリにサバが掛かると、仕掛けが落ちていかないこともある。またお客さんが多いときはオマツリも多い。そんなときはハリ数を2本にするのがオススメだ。

アタったら早アワセは禁物。ブリが完全にエサを飲み込み、竿先が絞り込まれるまで待つことが大事。竿が絞り込まれるまでは、リールのドラグを少し緩めておき、ブリがエサを食べている間にちょっと引っ張ったらラインが出るようにしておくこと。

ブリがエサを飲み込むとラインが出て、竿が絞り込まれるので、ここで大きくしっかりとアワせる。あとはラインを弛ませないようにして巻き上げてくる。

以上の記事は「つり丸」2015年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル