MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。

ひとつテンヤマダイ仕掛け。テンヤは12号ぐらいまでを準備しておこう

竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。

これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。またワラサやヒラマサといった強烈な引きで抵抗する青物もヒットする。サイズのいいマダイや青物が掛かったときは、ドラグを駆使したやり取りになるので、つねにスムーズにラインが出る高性能ドラグを搭載したリールを使ったほうがバラシが少ないだろう。

道糸はPEラインの0.6〜0.8号がベスト。太くても1号まで。これより太いと、道糸が潮や風の影響を受けやすく、微妙なアタリやテンヤの着底がわかりづらくなる。また仕掛けをコントロールしづらくもなるからだ。道糸は150m以上は巻いておくこと。

テンヤは重いものは12号ぐらいまで、軽いものは2、3号ぐらいまでを用意しよう。

「この釣りは底ダチがわからないと釣りになりません。ですから、初心者は潮が速いときでも着底がわかるように10〜12号の重めのテンヤは必ず準備しておいたほうがいいですね」と話す「太幸丸」の実川船長。

外房・飯岡沖ひとつテンヤマダイ釣行レポート

当日のポイントは航程30分ほどの飯岡沖水深20〜30m

パラシュートアンカーを海に投入して船を流す

竿が絞り込まれ、ラインが出される! サイズのいいマダイだ!

グッドサイズのマダイが浮いた!

3kg級をゲット! このサイズなら大満足だ!

永井名人も3kg弱をゲット!

朝マヅメはチャンスタイム

竿先やラインの変化を見逃さないように!

食べごろの1㎏クラス

当日は全員が本命の顔を見た!

ゲストにはイナダがまじった

「太幸丸」で配っているエサがコレ

エサ付けはていねいに

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「太幸丸」。

外房・飯岡沖では、秋口からマダイが好調に釣れている。

「広い範囲でマダイが釣れています。数釣れる日もあれば、サイズのいいマダイが釣れる日もあります。年内いっぱいぐらいは楽しめそうですよ」と話すのは飯岡港「太幸丸」の実川浩司・若船長。

取材当日は前日に良かったという水深20mのポイントからスタート。しかしマダイのアタリは少なく、水深30mのポイントに移動。すると、ここではマダイからのアタリがコンスタントに続いた。そして「浮いた反応もありますから、上の方も探ってみてください!」という実川船長のアナウンス後には、3㎏級のグッドサイズが2枚も取り込まれた。

「大型狙いは、幅広く探るのがコツです」と実川船長。今ならビギナーでも手軽に楽しめ、大型のチャンスもある。ぜひチャレンジしてみよう!

基本の釣り方&大型狙い。ビギナーは底立ちがわかるようになろう

この釣りは底ダチがわからないと釣りにならない。ビギナーは、まずテンヤが着底したのがわかることが大事だ。

エサを付けたテンヤを投入したら、道糸の出方を注意して見ていること。出ていくラインがフケたり、止まったときが着底のサイン。潮が速いときは、このサインが一瞬となる場合が多い。見逃すと、潮によって糸がどんどん出ていくので注意しよう。

潮が速いときや、どうしても着底がわからないときは、わかるまでテンヤを重くしていくのも手だ。テンヤを重くしていくと食いが悪くなることもあるが、まったくアタらなくなるというわけではない。むしろ、着底がわからないほうがアタリが減ると思っていいだろう。

基本の釣り方。テンヤを投入したら着底するまでの間にアタることもあるので、ラインの出方や糸フケを注意して見ておくこと。とくにテンヤの着底直後にアタりやすいので要注意だ。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取って50㎝〜1m巻き上げる。その位置で時々竿をシャクリ上げてテンヤを動かしてアタリを待つ。これを2〜3回繰り返してアタリがなければ、仕掛けを回収して再投入する。

アタリがあったら、とりあえずは即アワセ。即アワセで掛からないことが続くようであれば、少しタイミングを遅らせてアワせるようにしていくといいだろう。

「大型は上のほうに浮いていることもあります。大型を狙うのであれば底から4〜5mの高めのタナを狙ってみたり、仕掛けを何度も入れ替えて広範囲を探ってみてください」と実川船長。

水深が浅いポイントではキャストして広範囲を探るのも手だ。

以上の記事は「つり丸」2015年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読