MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「初栄丸」は、午前・午後通しの仕立船で12時間ぶっ通しで楽しめる

勝浦沖はトップクラス深海ターゲットが顔を揃える海域だ。水深は200~300m前後

金茶のボディーが海面下に、そして本命浮上!

狙いは10㎏級! だが、この日最大は1.8㎏。しかし、勝浦沖では10㎏クラスの可能性もあるのだ!

本命のアラだけでなくゲストも高級。こちらは1㎏のムツ。おいしそう~

1㎏クラスのアカムツも。言うまでもなく、こちらも超高級魚だ

オニカサゴも大型がまじる

「ノドグロ」ことメカサゴも大型。この魚も美味しいです!

こちらはカワイイ? コアラ

ツイている人には…この日2匹目!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

10㎏超級も期待できる超高級魚のアラを筆頭に、「深海のルビー」アカムツ、ムチムチボディのクロムツ、1~2㎏のオニカサゴ、「カンコ」ことウッカリカサゴは1.5~3㎏級。

いずれ劣らぬトップクラス深海ターゲットが顔をそろえる海域を、午前・午後通しの仕立船で12時間ぶっ通し。深海マニア垂涎にして、マニアすら音を上げる寸前!? の耐久レースに今回も10名が参加。

残念ながら「大」には及ばなかったものの、3匹のアラを筆頭に赤、黒、橙…この日も各種高級魚が咲き乱れた勝浦沖。

「初栄丸」の「ディープゾーン」はこれからが本格シーズン。「お楽しみはこれから」だ。

以上の記事は「つり丸」2015年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル