MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
脂が乗ってプリップリ!走水沖の美味しいアジを釣りに行こう(広川丸)

脂が乗ってプリップリ!走水沖の美味しいアジを釣りに行こう(広川丸)

数多い東京湾の釣りの中でも、昔も今も人気が衰えないのが走水沖の大アジ釣りだ。港すぐ前のポイントで40㎝近い大型が釣れること、そして食味が良いこと、時には中型クーラー満杯の入れ食いも味わえること、が人気の理由だろう。午前、午後と都合に合わせて出船できるのも便利だ。電動リール付きの貸し竿も揃っている。

ちょっとしたタナの取り方、コマセの振り方の違いで釣果が大きく変わる

速潮の中、正確にタナを取って大アジを食わせる。コレが楽しいのだ!

潮の速い走水沖ならではの美味しいアジが釣れてます! 脂ノリノリですよ~

釣れるアジは型ぞろい。どれも美味しそう!

日ムラはあるが、いい日はクーラー満タンもある

走水沖のアジは幅広で絶品だ

生けすが早くも大賑わい!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「広川丸」。

走水港の「広川丸」は大アジ狙いのこだわり船宿。四季を通して走水沖の大アジを狙っている。体高があり、尾びれが黄色、背中が薄青なのが地付きアジの特徴だ。このアジが釣れるポイントは潮通しの良い瀬に限られる。正確なタナ取りが好釣果につながるので、まめにタナを取り直して走水アジを攻略しよう。

「広川丸」では、午前、午後の乗合の他、一日船の仕立も受け付けている。広川忠義船長、安田隆史船長ともにアジ釣りの大ベテラン。釣り方に迷った時は遠慮せずに聞いてみよう。ちょっとしたタナの取り方、コマセの振り方の違いで、釣果が大きく変わることがあるのがアジ釣りだ。

美味しい走水沖のアジ、脂の乗りと身の弾力はアジと思えないほど。そして魚屋に並ぶことはまず無い魚だ。このアジを食べるには、自分で釣りに行くしかない。

以上の記事は「つり丸」2015年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読