MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

落とし込み釣りに適した竿は専用竿だが、使用オモリに対応した7対3〜6対4調子の竿があれば楽しめる。長さは1.6〜2.5mくらい。「竿はコマセのキハダで使っていたものやビシアジ用なんかでも十分に対応できます」という「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。

タックル&仕掛け。落とし込み釣りと通常の泳がせ釣りの2パターン

落とし込み釣りに適した竿は専用竿だが、使用オモリに対応した7対3〜6対4調子の竿があれば楽しめる。長さは1.6〜2.5mくらい。「竿はコマセのキハダで使っていたものやビシアジ用なんかでも十分に対応できます」という「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。

リールはパワーのある中小型電動。狙う水深は大体100〜200mなので、道糸としてPEラインの6〜8号が300m以上巻けるものを用意しよう。

「湘南 海成丸」の仕掛けは胴付き3本バリ。枝スは8〜10号、50〜60㎝(チモトに夜光チューブなどを配するのもサバを食わせるには有効)。幹糸は12〜16号、1〜1.3m。ハリはムツの17〜18号。

ハリにはサバの切り身を付けて狙うが、エサを付けずに魚皮やフラッシャーを巻いたハリで狙うのもOKだ。

また「湘南 海成丸」ではサバの食いが悪いときは、道糸と仕掛けの間にコマセカゴを付けて、コマセを使うこともある。


「湘南 海成丸」では、通常の泳がせ釣りで狙うことも可能だ。泳がせ釣りの場合の竿は、ライト泳がせ用、コマセのカツオ&キハダ用、青物用など。長さは1.6〜2.5mが適しているだろう。

リールは落とし込み釣りと同様に、パワーのある中小型の電動リールがオススメ。道糸としてPEラインの6〜8号が300m以上巻けるものを用意しよう。

仕掛けは上のイラストで示したように、ヒラメ釣りなどで使われる胴付き1本バリと呼ばれる形式のもの。

ハリスは10〜16号、1〜1.5m。幹糸は12〜20号、1.5〜2m。捨て糸を付けるなら5〜6号、50㎝ぐらい(なくても可)。ハリはヒラマサ14〜16号。エサのサバが大きい時は孫バリ式にするとハリ掛かかりがよくなるようだ。

エサ付けは、サバの場合は鼻掛けが基本。孫バリ仕掛けの場合は、親バリは鼻掛け、孫バリは背掛けにする。小さめのアジやカマスの場合は、鼻掛けのほか背掛けもOKだ。

相模湾・茅ヶ崎沖の寒ブリ釣行レポート

サバの反応が船下を通過したあと、海底付近にブリらしき反応が出た!

言うまでもなくブリの引きは強烈だ! 泳がせ用ロッドが絞り込まれる

タモに入るまで油断は禁物!

当日の最大魚はこの8.5㎏!

8.5㎏のブリの別カット。丸々太って、体高が高く、とても美味しそう!

終了間際にもヒット!

またもブリが浮上!

終了間際に取り込まれたのは6.5㎏!

取材当日は鈴木祐之さんが通常の泳がせ釣りで3打数2安打という成績! 8.5㎏と6.5㎏をゲット!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南 海成丸」。

すっかり相模湾の冬の釣り物として定着したブリ。その釣り方は、生きたサバ、アジ、カマス、ヤリイカなどをエサにした泳がせ釣りで狙うのが一般的だ。そんななか、茅ヶ崎「湘南 海成丸」では、九州などで人気の「落とし込み釣り」でブリを狙っている!

「落とし込み釣り」とは、胴付き仕掛けを使って、まずサバやアジを食わせる。サバやアジが掛かったら、そのまま海底付近まで仕掛けをおろして待っていると、ハリに掛かったサバやアジを大型魚が食ってくるという釣りだ。

「落とし込み仕掛けにサバが掛かると、サバが暴れてブリを寄せてくれます。通常の泳がせ釣りよりも、落とし込み釣りのほうがアタる確率は高いみたいです。サバが掛からない時間帯もありますから、その時は通常の泳がせ釣りで狙います」と話すのは「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。

エサさえ掛かればヒット率は高いという相模湾の落とし込みブリ。「湘南 海成丸」では、すでに10㎏オーバーも取り込まれている。キハダの次は寒ブリに燃えよう!

仕掛けとエサについて

落とし込み釣りの場合

深場用の仕掛けも流用可能!

ハリに魚皮やフラッシャーが付いていない仕掛けの場合は、サバの切り身をエサにサバやアジを狙う!

落とし込み釣りは、まず仕掛けにサバを食わせる。サバが掛かったら、仕掛けを海底付近まで下ろして待つ。そして、仕掛けに掛かったサバをブリが食うという流れだ。「湘南 海成丸」では胴付き3本バリの仕掛けを使う。エサはサバの切り身だ。ハリに魚皮やフラッシャーが付いている仕掛けは、エサを付けなくてもOK。サバの食いが悪い時はコマセを使うこともある!

通常の泳がせ釣りの場合

「湘南 海成丸」では、最初にコマセ釣りで、泳がせ用のエサにするサバを釣る

サバが大きいときは、孫バリ仕掛けもオススメ

エサのサバは鼻掛けにする

「湘南 海成丸」では、通常の泳がせ釣りで狙うことも可能。落とし込み釣りで狙っていてもサバが掛からないときは、通常の泳がせ釣りで狙うのがオススメ! そのため「湘南 海成丸」では、出船したらまずエサにするサバを釣る。

落とし込み釣りの流れ。まずはエサになるサバを釣ることから始まる

「湘南 海成丸」の落とし込み釣りの流れは、上のイラストのとおり。まずはエサとなるサバやアジを釣る。仕掛けにサバやアジが掛かったら、そのまま仕掛けを海底付近のブリのタナに下ろす。そしてハリに掛かったサバやアジをブリが食ってくるというものだ。つまりエサとなるサバやアジが掛からないことには、ブリは釣れない。落とし込み釣りでは、エサを確実に食わせることが大事なのだ。

エサを釣るときは、船長が指示するタナの範囲に仕掛けを入れてアタリダナを探る。同船者の誰かにアタリがあったら、アタったタナを聞いて合わせてみよう。

また、サバやアジの食いが悪いときは、仕掛けやエサもアタっている人を真似るようにしよう。仕掛けはフラッシャーや魚皮が付いているのか? ハリにエサを付けているのか? これらの点に注意すること。また、コマセも使えるなら、使うようにすることだ。

サバやアジがアタったら、できることならハリ数ぶんだけ掛けるのが理想だ。

「仕掛けに掛かったサバやアジが暴れて、ブリを誘います。ですから3本あるハリのうち、1本だけにサバやアジが掛かっているよりも、2本または3本のハリに掛かっていたほうがアピールします」と「湘南 海成丸」の鈴木船長。

仕掛けにアジやサバが掛かったら、船長が指示するブリのタナに仕掛けを下ろしてアタリを待つ。取材当日のタナは、オモリを海底から1m巻き上げるという指示だった。水深が変化する場所もあるので、マメにタナを取り直すことも大事だ。

見事に本命のブリがアタったら早アワセは禁物。食い込んで竿が絞り込まれるまで待ち、しっかりアワせるようにすること。

通常の泳がせ釣り。エサが釣れない時間帯は泳がせ釣りで勝負だ!

「一日のうちで、エサのサバやアジが釣れない時間帯があります。そんなときは、通常の泳がせ釣りで狙うようにしてください」という鈴木船長。

「湘南 海成丸」では出船したら、まずエサが釣れないときのために、サバやアジを乗船者全員で釣ってイケスにストックしておく。落とし込み釣りの仕掛けにサバやアジが掛からない時間帯は、このストックしておいた魚をエサに泳がせ釣りをするのだ。

泳がせ釣りでのタナは、バランスの仕掛けを使う場合、おおむね海底から3mぐらいオモリを巻き上げたところ。そして、水深が変化する場所もあるので、マメにタナを取り直すことも重要だ。

落とし込み釣りと同じく、アタったら早アワセは禁物。食い込んで竿が絞り込まれるまで待ち、しっかりアワせるようにすること。

取材当日は泳がせ釣りで3回アタり、2本のブリを釣った人がいた。そのときのヒットパターンを上のイラストに示しているので参考に!

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読