MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

タックルは、「日本海電気釣り仕様」といわれる4mを超える長尺竿に実績がある。リールはPE8号300m以上巻ける中大型電動リール。道糸のPEラインは一生に何度もないブリとの対峙に備えて新品を用意したいもの。

上越沖 夜のブリ・ワラサ。広くタナを取れる長めの仕掛けが優位だ

タックルは、「日本海電気釣り仕様」といわれる4mを超える長尺竿に実績がある。

リールはPE8号300m以上巻ける中大型電動リール。

道糸のPEラインは一生に何度もないブリとの対峙に備えて新品を用意したいもの。

ブリが掛れば数人の道糸を含む仕掛けがオマツリ状態になるのは必至。ブリの時合は長くはないので、オマツリしたら潔くPEラインごと切って新しい仕掛けを投入することが大切である。

「お互いさま」の精神でブリを狙おう。

オモリは300号を使う。水深60m程度のポイントなのに重過ぎると思われるが、いざ、ワラサが何本もヒットすると、このオモリじゃないとオマツリしすぎてしまうからだ。また、カカリ釣りなので速潮対策のためでもある。

仕掛けは幹糸30号、枝間1.8m以上、ハリスはエダス22号以上30㎝。ハリは深海バリ20号以上で8本バリ仕様の仕掛けがオススメだ。

ブリがどの水深で船下に入ってくるかわからないので、広くタナを取れる長めの仕掛けが優位となる。
6本バリ以下なら枝間をおもいきって2m以上にするのも手である。

エサは主に10㎝以上にカットしたイカタンを使うが、一番上と一番下のハリに小ヤリイカやボウズイカ、ミミイカを付けると食いが良くなることがある。

イカタンは長時間海水に浸かっていると硬くなって食いが落ちる。最低でも30分に一回は付け直そう。

新潟上越有間川沖 寒ブリ・ワラサ釣行レポート

釣り座は乗船前にくじ引きで決める

3便は夕方出船。明るいうちからポイントにアンカーを打ち、青物の回遊を待つ

ボトム付近にはプランクトンの反応が出てくる。それに反応のなかに青物がいる

ロングロッドが主流だ

かなり重いっす。なかなか上がってこないです。何匹ついているのだろう?

4匹掛けした宮下さん。「さすがに4匹はいっぺんに持てません…」。3匹持ちは見事!

一荷は当たり前!

ワラサはどんどん抜き上げよう!

待ちの釣りだが、付けエサのチェックとコマセまきをマメにすることがブリキャッチの近道だ

良型はタモ入れオーケー。手返し重視は抜き上げで

ワラサもお腹がでっぷりとしている。食べておいしいぞ

寒さも吹き飛ぶ、ワラサフィーバー! 笑顔が満開!

ダブルは嬉しいね!

美味しいワラサはお土産にも最適だ

貴重な一本を釣り上げた

船宿で販売している仕掛けはコレ。実績があるので活用したい

エサは小ヤリイカやヒイカ、ボウズイカ、イカタンだ

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「第二八坂丸」。

日本海のブリは一年のうちで一番おいしく食べられるのがいまだ。身にたっぷりと脂を蓄えたブリの刺し身を一度味わったら舌鼓を打つこと間違いなし。まさにいまの時期は極上なのだ。

とくに、上越沖の寒ブリは、佐渡沖や氷見沖などで獲れる、有名なブランド魚にまったく引けをとらない。

釣り方は、胴付き釣り。夜釣りで狙う。胴付き仕掛けといっても、ハリス20号以上、幹糸30号、オモリ200〜300号とかなりヘビーだ。

この釣りのパイオニアである直江津「八坂丸」の竹内敏幸船長によると、

「私の父が上越沖でブリ釣りを手探りで始めたのがきっかけなんですよ。仕掛けはさまざまなものを試していまのものに落ち着きました。ヘビーと感じるでしょうが、それがここにはベストマッチしてます。できれば、ロングロッドを使ってもらいたいですが、近年は短いロッドでもブリは釣れます。ブリがダメでもおいしいワラサが釣れますからお土産にはあまり困らないですよ。レンタルタックルも充実してますので、初めての方もどうぞ、気軽に挑戦してみてください」という。

ポイントは有間川沖水深50〜70m。実績のあるところにアンカーを打って、ブリの回遊を待つのがここの釣り方だ。

ブリがヒットすると、ワラサとは明らかに異なる引きをする。ハリス22号がいともカンタンに切れられてしまったり、ドラグが出されることもあるという。

独特の雰囲気を味わえるこの釣りだが、意外とやってみるとハマル。ぜひ、極上寒ブリを食べてみたい人は、チャレンジしてみてほしい。

上越沖・夜ブリの釣り方。コマセをまくことが大切。定期的にまこう!

仕掛け投入後は底ダチを取ったら1m程度巻き上げてアタリを待つ。

水中灯で魚を寄せるとはいってもコマセは大切である。

自分のペースを決めて定期的にコマセをまき続けよう。

青物の群れが船下に入るまで、集中力を切らさず乗船者全員が協力して潮下にコマセを絶やさずまいていくことが他船に釣果で差をつけるポイントとなる。

もちろん自分自身の釣果にも跳ね返ってくる。

ブリ狙いの場合、ワラサの場合と違ってリールのフルドラグは厳禁である。

かと言ってズルズルでもせっかくのブリがサメのエジキとなってしまう。

切られず取られずの微妙なドラグ調節は、慣れるまでは船長にお願いするのが最良である。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読