MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

餌木もテンヤもじっくり攻めて良型を!スミイカ攻略法を伝授(忠彦丸)

東京湾のご当地ダーゲット”スミイカ”。釣り方はテンヤと餌木を使った2通りがある。伝統的なスタイルで、根強い人気を誇っているのが、生きたシャコを付けてテンヤで狙うスミイカ釣り。逆にエサを使わない手軽さと、あたりを取って掛ける釣り方が面白いと、近年ファンが急増しているのが、餌木によるスミイカ釣り。

タックルのご紹介。テンヤ用と餌木用の2パターンそれぞれの仕掛けの特徴

テンヤ用

テンヤ釣りのロッドは、軽量で穂先の感度が良い、全長24mほどの先調子(8:2〜9:1)専用タイプ。何故このバランスかというと、釣り方が海底のテンヤを動かすためのシャクリであるからだ。リールはポイントを広く探った方が有利となるので、キャストの効く小型両軸タイプを使用する。スプールにはPE2号をセット。先糸としてフロロカーボンの4〜5号×1.5mを直結。

餌木用

餌木で狙う時のタックルは、ライトゲームロッドと軽量小型両軸リールのコンビがマッチする。全長1.8m前後、微妙なアタリをしっかり捉えられる穂先の感度を持ち合わせているタイプをセレクトしよう。リールに巻いておくPEラインは、0.8〜1号程度と細かい方が良い。リーダーはフロロカーボン4号を1〜1.5mほど付けておく。

東京湾・中ノ瀬 スミイカ釣行レポート

乗り味最高の良型をコンスタントに掛けるダイワの松永直己プロ。「餌木はフォールの最中、またその直後にアタリが多く出るので集中して穂先を見て」とアドバイスをくれた

餌木もテンヤも今期は型が良いのが特徴ですよ!

本命ゲットに一安心

キャストして広く探る方が有利となるテンヤゲーム

シャクリは軸となる腕をしっかり固定して、写真のように鋭く入れてアピールさせること

フォール後はリールのクラッチを切って海底でしばらくステイさせることも重要だ

釣って面白い、食べて絶品!

海面にあげられたスミイカは容赦なく澄みを吐く。取り込みはスピーディーに!

腹側を海に向け、イカの首根っこを掴み、船べりで水を吐かせてから船内の桶に入れよう

餌木は7対3調子のゲームロッドか専用竿に小型両軸リールをセット。道糸はPE0.8〜1号が標準です

テンヤは専用竿にキャスト性能に優れた両軸リールで挑もう。道糸はPE1〜2号をセット

テンヤのエサはシャコ。鎌の部分と尻尾をV字に切ってセットする

使用するテンヤは20〜25号。こちらも濁りに対する蛍光色と澄み潮にオススメのナチュラルカラーを用意。テンヤの上に浮きスッテを付けるのも効果的

使用する餌木は、濁り潮に強いピンクと澄み潮に効果的なオレンジ。それと中間色を用意しておくと万全

中オモリは8〜15号までを用意。潮に合わせて使い分ける。なお、ハリスは4号1.5mだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

シャクった瞬間にズシッ! っと根掛かりしたかと思うような衝撃がバッドまで伝わるテンヤ。また、微妙なアタリをとらえて掛けて行く、釣った感バツグンの餌木。この2種類の釣り方で楽しめる東京湾のスミイカが開幕し、日増しに数釣り要素が高まっている。

「例年に比べると、まだまだの感はありますが、徐々に上向いていると言えますね。ただ今期は走り出しから型が良いんで、本来のスミイカ釣りの楽しさは十二分に味わえると思いますよ」とは、金沢漁港「忠彦丸」の新進気鋭の船長・川口肇さん声だ。

確かに取材当日も、取り込まれるサイズは良型ばかり。お客さんも、これなら数は要らないと納得の表情を浮かべていた。

「忠彦丸」では、餌木かテンヤのどちらで釣るかをセレクトして乗船するシステムを起用している。
「餌木は、中オモリが底に着いたらハリス分巻き上げ、そこからシャクリを10秒に1回の割合で入れて誘って下さい。テンヤは、シャクリ上げたらゆっくりフォール。海底に静かにテンヤを落とし、5〜7秒ステイさせることがスミイカと出会うポイントになります」とのこと。

今後は、水温が下がり、群れが固まるハズと読む船長。良型の数釣りが期待できるので、釣行に出掛けてバリバリ乗せて下さい!

シャコエサテンヤ釣りの基本

まずはキャスト。テンヤの投入はアンダースローで前方へキャストする。慣れるまでには多少の時間を要するが、ポイントを広く探れるロングキャストはテンヤ釣りの不可欠テクニック。ぜひともマスターして頂きたい。

着水したら、テンヤをそのままフリーフォールさせ海底に着ける。そしてラインのフケを取って、待ちの体制に入るが、この時、ラインをピーンと張らず、若干たるみがちにしておく。

これはテンヤを海底で動かさず安定させておくためである。そのまま5〜7秒ほど待つ。水深がある場合は10〜12秒ほどやや長めに取る。

そしてラインを巻きながら竿先を下げ、初回のシャクリへと移る。シャクリ幅は小から大まで狙う水深によって調整が必要。

小は10〜20cm、大は30〜40cmほど。同じく、シャクる時の力加減の強弱も調整する。

シャクリを入れたあとは、テンヤをそのままストーンと海底に戻していく。そーっと、テンヤを海底に置くようなイメージで行うのがコツ。

その意味は、エサのシャコをスミイカに見せる=アピールさせる時間をより長くするためだ。

このテンヤのスロー落下は重要なテクニック。海中をイメージしながら丁寧に行おう。

シャクリとステイを重ねてテンヤが船下へと戻ってきたら、さらにそこで数回シャクってから回収。再キャスト、再リサーチへと進む。

この釣りはシャクリとリズム。そしてイメージの釣り。すべてがマッチすると連チャンモードへと突入する。

餌木シャクリ釣りはタナ取りがカギ

餌木スミイカのタナ取りは海底から。

餌木を海中に入れ、中オモリを落とし、投入する。

きっちりと底ダチを取り、中オモリを1〜1.5m浮かせる。これがタナ取り。

この時、餌木が海底の少し上を漂うように調整する。

潮の流れが速い時には1mと低めに、潮があまり流れていなければ1.5mといった具合に高低差を付ける。

あとはそのまま集中して竿先を見つめアタリを待つ。

待つ間は竿先を水平よりやや下に向けて構える。

これはしっかりとアワセ幅を取るためだ。

海底はアップダウンがあるので、時々、タナ取り直すことも必要だ。

アタリが遠い時は、時折シャクリを入れ、再度、餌木をフォールさせる。

餌木が海底スレスレの位置に到着した瞬間にアタリが出ることも少なくない。

さらに、5〜10mくらい巻き上げてから落とす”巻き落とし”も有効だ。

この2つは、ずっと同じ場所にある餌木をイカに見切られないようにするために必釣テク。覚えておくと良い。

アタリは「ツン」とか、「フワフワ」と明確に出る時もあれば、「クイッ〜」だとか、「ジワーッ」とモタレのような微妙なものまで様々。とにかく「あれっ」と思ったらアワセてみることだ。

餌木スミイカはここ10年ほどで確立された新しい釣り方。決して難しい釣りではないので気軽にチャレンジしてほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどが主なターゲット。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読