沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。


市場にもなかなか出回らず、手にすることが難しい高級魚アカムツ

ポイントまでは航程1時間30分ほど

海老原船長のレクチャーを受ける希香さん

この日は清水希香さんも挑戦。見事、本命をゲット!

アカムツが一荷で釣れることも珍しくない!

こちらも嬉しい一荷!

良型の一荷にご満悦!

美味しいクロムツが連発することもある!

良型クロムツをゲット!

サイズのいいノドグロカサゴもまじった

ハリ数が少ないので、船べりにエサを並べて投入する!

竿は250号のオモリに対応した深海用、リールはPEライン5〜6号が400m以上巻けるものを用意しよう

船宿仕掛けは、ハリにフラッシャーが付いた3本バリ

エサはホタルイカ。頭の部分をソッと引っ張って外し、足とワタの部分にした状態のものを使う

エサもちをよくするために、サバの切り身と併用も!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

高級魚アカムツを狙って片貝旧港「正一丸」では10月からアカムツ船をスタートしている。開幕当初はトップで5〜6本。10月下旬頃からさらに上向き、トップで二桁を釣る日も出てきた。トップ18本と大釣りした日もあるほどだ。

「今シーズンも楽しめますよ」とは「正一丸」の海老原正船長。

釣り方はオモリが海底をトントンと叩く位置をキープする状態で待つのが基本。カケ上がりのポイントを流す場合が多いので、道糸を出したり巻いたりして、タナ取りをこまめに行うことが釣果につながる。

市場にもなかなか出回らず、手にすることが難しい高級魚アカムツ。ぜひチャレンジして最高の味を楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。


アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

アカムツ前線北上中! 水深140m手付かずの宝庫開拓中(第8光勝丸)

「9月から小名浜沖を本格的に探り始めました。アカムツがいるだろうと思われるポイントは、実は誰もノーマークのところ。反応もない泥場で底引き網漁もやらないところですよ」とは、昨年末に中深場のアカムツを始め、いきなり爆釣させた小名浜港「第8光勝丸」の松原光平船長。


最新の投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

11月3日(土)に開催された「第8回 鋸南町カワハギフェスティバル」の結果報告です。


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

11月25日に波崎沖大根周辺海域で開催される「2018テイルウォークカップ 『北村秀行』チャーマスフェスティバル 」の参加者募集内容です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読