MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

美味な高級魚アカムツが片貝沖で連発! クロムツも釣れる(正一丸)

最上級と言っても過言ではない食味のアカムツ。グルメな釣り師なら一度は釣りたい、食べたいターゲットだ。

市場にもなかなか出回らず、手にすることが難しい高級魚アカムツ

ポイントまでは航程1時間30分ほど

海老原船長のレクチャーを受ける希香さん

この日は清水希香さんも挑戦。見事、本命をゲット!

アカムツが一荷で釣れることも珍しくない!

こちらも嬉しい一荷!

良型の一荷にご満悦!

美味しいクロムツが連発することもある!

良型クロムツをゲット!

サイズのいいノドグロカサゴもまじった

ハリ数が少ないので、船べりにエサを並べて投入する!

竿は250号のオモリに対応した深海用、リールはPEライン5〜6号が400m以上巻けるものを用意しよう

船宿仕掛けは、ハリにフラッシャーが付いた3本バリ

エサはホタルイカ。頭の部分をソッと引っ張って外し、足とワタの部分にした状態のものを使う

エサもちをよくするために、サバの切り身と併用も!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

高級魚アカムツを狙って片貝旧港「正一丸」では10月からアカムツ船をスタートしている。開幕当初はトップで5〜6本。10月下旬頃からさらに上向き、トップで二桁を釣る日も出てきた。トップ18本と大釣りした日もあるほどだ。

「今シーズンも楽しめますよ」とは「正一丸」の海老原正船長。

釣り方はオモリが海底をトントンと叩く位置をキープする状態で待つのが基本。カケ上がりのポイントを流す場合が多いので、道糸を出したり巻いたりして、タナ取りをこまめに行うことが釣果につながる。

市場にもなかなか出回らず、手にすることが難しい高級魚アカムツ。ぜひチャレンジして最高の味を楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読