MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。

重量感のある引きが楽しめる! アベーレージサイズも更新中だ!

ポイントまでは航程30分ほどと近い

エサはアオヤギを使用

重量感ある引き! 大型のショウサイフグか? それともアカメフグか?

今後も良型のショウサイフグが期待できる!

こちらも良型のショウサイフグ

鍋ネタに最高のショウサイフグ

潮に濁りが入る好条件下では、何人もが規定数に達することもある!

根周りではアカメがまじる

強い引きが楽しめる良型のアカメフグ!

アカメもサイズ良好!

これは珍客! タコが掛かってきた!

釣れたフグは処理師免許をもつスタッフが捌いてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」。

ひと潮ごとに成長し、大きくなっていくショウサイフグ。すでに30㎝クラスが頻繁に釣れているが、これからますますアベレージサイズも上がっていくことだろう。

ショウサイフグ釣りは、竿先に出るかすかなアタリを捉えたその瞬間にするどくアワセを入れる。ハリ掛かりした瞬間の「やった!」感がたまらなく嬉しい。ベテラン釣り師がこの釣りにハマるのも、充分うなずけるテクニカルな釣りだ。

また、10〜30秒ごとに「イチ、ニのサン!」と聞きアワセを繰り返すことで釣ることもできる。なので、ビギナーにとっても入門の敷居が低い釣り物なのだ。

さらに、ショウサイフグにまじって釣れるアカメフグがまたデカい。「ガン!」といきなりくる強烈なアタリ。そして、根掛かりを強引に巻き上げているような重量感が楽しめ、釣り味は抜群だ!

そして、これらのフグが旨いことは、敢えて言うまでもない。刺身、焼き物、唐揚げのほかに、これからの季節は鍋が断然オススメだ!

例年四月いっぱいぐらいまではショウサイフグで出船するという「敷嶋丸」。大原沖のショウサイフグは、まさにこれから好シーズンに突入する。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読