MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)

80、76、80…。これは、大原「敷嶋丸」のショウサイフグ船の、このところのトップの数だ。台風三連発の影響を受けた日を除けば、軒並みこんな好釣果がアップされている。古くから、ショウサイフグ釣りで名を馳せる大原沖。好釣果が続くのは、ショウサイフグが集まる好条件が整っているということだ。

perm_media 《画像ギャラリー》鍋ネタにピッタリ! これからが好シーズンのショウサイフグ(敷嶋丸)の画像をチェック! navigate_next

重量感のある引きが楽しめる! アベーレージサイズも更新中だ!

ポイントまでは航程30分ほどと近い

エサはアオヤギを使用

重量感ある引き! 大型のショウサイフグか? それともアカメフグか?

今後も良型のショウサイフグが期待できる!

こちらも良型のショウサイフグ

鍋ネタに最高のショウサイフグ

潮に濁りが入る好条件下では、何人もが規定数に達することもある!

根周りではアカメがまじる

強い引きが楽しめる良型のアカメフグ!

アカメもサイズ良好!

これは珍客! タコが掛かってきた!

釣れたフグは処理師免許をもつスタッフが捌いてくれる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」。

ひと潮ごとに成長し、大きくなっていくショウサイフグ。すでに30㎝クラスが頻繁に釣れているが、これからますますアベレージサイズも上がっていくことだろう。

ショウサイフグ釣りは、竿先に出るかすかなアタリを捉えたその瞬間にするどくアワセを入れる。ハリ掛かりした瞬間の「やった!」感がたまらなく嬉しい。ベテラン釣り師がこの釣りにハマるのも、充分うなずけるテクニカルな釣りだ。

また、10〜30秒ごとに「イチ、ニのサン!」と聞きアワセを繰り返すことで釣ることもできる。なので、ビギナーにとっても入門の敷居が低い釣り物なのだ。

さらに、ショウサイフグにまじって釣れるアカメフグがまたデカい。「ガン!」といきなりくる強烈なアタリ。そして、根掛かりを強引に巻き上げているような重量感が楽しめ、釣り味は抜群だ!

そして、これらのフグが旨いことは、敢えて言うまでもない。刺身、焼き物、唐揚げのほかに、これからの季節は鍋が断然オススメだ!

例年四月いっぱいぐらいまではショウサイフグで出船するという「敷嶋丸」。大原沖のショウサイフグは、まさにこれから好シーズンに突入する。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル