MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

送り込んで食わすスタイルの「三栄丸」。海底をトレースするように探る

横流しの釣り

同時ヒットも多く、タモ入れを一人で行うこともある。すくう時はヒラメの頭からインしよう

3㎏弱の良型を取り込んだが、「まだまだ小さい。ここにはモンスタークラスが潜んでるからね」と常連サン

流し変えた1投目の落とし込みがチャンス! 集中すれば、ビギナーの方でも、ご覧の釣果にありつける!

横流しの釣りでは、アタリを捉えても船が流されてイワシを引っ張ってしまう。「確実に食わせるなら、食ってきた位置にエサを置いておくのがイチバンとだ」と船長は言う。リールのクラッチを切ってサミングで送り込もう

取材時にダブルやトリプルヒットが多かったように活性はすこぶる高い。この日のアベレージは1.5㎏前後と小さ目だったが、数は5人で35枚と爆釣だった

トップは堂々の12枚!

青物こそ出なかったが、当日はマトウダイやカサゴ、ホウボウなどが釣れた

船長オススメのタックルは、3m前後のヒラメ竿に、中型の電動、または両軸リール。道糸はPE3号が標準とのこと

仕掛けは市販の大型ヒラメ用でOK。ただしハリスは80㎝〜1mに、捨て糸は50㎝程度に詰めよう

朝イチに効果覿面なのがブルーのフラッシュライトだと常連サン

エサ付けは、上アゴからハナの固い部分に親バリを抜き、背ビレの際に孫バリを刺す

船に引っ張られるとヒラメはイワシを離してしまう

食い込ませた証がこれ。親バリが口周りに刺さる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「三栄丸」。

現在は神栖沖〜鹿島沖の水深40〜50mを攻めているが、今後は解禁される地先の波崎沖30m前後の浅場で勝負すると言う。

「ポイントは今日、攻めているような砂地や砂利場に小さな根が点在するような所の根周りで、まずは居付きのヒラメを狙うからね。例年、大型が出る実績のあるポイントを流すから期待して釣行に来て欲しいよね」と船長は力こぶを見せた。

「三栄丸」の常連さんはドラグフリーの食わせ釣法を行っている。詳しくは、今号のコラム『船宿クロニクル』で紹介するが、船長曰く「横流しの釣りだからね。アタリがあったら瞬時に道糸を送り込んで、エサを引っ張らないようにして、違和感を与えず、しっかり食い込ませる」とのこと。

ポイント周辺は、根掛かりすることが、ほとんどない。オモリで海底をトレース(軽く引きずる)するように底を探ってアタリを捉え、とにかく数を釣る。そうすることで大物との出会いがやってくると船長が教えてくれたぞ。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル