MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

今期もヒラメラッシュ確定! 爆釣必至のヒラメ釣り(三栄丸)

「今期のヒラメも絶好調だよ。部分解禁した11月1日から船を出しているけど、出船すれば2ケタ釣果のお客さんが何人か必ず出るし、ボウズもナシ。この分で行けば12月1日の全面解禁直後も安泰。爆釣必至だと思うよ」と、近況から見通しまでを端的に語ってくれたのは、11月中旬に取材で訪れた波崎港「三栄丸」の木村卓三船長だ。

送り込んで食わすスタイルの「三栄丸」。海底をトレースするように探る

横流しの釣り

同時ヒットも多く、タモ入れを一人で行うこともある。すくう時はヒラメの頭からインしよう

3㎏弱の良型を取り込んだが、「まだまだ小さい。ここにはモンスタークラスが潜んでるからね」と常連サン

流し変えた1投目の落とし込みがチャンス! 集中すれば、ビギナーの方でも、ご覧の釣果にありつける!

横流しの釣りでは、アタリを捉えても船が流されてイワシを引っ張ってしまう。「確実に食わせるなら、食ってきた位置にエサを置いておくのがイチバンとだ」と船長は言う。リールのクラッチを切ってサミングで送り込もう

取材時にダブルやトリプルヒットが多かったように活性はすこぶる高い。この日のアベレージは1.5㎏前後と小さ目だったが、数は5人で35枚と爆釣だった

トップは堂々の12枚!

青物こそ出なかったが、当日はマトウダイやカサゴ、ホウボウなどが釣れた

船長オススメのタックルは、3m前後のヒラメ竿に、中型の電動、または両軸リール。道糸はPE3号が標準とのこと

仕掛けは市販の大型ヒラメ用でOK。ただしハリスは80㎝〜1mに、捨て糸は50㎝程度に詰めよう

朝イチに効果覿面なのがブルーのフラッシュライトだと常連サン

エサ付けは、上アゴからハナの固い部分に親バリを抜き、背ビレの際に孫バリを刺す

船に引っ張られるとヒラメはイワシを離してしまう

食い込ませた証がこれ。親バリが口周りに刺さる

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「三栄丸」。

現在は神栖沖〜鹿島沖の水深40〜50mを攻めているが、今後は解禁される地先の波崎沖30m前後の浅場で勝負すると言う。

「ポイントは今日、攻めているような砂地や砂利場に小さな根が点在するような所の根周りで、まずは居付きのヒラメを狙うからね。例年、大型が出る実績のあるポイントを流すから期待して釣行に来て欲しいよね」と船長は力こぶを見せた。

「三栄丸」の常連さんはドラグフリーの食わせ釣法を行っている。詳しくは、今号のコラム『船宿クロニクル』で紹介するが、船長曰く「横流しの釣りだからね。アタリがあったら瞬時に道糸を送り込んで、エサを引っ張らないようにして、違和感を与えず、しっかり食い込ませる」とのこと。

ポイント周辺は、根掛かりすることが、ほとんどない。オモリで海底をトレース(軽く引きずる)するように底を探ってアタリを捉え、とにかく数を釣る。そうすることで大物との出会いがやってくると船長が教えてくれたぞ。

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読