MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。

「島きち丸」では数も連日トップ20〜30枚ほど出ていて、絶好調

ポイントは港を出てすぐの江の島沖から鎌倉沖にかけてがメイン。根周りを主に攻め、カジメが生えている場所もあるので、宙を中心に攻略しよう

どうです、この形のいいカワハギ。サイズもグッド、しかも肝パン!

江の島沖は深くても40mまで。潮の流れもそれほど速くないのでオモリは25号だ

良型肝パンがダブルで! 好調の証だ

こちらも良型肝パンがダブル!

江の島沖のカワハギは身が厚く味もいいと評判。帰宅後も楽しみが尽きない!

今年は型がいい!

少し小ぶりだけど問題なし!

食べるにはちょうど良いサイズだ

今年はアベレージサイズがいいね!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

前田船長の言葉にもあるように、とにかく今年の相模湾のカワハギはサイズがいい。中型主体で体高があり、身は厚く、もちろん肝パン! 引き味も食味も最高なのだ。そして「島きち丸」では数も連日トップ20~30枚ほど出ていて、まさに絶好調なのである。

そんな「島きち丸」が攻めるポイントは江の島沖から鎌倉沖にかけての根周りが中心。そこには名物のカジメも生えていて、カワハギたちにとって格好の棲み家を提供している。したがって、攻略の中心は「宙」だ。

宙といっても難しく考える必要はない。オモリを50㎝から1m海底から離して狙ってみよう。ガツガツ! と気持ちいいアタリが伝わってくるはずだ!

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
最新記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
ジグに装着するだけで簡単にサビキ釣りができるジグ専用サビキ「快適ジギングサビキ」
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読