MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。

「島きち丸」では数も連日トップ20〜30枚ほど出ていて、絶好調

ポイントは港を出てすぐの江の島沖から鎌倉沖にかけてがメイン。根周りを主に攻め、カジメが生えている場所もあるので、宙を中心に攻略しよう

どうです、この形のいいカワハギ。サイズもグッド、しかも肝パン!

江の島沖は深くても40mまで。潮の流れもそれほど速くないのでオモリは25号だ

良型肝パンがダブルで! 好調の証だ

こちらも良型肝パンがダブル!

江の島沖のカワハギは身が厚く味もいいと評判。帰宅後も楽しみが尽きない!

今年は型がいい!

少し小ぶりだけど問題なし!

食べるにはちょうど良いサイズだ

今年はアベレージサイズがいいね!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

前田船長の言葉にもあるように、とにかく今年の相模湾のカワハギはサイズがいい。中型主体で体高があり、身は厚く、もちろん肝パン! 引き味も食味も最高なのだ。そして「島きち丸」では数も連日トップ20~30枚ほど出ていて、まさに絶好調なのである。

そんな「島きち丸」が攻めるポイントは江の島沖から鎌倉沖にかけての根周りが中心。そこには名物のカジメも生えていて、カワハギたちにとって格好の棲み家を提供している。したがって、攻略の中心は「宙」だ。

宙といっても難しく考える必要はない。オモリを50㎝から1m海底から離して狙ってみよう。ガツガツ! と気持ちいいアタリが伝わってくるはずだ!

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読