MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

肝パン良型主体でカワハギ好調!今年はアベーレージも良(島きち丸)

「今年はアベレージサイズがいいですね。これからは群れも固まってきて、より数も出やすくなると思います。まだ潮が暗いので、これが晴れてくればさらに期待できますよ!」と話すのは、湘南のシンボル・江の島の付け根に港を構える片瀬港「島きち丸」の前田信義船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「島きち丸」では数も連日トップ20〜30枚ほど出ていて、絶好調

ポイントは港を出てすぐの江の島沖から鎌倉沖にかけてがメイン。根周りを主に攻め、カジメが生えている場所もあるので、宙を中心に攻略しよう

どうです、この形のいいカワハギ。サイズもグッド、しかも肝パン!

江の島沖は深くても40mまで。潮の流れもそれほど速くないのでオモリは25号だ

良型肝パンがダブルで! 好調の証だ

こちらも良型肝パンがダブル!

江の島沖のカワハギは身が厚く味もいいと評判。帰宅後も楽しみが尽きない!

今年は型がいい!

少し小ぶりだけど問題なし!

食べるにはちょうど良いサイズだ

今年はアベレージサイズがいいね!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

前田船長の言葉にもあるように、とにかく今年の相模湾のカワハギはサイズがいい。中型主体で体高があり、身は厚く、もちろん肝パン! 引き味も食味も最高なのだ。そして「島きち丸」では数も連日トップ20~30枚ほど出ていて、まさに絶好調なのである。

そんな「島きち丸」が攻めるポイントは江の島沖から鎌倉沖にかけての根周りが中心。そこには名物のカジメも生えていて、カワハギたちにとって格好の棲み家を提供している。したがって、攻略の中心は「宙」だ。

宙といっても難しく考える必要はない。オモリを50㎝から1m海底から離して狙ってみよう。ガツガツ! と気持ちいいアタリが伝わってくるはずだ!

以上の記事は「つり丸」2014年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル