MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

「大久丸」のヒラメ仕掛け。オリジナル仕掛けは経験から基づいた画期的なもの

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」

と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。

その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。

「お客さんにおいしいヒラメを時間いっぱいたくさん釣ってもらいたくて、釣れる仕掛けを考えたんです。さまざまなことを試して、この仕掛けになったんですよ」と、息子の勝久さんが話す。

「長いハリスが良いように思われがちですが、イワシが泳ぎまわるときに、ハリスは抵抗になりますよね。捨て糸の長さは、鹿島沖では横流し釣りがメインですから。とにかく一番釣れる、長さのバランスなんですよ」

この仕掛けを用いたときの釣り方を聞くと、

「オモリを50㎝だけ底から上げることを意識してください。たまにトントンとオモリが底を叩くくらいでいいですね」

常磐・鹿島沖 ヒラメ釣行レポート

「大久丸」はヒラメ専門船。釣り座にはイワシをきちんと生かすことができるようにタルはもちろん、イワシ掬い用のネットが各釣り座に用意されている

ここ数年は、LTロッドで釣るヒラメ釣りが急激に普及中。やはりダイレクトな引きを味わえるところが一番の醍醐味だ。横流し釣りでも手持ち竿で操作するとヒラメのバイト率が上がる

大物釣り師の村上裕二さんも「大久丸」へ通う常連。3㎏を釣り上げた

手巻きリールで気持ちいい引きを満喫中

高須さんも絶好調!

大型ヒラメ乱舞警報発令中!

5kgオーバー大ビラメ浮上

タモに収まった!

タモに収まったと思っても油断は禁物。違和感を感じるとバックしてタモから逃げ出すこともしばしば

ウネリ&雨のなか、ミヨシで釣りをしてこの釣果

今年はマダコがいいみたい

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「大久丸」。

「今年のヒラメも例年通りかな」と、11月の解禁後の様子を語るのは、鹿島「大久丸」の大川久明船長。ヒラメ解禁前、刺し網漁のシーズンはヒラメ漁をメインに行っているとあって、ヒラメの動きやポイントにはすこぶる詳しいという。

11月の部分解禁後、トップツ抜け釣果は当たり前、大川船長がこだわるのは、大型ヒラメだ。

「12月になると、イワシの群れについて大ビラメが釣れるようになるよ。10㎏ビラメを釣ろう!」と話す。イワシの群れに着いていないときは、大型がいるのは根周りや魚礁などのピンポイント。潮と風の力を計算してそこをどう流すかが、船長の腕のみせどころだという。

当日も2〜3㎏の良型が数多く釣れたが、5㎏を超す大型は残念ながらバラシのみ。水中でのやり取りのバラシではなく、明らかに大型のヒラメがタモの中に3分の2以上収まったにもかかわらず、バックしてハリスを切って逃げさってしまった。それだけ、大ビラメを釣るのも取り込むことも難しいのだ。

シーズン中は「ヒラメ専門船宿」と言われているほど、この釣りにこだわりのある「大久丸」。ヒラメフリークはぜひ乗ってその雰囲気と釣りを体感してみてはいかがだろう。

「大久丸」のヒラメ釣り。水中ライトが集魚効果を発揮! イワシが来たら大型期待

「大久丸」では、仕掛けと道糸の間に小型の点滅型の水中ライトを付けるのが定番だ。

実際、取材日は雨降り陽気。ライトを付けている常連さんたちにアタリが集中した。

「ヒラメ釣りに使う水中ライトはうちが最初でしょうね」と勝久さん。

イカ釣りや深海釣りに使う大型のものは、オマツリの原因となるので極力使用を避けたい。小型の高性能なものがオススメだ。とくに流行りの発光色はブルー。いろいろと試してみるとよいだろう。

乗船する船や状況にもよるがオマツリの原因になることが明らかになった場合は速やかに外すことも大切だ。

さて、12月から岸よりの浅場にイワシが北から南下してくるのが例年のパターン。そうなると、「超」がつくぐらいの大型ヒラメが期待できる。いわゆる“渡りビラメ”だ。

「イワシの群れのなかで釣るときは、オモリを50㎝〜1m上げるのがコツです」

ほんの少しタナを上げるだけで、ヒット率がぐっとあがるという。イワシが来たときはぜひ、試してみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2015年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル