MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん

perm_media 《画像ギャラリー》遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)の画像をチェック! navigate_next

掛けだしたら止まらない! マダイの名手 石毛卓氏が実釣!

「梅花丸」の船上は広々として釣りやすい

早アワセをしないようにするのがコツ

良型ヒット! 群れにあたると船中あちこちで竿が曲がる

開始早々マダイを連発!

2匹目はサイズアップ

石毛氏は短時間でこのように真鯛を連釣

ルアーメーカーimaの遊動式タイカブラで次々とマダイを掛けた石毛卓さん。それもそのはず、このシステムを開発したのは石毛さん本人だからだ。カラーは全8色。3、5、8、10、13号サイズのカブラはタングステン製。リーダーをカットせずにワンタッチでカブラのサイズを変更できる新発想システム

レンタルロッドでもこのように簡単に釣れる飯岡沖のマダイ

キロオーバー連発中!

食べごろこサイズの数釣りが楽しい!

これが飯岡沖のマダイだ

「レンジセッター」であげたマダイ。実力はこのとおり

ガンゾウビラメもうれしいゲスト

ヒラメもゲストにまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「梅花丸」。

飯岡沖のテンヤマダイが絶好調だ。連日、トップ10枚以上はもちろん、3㎏を超える大ダイもあがっている。
当日はルアーメーカー・アイマのフィールドテスターで地元の釣り具店「ケイズ」の店長である石毛卓さんが、「梅花丸」に乗船。いま流行の遊動式カブラの実力を披露してくれた。

すると、開始早々からマダイを連発。午前船が終了するまでに1㎏オーバーをまじえて軽くツ抜け釣果を記録。

「いまや飯岡沖では主流になりつつある遊動式ですが、アタリが大きく出るの特徴です。早アワセをしないようにするのがコツです。テンヤ釣りに慣れている人は、どうしてもアタリが出ると即アワセをしますが、このシステムでは必要ありません。基本的に向こうアワセ気味にしてください。アタったら一呼吸おいて聞き上げる程度でアワセになります」と石毛さんはアドバイスする。

とくに0.5〜1㎏までのサイズには、絶大な効果を発揮する「遊動式カブラ」。

この機会に絶好調の飯岡沖でその威力を体感してみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2015年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル