MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

Xデーに備えて準備を! ヒラマサ&ワラサのタックル紹介(松鶴丸)

外房の青物をターゲットとしたルアータックルは、ジギングとキャスティングの2種類が必携。ラインは、最近は細くて強い高性能モデルが各メーカーから発売されているので、ジギングはPE3号をメインに、対大物用で4号。キャスティングは4〜5号をメインに、対大物用で6〜8号を用意しても損はない。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

外房のヒラマサタックル。超大物がヒットする可能性も。準備は万全に

外房の青物をターゲットとしたルアータックルは、ジギングとキャスティングの2種類が必携。ラインは、最近は細くて強い高性能モデルが各メーカーから発売されているので、ジギングはPE3号をメインに、対大物用で4号。キャスティングは4〜5号をメインに、対大物用で6〜8号を用意しても損はない。とくにこの秋マサシーズンは、8号でも決してオーバースペックではない。理想としては、この4タックルを持参できればベストだ。

また、どんな大物がヒットしてもいいように、ノットも確実に組めるようにしておこう。

ジグは、秋シーズンは水深15m前後の浅根から、水深60m以上の深場まで幅広く攻める。また、潮が速いこともあるので、100〜200gまで、形状も含め多種多様に用意したい。

遠征ではなく、海外でもなく、首都圏から日帰りで釣行が可能な海で、30㎏オーバーというヒラマサが狙える外房。一生に一度の魚がいつヒットしてもいいように、心も体もタックルも、万全の態勢で挑もう。

外房 ヒラマサ&ワラサ釣行レポート

船内は広々としていて快適だ

ゴンゴンという強い引き込みを見せて上がって来たのは…ヒラマサだ!

11月中旬現在、不調が続いている外房の青物。そんななかにあって、このサイズは貴重だ

根周りを中心に攻めるので、ドラグ調整はしっかりと行っておこう

ネットにおさまるまでは油断大敵だ

やっぱりヒラマサはカッコイイ! この憧れの魚体を手にするためには、諦めない気持ちが大切。魚はいる!

別の日の取材でヒットしたヒラマサ。貴重な一本だ

釣れた魚のサイズは関係ない。一本釣ったことが素直にうれしい!

ジグもキャスト! テクニックで食わせろ!

外房ではプラグもジグもキャストすることから攻略が始まる

ジギングはジグを飛ばしてスライドさせたりスイムさせたりなど、テクニックを駆使して攻略しよう

今期はワラサも少ない。今後大きな群れで回遊して来ることに期待したい

タイラバでヒットしたのは良型マハタ

タックルはジギングとキャスティングの2種類が必携

プラグもジグも各種用意しておこう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

「昨年がサイズも数もあまりよすぎてインパクトが強すぎたというのもあるかもしれませんが、それにしても今年はヒラマサはもちろんワラサも少ない状況が続いています」と話すのは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

例年であれば、11〜12月といえば外房は秋のヒラマサシーズン真っ只中。一年で春と秋に2回訪れるという、ヒラマサのベストシーズンのひとつなのだ。昨秋は、30㎏級の超マサが複数キャッチされるなど、超大型ラッシュに沸いた。もちろん、10〜20㎏級の大型や秋のアベレージサイズとされる5〜8㎏級は多数キャッチされた。

それが、である。今年は、水温の影響なのか、潮の影響なのか定かではないが、11月中旬になってもヒラマサはおろか、ワラサやブリさえも少ない状況が続いているのである。

ただ、である。大原の沖合では、11月中旬になってショウサイフグやマダイの釣果が急上昇した。

灘寄りでは、例年通りの釣果となってきているのだ。したがって、ヒラマサやワラサも急激に状況が上向く可能性もあるということ。突如として大爆発し、大マサラッシュとなっている可能性もある。魚はいる。あとは、魚の食い気だけ。さあ、Xデーに備えよう!

以上の記事は「つり丸」2015年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル