MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)

餌木イカフリーク待望のシーズンが開幕だ。取材先である鴨居「きよし丸」では、取材日が4回目の餌木イカ出船となったが、初日はスミイカ狙いでトップが14杯。二日目はアオリイカ狙いで4杯、3杯、3杯…と満遍ない釣果。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾口の餌木イカ開幕! アオリイカ&スミイカ釣り(きよし丸)の画像をチェック! navigate_next

乗ったときの手応えが最高〜! これからサイズもどんどんアップ!

取材当日は久里浜沖〜下浦沖まで広範囲に狙った!

グングンとアオリイカが抵抗してロングロッドが絞り込まれる! これが楽しい!

掛かりところが怪しければ、タモで確実に取り込もう!

なんたって刺身がうまい!

乗った!

掛かりどころがよければ抜き上げ!

サイズ申し分なし!

これからシーズンが進むにつれて、どんどんサイズアップ

餌木がしっかり動くようにシャクろう!

こちらはスミイカ。餌木イカのもうひとつのメインターゲット!

スミイカの墨は濃い。かけられないように注意しよう!

餌木はバリエーション豊富に準備しておけば、あらゆる状況に対応しやすい!

「きよし丸」では餌木は3.5〜4号、中オモリは10号を使用

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

「イカの成長は早いから、型はこれからどんどんよくなっていくよ!」とは、「きよし丸」小田淳船長の談だ。

餌木イカ釣りの最大の醍醐味は、やはりシャクった手が止められる、「ズシ!」っとくる手ごたえだ。この根掛かりと勘違いするほど強烈な手ごたえに魅せられて、この釣りの経験者たちは餌木イカフリークになっていくのだ。

そしてなんといっても、アオリイカ&スミイカは旨い! これに尽きる。釣りたてで、まだ半透明のお刺身をかみしめると、そのもっちりとした食感とほどよい甘みにとろけてしまいそうになる。あるいはもしかしたら、経験者が餌木イカフリークになるのは、むしろこっちの理由かもしれない。

さあ、いよいよ餌木イカが好シーズン突入だ! 準備万端整えて、アオリイカ&スミイカを釣りに行こう。

以上の記事は「つり丸」2015年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル