MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ムロアジシーズン開幕! 今期は大型カンパチが狙い目だっ【八丈島】

ムロアジシーズン開幕! 今期は大型カンパチが狙い目だっ【八丈島】

東京から約300㎞南に位置する亜熱帯の島、八丈島。この島の周りでは、さまざまな南方系の魚が釣れるが、沖釣り師のメインターゲットはカンパチだ。

今期もイカの泳がせで、連日20㎏前後の大型カンパチをキャッチ! 途切れることなく、ムロアジ泳がせ釣りのシーズンへ。連日好調だ

おなじみの大物釣り師、村上裕二さんが八丈島に参戦! ムロアジ泳がせでその実力を発揮した。

粘りと集中力で捉えたのは、10kgオーバーのヒラマサ。小岩戸沖水深39mでヒット。根ズレによるバラシもあり。大物がこの浅場に回遊中だ。

小岩戸沖のベイトと青物の反応。こんな反応が出るとほぼ間違いなく青物がヒットする。魚探は正直だ。

港内で釣れたチビムロをエサにしたが、今後は浅場の根回りで釣る中ムロアジがメインになる。

「ムロアジは常に新しいものを使う。だから、それぞれのムロの小さな泳ぎの変化を感じ取らなくてはいけない」と話す村上さん。

泳がせ釣りをするときは常に集中して攻めの姿勢を崩さないのが村上流。置き竿にしっぱなしにすることはけしてない。

チビムロエサでは、このサイズのカンパチもターゲット。

小島周りは大型カンパチの一級ポイントだ。水深が深めなのが特徴。

魚体が綺麗なヒラマサが浮上した。

水深20m台の浅場でヒットしたヒラマサ。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・八丈島「アサギク」。宿泊から船の段取りすべて「アサギク」におまかせ。空港、港の送迎は無料。

東京から南へ約300㎞に浮かぶ亜熱帯の島、八丈島。
今期もカンパチが好調だ。
注目されたのは6月から。今期もイカの泳がせで連日20㎏前後の大型カンパチがキャッチされているからだ。
昨年のアカイカ泳がせによるカンパチ大フィーバーが記憶に新しいが、今期は昨年ほどではなく例年どおり。イカのシーズンは短く、7月半ばに終了。途切れることなく、ムロアジ泳がせ釣りのシーズンへ移行。連日、好調だ。
しかし、イカは事前に購入して船で用意してくれるが、ムロアジはそうはいかない、自分で釣るしかない。
生きエサの釣り、とくにムロアジ泳がせのカンパチ釣りはエサ釣りがとても大事だ。
「八丈島周りは、サバ皮のサビキがムロアジにベストマッチしてます」とは、「アサギク」の番頭、荒井聖史さんの弁。水温が上がり安定する8月後半以降がムロアジ釣りのベストシーズンという。ムロアジが釣れれば、必然と本命カンパチキャッチの確率が上がるというわけだ。
その海に合った仕掛けでまずはエサ釣りを開始。そして、たっぷりと生きエサを仕込んだら、本命狙いだ。
「ピンポイントで狙う八丈島でもエサのムロアジの生きのよさは大事。釣り方はいつもどおり。攻めの姿勢で臨むこと」とは、おなじみ大物釣り師の村上裕二さん。
結果は、ご覧のとおり。数より良型メインで楽しめる今期の八丈島。意外と近いこの島で最盛期の泳がせシーズンを満喫してほしい。

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
飯岡沖のテンヤマダイが、まずまずの好調を継続。今回の取材は飯岡港「梅花丸」で12月に敢行。釣り方が合った釣り人は連発もあり、トップはキロ弱までのサイズを8枚釣り上げた。
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
最新記事
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読