MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)

アマダイ釣りで使われる竿は、オモリ60〜80号に対応した7対3調子の先調子。ゲームロッドやライト用が人気だ。この手の調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2〜2.4mぐらいが扱いやすいだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》タナと誘いがカギ! 平塚沖アマダイの仕掛けと誘いパターン(豊漁丸)の画像をチェック! navigate_next

アマダイ仕掛け。仕掛けは2本バリ。全長は2〜2.2mが標準だ

アマダイ釣りで使われる竿は、オモリ60〜80号に対応した7対3調子の先調子。ゲームロッドやライト用が人気だ。この手の調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2〜2.4mぐらいが扱いやすいだろう。

巻き上げ時の負担が気にならず、やり取りに自信があれば8対2調子でもOK。こちらのほうがアタリはわかりやすい。

またアマダイ専用竿は少ないが、あれば専用竿もオススメだ。

「豊漁丸」では、PEライン1号以下であればオモリ50号でもOK。この場合はオモリ50号に対応した先調子のライト用ロッドがオススメだ。

リールは何といっても小型電動がオススメ。狙う水深は60〜100mと比較的深い。この釣りは、ゲストも含めてアタリが多く、仕掛けの上げ下げを頻繁におこなう。それを考慮すると電動がオススメだ。

ただしライトタックルで狙う場合、リールを巻くことが苦にならない人は手巻きリールでもOKだ。

道糸はPEラインの4号以下を300mは巻いておこう。

アマダイ仕掛けは上のイラストのとおり。

ハリスは3号前後。仕掛けの全長は2〜2.2mが標準。

ハリはチヌバリ3〜4号。または「オキアミチヌ」とか「オキアミ専用」と表示された、オキアミをエサにするのに最適なハリを使う。

ハリ数は2本バリが基本。3本バリを使う人もいるが、慣れない人は2本バリが扱いやすいだろう。

枝スを出す部分は直結ではなく、小型の三又サルカンや親子サルカンを介するようにする。ゲストの小型魚が掛かって巻き上げる時に回転するので、仕掛けがヨレないようにするためだ。

また、下バリから数十㎝上にガン玉を打ってもいい。これは、潮が速いときに仕掛けの浮き上がりを抑えるためだ。また、誘いが効きやすくするために打つ人もいる。ガン玉の大きさは1号〜3Bぐらいまで用意しておけば、いろいろな状況に対応できるだろう。

ゲストを含めてアタリが多いときは、仕掛けがヨレたり、ハリスが傷ついたりしやすいので、一日に何組も必要になる。仕掛けの予備は多めに持参しよう。

「豊漁丸」ではオモリは60号を使用する。前述しているが、道糸がPEライン1号以下の場合はオモリ50号でもOKだ。

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。

付けエサはオキアミを使用する。オキアミは目が付いていて、潰れていない形のいいものを選ぼう。

ハリに刺すときは、1匹付けが基本。尾羽をハサミで切り取り、その切り口からハリを差し入れ、ハリの軸に対してまっすぐに刺す。曲がっている状態だと、仕掛けの上げ下げ時にクルクル回ってしまい、仕掛けがヨレてしまうので注意しよう。

相模湾・平塚沖 アマダイ釣行レポート

当日は平塚港から西のエリアをメインに狙った

ポイントの水深は60〜100mを狙う

海面にアマダイが浮上! きれいな魚体だ

コブ締め、酒蒸し、干物などが美味しいアマダイ

首を振って抵抗する引きはアマダイだ!

今後水温が上がれば大型の可能性大

その日の1匹目は嬉しい

30cmを超えるサイズ。このサイズは数釣れることも!

慣れた人はコンスタントに食わせた!

ワニゴチもヒット

オニカサゴは定番ゲスト

イトヨリも美味しい

この日はアジが数匹まじった

仕掛けは2本バリが基本

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本

オモリは60号。LTの場合は50号

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

東京湾口部のアマダイは、すでに夏場から開幕しているが、相模湾でもアマダイを始める船宿が出てきた!

平塚港「豊漁丸」は9月15日からスタート。取材は「豊漁丸」の開幕初日に乗船した。「初日なんでね、今日は探り探りやっていきますよ!」と出船前に話していた後藤宗一郎船長。

開始してしばらくすると本命が顔を出すと、これを皮切りにポツポツと本命が取り込まれ始めた。平塚西沖をメインに狙って、釣果は20〜34㎝までを1〜7匹という好釣果に終わった。さらに取材翌日は20〜45㎝までが2〜8匹。9月20日には23〜41㎝までが5〜11匹と上向き傾向。

「本格シーズンはこれからです!」と後藤船長。

これから水温が下がれば大型の可能性も高くなり、数釣りも楽しめる相模湾のアマダイ。今シーズンも期待できそうだ!

基本のタナ。仕掛けが2mならタナは底から1mオモリを上げる

仕掛けを投入してオモリが着底したら、即座に糸フケを取る。仕掛けの長さが2mであれば、オモリを底から1mぐらい巻き上げた位置でアタリを待つのが基本。

仕掛けが2mよりも長ければ、そのぶんタナを少し上げるようにしよう。

潮が速いようであれば、基本のタナよりも下げる。潮が流れないようであれば、タナを少し上げるなどして調整しよう。

またアマダイ釣りでは、掛かるゲストの種類によって、タナが高いか低いかを判断できる。

トラギスやガンゾウビラメなどの底を這うようにしている魚が連発するときは、タナを少し上げよう。また、ハリ周辺などに泥や砂などが付いてくるときもタナを少し上げるといいだろう。

アジやキダイなどが連発するときは、タナを下げてみよう。

アカボラが掛かるタナは正解で、そのタナで待っているといいだろう。

誘いのパターン。じっと待つのではなく、誘って食わせよう!

タナを取った後は、じっとアタリを待つのではなく、積極的に誘ったほうがアタリやすい。

代表的な誘い方は、上のイラストで示したとおり。一つはタナ取り後、仕掛けをフワフワと上下に動かしたり、ゆっくり誘い上げて戻す。もう一つはオモリで海底を叩いて砂煙を立て、ゆっくりと誘い上げある。

誘っている最中だけでなく、誘った直後にもアタりやすいので、つねに竿先に神経を集中しておくこと。

アタったら、竿を立てて確実にフッキングさせる。最初は手巻きで巻き上げ、この間に大きさを確認する。引きが強かったり、重量感があるようなら、ドラグを調整してそのまま手巻きで上げる。やり取りの際は、竿を水平よりも起こした状態で巻き上げよう。急にアマダイが抵抗したときに、竿を下げることで対応できるからだ。

掛かった魚が小型だとわかれば、電動で巻き上げる。ただし電動で巻き上げる場合、ハイスピードで巻き上げると仕掛けがヨレるので注意しよう。中低速で巻き上げるのがベストだ。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル