沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 日本海コマセマダイ&LT泳がせの釣り方をご紹介(北龍丸)

初公開! 10mロングハリス使用のコマセ釣りで秋ダイをキャッチ! 定番メニューはオモリ60号LT泳がせで楽しむヒラメ&根魚。


金沢沖でコマセマダイ乗合が実現! 小アジの泳がせでヒラメも…

金沢沖で乗合でのコマセマダイ釣りを行っているのは、「北龍丸」のみ。ビシは80号、オキアミコマセを使用する

マダイの反応はかなり出ていた。エサ取り魚もかなり多い

東京湾と南房で培ったコマセマダイテクニックを披露しているマダイ名人山口さん

青物のように強烈な突っ込みとランをみせてあがってきた大ダイ

これはデカイねぇ〜

30mダッシュの後、何度も抵抗を繰り返し浮上したのは6.3kgの大ダイ

マダイの同時ヒットはザラ。このサイズが数釣れる。秋ダイパターンだ

大ダイの口火を切ったのはやはりこの人。たて続けに3.5kgと4kgをキャッチした

マダイ名人の山口さんは、このフィールドでも竿頭。テクニックが生かせる未知の釣り場に期待をよせる

泳がせは、まず、エサの確保から

サビキで釣れるのは、カマス、小アジ、豆アジ。すべて生かしておこう

エサは小アジ

魚礁付近では、とにかくデッドスローで巻き続けよう

魚礁のピンポイント狙いでは、良型ビラメがほとんど。多少大きめのアジでもひとのみだ

ヒラメの魚影はすこぶる濃い。こんな光景はよくあることだ

一度体験するとどっぷりとハマル若手アングラーも多い

「根掛かりです!」といって道糸を持って根掛かり外しに取り掛かると、おや? あがってくる。重い…のは大ビラメのパターン。6.1kg81㎝の大ビラメだった

横浜からきた田川さんも大満足

マダイ名人はLT泳がせでもこのとおり!

お土産はバッチリだ!

LT泳がせの当日の釣果はこのとおり。良型ヒラメ揃いで全員ホクホク顔

アジとヒラメ、根魚の仕掛けは船で購入可能。サビキ以外はオリジナルだ

高級ゲストのキジハタ

常連ゲストはクロソイ

今回、取材にご協力いただいたのは、石川・金沢港「北龍丸」。

春から秋は金沢港、冬の間のみ富山新湊港から出船する「北龍丸」はさまざまな釣りを一年を通して楽しませてくれる。まず、初公開の石川県金沢沖のコマセマダイを紹介したい。

「昨年から試験的にコマセマダイをボチボチとやってはいたのですが、今日は大成功ですね。釣り方も新潟と同じですよ」とは、研究熱心な安藤岳志船長の弁。仕掛けは2段テーパーハリス4号10m。中型テンビンに80号のプラビシとクッションゴムの組み合わせと一般的なコマセマダイタックルだ。

釣り方も同じ。船長の指示ダナより5m下にビシをおろし、軽くコマセを振り出し、タナでアタリを待つだけ。

「釣っているうちにだんだんとサイズが大きくなっていったね。ここのマダイはスレてないから、もしかしたら大ブレイクするのでは」とは、都内から来たマダイ名人の山口雄一さん。今期の上越沖乗っ込みマダイのレコード保持者の弁だ。

一方、毎年秋の定番メニューのLT泳がせは、ヒラメが絶好調! 無数にある人工魚礁をピンポイントでラン&ガンするスタイルでアジを泳がせて釣る。使用するオモリが60号なのでさまざまな竿の流用が可能だ。

「エサは港近くの浅場でサビキで釣って数をためてから、沖の本命ポイントへ向かいます。攻略のカギは人工魚礁対策でしょう」と話す安藤船長。

こちらもエキサイティングで大人気のメニュー。ヒラメだけでなくキジハタやソイなどの根魚も多くまじるのでお土産はバッチリだ。

さあ、秋の金沢沖は魚種も豊富。しかも、よく釣れる! 興味ある人はぜひ気軽にチャレンジしてみてほしい。

金沢沖のコマセマダイ釣り。魚はスレ知らず。コマセマダイの基本釣法で迎撃

ポイントでは普段コマセはまかれていないし、マダイたちも無垢。すまりスレ知らず。

だが、いかんせん、フグやウマヅラ、ハナダイなどのエサ取り魚が多い。なのでエサ取り対策がこのフィールドの肝となると安藤船長は言う。

釣り方は、新潟県上越エリアと同じ。指示ダナより5mほどビシをおろし、コマセを軽く振り出しながら上げ、指示ダナでアタリを待つというもの。つまり、高ダナで待ち、浮いてくる活性の高いマダイを釣りあげる、というのが目論みだ。

「3分に一度は最低でも仕掛けを回収して付けエサのチェックをしてください」と、船長。実際のところ、タナに付けエサが到達する前にエサ取り魚にやられてしまうことが頻発していた。

「エサ取り対策は、早い手返しが有効かな」とは、コマセマダイ名人の山口雄一さんの弁。その言葉とおり、名人はのっけから1kg級マダイを連発。ほどなくして、2kg級、そして、3.5㎏と4㎏を釣り上げた。

一方、エサ取り対策のために、上越エリアで実績のあるオキアミカラーのワームをハリに装着すると、なんと1kg級のマダイがヒット。その後、立て続けに1kg級を連発。

5匹目は、なんと6.3㎏の大ダイがワームにヒットした。

これはまさしくスレ知らずの貪欲なマダイの行動。付けえささえあれば、誰にでもマダイヒットのチャンスがあるということなのだ。

ライト泳がせ釣り。泳がせのオモリは60号。まずサビキでエサの小アジを確保

秋は小アジがいたるところで釣れる。これを利用して、「北龍丸」では秋の定番人気メニューとしてLT泳がせ釣りを行っている。

「ライト(LT)泳がせは、まず、浅場でアミコマセとスキンサビキを使って、小アジを釣ります。中アジ以下はすべてエサになります。もちろん豆アジも。だいたい一人40匹くらい確保できたら十分です」と船長。

エサ釣りはオモリ30号を使用。サビキとカゴは船宿で用意してくれる。

さて、ライト泳がせの仕掛けだが、「北龍丸」は、ステ糸なしの一般的なヒラメ仕掛けだ。小アジ用の親孫バリ仕様と1本バリの豆アジ用仕様がそれ。船宿で購入できる仕掛けは両方とも安藤船長のオリジナルだ。

オモリは60号を使用する。だから、竿とリールは、LT用やゲーム用を活用できる。竿の長さは2m前後が扱いやすい。リールは中型電動がベター。道糸はPE3〜4号でよい。

ヒラメの釣り方。ポイントは魚礁やツブ根。根掛かりさせない釣り方とは?

ライト泳がせのポイントは、秋にベイトがたまりやすい人工魚礁周辺だ。

当然、その魚礁は根掛かりを頻発させる。根掛かりを恐れていては、お目当てのヒラメには近づけないが、安藤船長は独自の方法で根掛かりを回避させながら、本命を釣り上げている。その釣り方とはこうだ。

まずはオモリの着底前に糸フケをとること。仕掛け投入時、底から10mほど上でいったんフォールをとめる。道糸をしっかりと立たせてから底ダチをとる。

オモリが底に着いたらすばやく糸フケを回収。そこから、船長の指示されたレンジ(魚礁の大きさによって異なる)のみ、超デッドスローでリールを巻く。簡単にいうとタイラバと同じだ。ここでは、一定速度で巻き上げることがかなり重要だ。

アタリは竿先に出る。タイラバ釣法と同じなので、アタリが出ても巻き上げは止めずに我慢して続ける。巻き続けてしっかりと竿が曲がったたら、今度はすばやくリールを5〜10回巻き、巻きアワセする。この直後、すぐに電動ならスイッチオンにして一気に5m以上は巻き上げよう。こうすることで、高根であってもヒット後に根にもぐられることを避けることができる。

人工魚礁の際をピンポイントで狙うので、巻き上げ中どこででも魚がバイトしてきてもおかしくないのだ。この状況をしっかりとイメージしておくことが大切だ。

次のパターンは、底ダチ取り後、巻き続けているとアタリと思った直後に竿先がお辞儀してしまうこと。これは、根掛かりだ。

あわてて引っ張ろうとしてはいけない。テンションを張るとオモリまたはハリががっちりと根掛かりしてしまい、結果としてラインを切るはめになってしまう。

こうなったときは、強引に引っ張るのではなく逆にリールのクラッチをオフにして、一気にラインを出して緩めてやる。そしてその後、何度か大きくロッドをあおってみる。こうすることでかなりの高確率で根掛かりを外すことが可能だ。それでも外れないときは、竿が折れないように道糸を引っ張って切ろう。

また滅多にないことだと船長は話すが、潮の流れが速い場合は、前述のように魚礁の際にピンポイントで船を止めることはできない。

潮上から潮下の魚礁に当てるように流し釣りするので、オモリ着低からの誘い上げのレンジは必然的に狭くなる。だいたい2〜3mだ。底上1〜2mであげて待っていてもよい。

これらすべて、レンジの指定は安藤船長が毎回、マイクでアナウンスしてくれるので安心だ。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

昨シーズン釣れ過ぎ注意報? に沸いた鹿島沖のヒラメ。今期も爆釣ぶりは変わらず、12月1日からは釣り場も全面解禁となって、まさにとどまるところを知らない勢いだ。


ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。


全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

全面解禁で、ますます盛り上がる”横流しヒラメ釣り”(庄栄丸)

12月1日、茨城海域のヒラメ釣りが全面解禁した。一足早く、鹿島から神栖沖が11月1日に部分解禁。今期も昨年同様絶好調開幕。つ抜けも珍しくなく、ヒラメパラダイスを誰もが味わえる状況だった。


部分解禁以上のスパーク必至! 生きイワシで爆釣ヒラメ(大春丸)

部分解禁以上のスパーク必至! 生きイワシで爆釣ヒラメ(大春丸)

11月1日の部分解禁からスタートした茨城海域のヒラメ釣り。今期も例年通りの好発進を見せ、各船、規定となるツ抜(10枚)けのオンパレードを記録し、現在もその勢いをキープしている。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読