沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


視界良好で好発進! マダイ特有の3段引きを存分に楽しもう!

指示ダナは、底から10〜12mくらいの高さが多い「増福丸」。ハリスが馴染むと海底から約3〜4mにエサが漂うイメージとなるので、根魚まで狙えるのだ。

食った瞬間、中層、表層で走るマダイ。ロッドをガンガン絞り込むこの走りが病みつきになるのだ

2人仲良く記念撮影

釣れるマダイは1〜2㎏が中心だが、大型もかなり潜んでいる。ハリスの号数は4号以下に落とさないようにと船長。なお、この日も3㎏近くの良型が浮上して盛り上がった

ピースサインではなく、本日2枚目ってこと。ちなみに、この日のマダイ釣果は2〜5枚と絶好調だった

マダイの竿頭は釣りジェンヌで、ご覧の釣果。「時合いが何度かあるので、そのタイミングに手返し良く攻めて数を伸ばした」とのこと

プロポーション抜群のイサキが五目の代表

釣りたてが激うまのソーダも回遊中だ

潮通しが良く、青物も回遊してくる御前崎沖。主要ポイントの根周りには、実に多彩な魚たちが棲息していて、これらがみんなターゲットになる

カンパチ

アヤメカサゴ

キジハタ

メイチダイ

メジナ

マハタ

オモリ100号が背負える胴調子の竿に道糸は4〜5号を巻いた中型電動で挑む

仕掛けはマダイ専門に狙うなら4号10mの1〜2本バリ。五目メインなら6mの3本バリを推奨

朝イチにコマセを解凍

付けエサは1本掛けが基本だ

根の手前から流すので、コンスタントにイサキがアタリ、お土産には困らない

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「増福丸」。

「うちは、このゲストたちを視野に入れたマダイ五目で出船しているから、クーラーは必然と賑やかになるよね。今期は凪ぎが悪く、まだ数回しか出船してないけど、例年以上の良い感触をつかんでいるんで今日も楽しみだよね」と話すのは、御前崎沖を知り尽くす大ベテラン「増福丸」の増田久雄船長だ。

狙うポイントは、行程30分で着く広大な〝カド根〟が中心で、この日もその中にある沈船周りや高根を攻め、ご覧のような釣果を得た。

「釣り方は、一般的なコマセマダイ釣りでOKです。根の手前から流して行くので、最初はお土産にもなるイサキがヒットし、その後に回遊魚や根魚。根から離れる際でマダイが、アタルことが多いかな」と船長が微笑みながらヒットパターンを教えてくれた。

五目を意識して多彩なゲストを釣るならハリス4号6mの3本バリ。マダイメインなら同ハリス10m1本または2本バリで挑み、いずれも手返し良く投入を繰り返すと釣果が伸びると言う。

11月下旬まで楽しめる当地のマダイ五目だが、今後はウマヅラなどエサ取りが多くなるので、早めの釣行でサクサク釣って楽しみましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読