沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。


視界良好で好発進! マダイ特有の3段引きを存分に楽しもう!

指示ダナは、底から10〜12mくらいの高さが多い「増福丸」。ハリスが馴染むと海底から約3〜4mにエサが漂うイメージとなるので、根魚まで狙えるのだ。

食った瞬間、中層、表層で走るマダイ。ロッドをガンガン絞り込むこの走りが病みつきになるのだ

2人仲良く記念撮影

釣れるマダイは1〜2㎏が中心だが、大型もかなり潜んでいる。ハリスの号数は4号以下に落とさないようにと船長。なお、この日も3㎏近くの良型が浮上して盛り上がった

ピースサインではなく、本日2枚目ってこと。ちなみに、この日のマダイ釣果は2〜5枚と絶好調だった

マダイの竿頭は釣りジェンヌで、ご覧の釣果。「時合いが何度かあるので、そのタイミングに手返し良く攻めて数を伸ばした」とのこと

プロポーション抜群のイサキが五目の代表

釣りたてが激うまのソーダも回遊中だ

潮通しが良く、青物も回遊してくる御前崎沖。主要ポイントの根周りには、実に多彩な魚たちが棲息していて、これらがみんなターゲットになる

カンパチ

アヤメカサゴ

キジハタ

メイチダイ

メジナ

マハタ

オモリ100号が背負える胴調子の竿に道糸は4〜5号を巻いた中型電動で挑む

仕掛けはマダイ専門に狙うなら4号10mの1〜2本バリ。五目メインなら6mの3本バリを推奨

朝イチにコマセを解凍

付けエサは1本掛けが基本だ

根の手前から流すので、コンスタントにイサキがアタリ、お土産には困らない

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「増福丸」。

「うちは、このゲストたちを視野に入れたマダイ五目で出船しているから、クーラーは必然と賑やかになるよね。今期は凪ぎが悪く、まだ数回しか出船してないけど、例年以上の良い感触をつかんでいるんで今日も楽しみだよね」と話すのは、御前崎沖を知り尽くす大ベテラン「増福丸」の増田久雄船長だ。

狙うポイントは、行程30分で着く広大な〝カド根〟が中心で、この日もその中にある沈船周りや高根を攻め、ご覧のような釣果を得た。

「釣り方は、一般的なコマセマダイ釣りでOKです。根の手前から流して行くので、最初はお土産にもなるイサキがヒットし、その後に回遊魚や根魚。根から離れる際でマダイが、アタルことが多いかな」と船長が微笑みながらヒットパターンを教えてくれた。

五目を意識して多彩なゲストを釣るならハリス4号6mの3本バリ。マダイメインなら同ハリス10m1本または2本バリで挑み、いずれも手返し良く投入を繰り返すと釣果が伸びると言う。

11月下旬まで楽しめる当地のマダイ五目だが、今後はウマヅラなどエサ取りが多くなるので、早めの釣行でサクサク釣って楽しみましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

大ダイ警報発令中! 日立沖のテンヤマダイ仕掛けとポイント(大貫丸)

タックルはいわゆる普通のひとつテンヤマダイ用のものでいいだろう。道糸はバランス重視の0.8号。ハリスは2~3号を3~5mほど。5kg級の大ダイがヒットしているようなときは、ドラグを少し強めに設定しておこう。


水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

水深250mも簡単お手軽タックルで大型アカムツを釣る!(たか丸)

これから年末にかけては、うまい紅い魚が気になる季節だ。そんな魚の代表がアカムツ。激うまな身を一度でも味わってしまったら、あなたはこの魚のとりこだ。近年では大型アカムツが潜む水深200〜300mの深海を普段使い慣れたタックルで手軽に釣れるようになった。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読