MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

秋の本命、コマセマダイ五目と豪華ゲスト揃い踏み!(増福丸)

大物狙いの春の乗っ込みに対して、秋は中型までの数釣りのイメージがあるマダイ。確かにどのエリアでもその傾向にあるが、ここ御前崎沖の秋は、数釣りの中に超豪華なゲストがまじって楽しめるので要チェックなのだ。

視界良好で好発進! マダイ特有の3段引きを存分に楽しもう!

指示ダナは、底から10〜12mくらいの高さが多い「増福丸」。ハリスが馴染むと海底から約3〜4mにエサが漂うイメージとなるので、根魚まで狙えるのだ。

食った瞬間、中層、表層で走るマダイ。ロッドをガンガン絞り込むこの走りが病みつきになるのだ

2人仲良く記念撮影

釣れるマダイは1〜2㎏が中心だが、大型もかなり潜んでいる。ハリスの号数は4号以下に落とさないようにと船長。なお、この日も3㎏近くの良型が浮上して盛り上がった

ピースサインではなく、本日2枚目ってこと。ちなみに、この日のマダイ釣果は2〜5枚と絶好調だった

マダイの竿頭は釣りジェンヌで、ご覧の釣果。「時合いが何度かあるので、そのタイミングに手返し良く攻めて数を伸ばした」とのこと

プロポーション抜群のイサキが五目の代表

釣りたてが激うまのソーダも回遊中だ

潮通しが良く、青物も回遊してくる御前崎沖。主要ポイントの根周りには、実に多彩な魚たちが棲息していて、これらがみんなターゲットになる

カンパチ

アヤメカサゴ

キジハタ

メイチダイ

メジナ

マハタ

オモリ100号が背負える胴調子の竿に道糸は4〜5号を巻いた中型電動で挑む

仕掛けはマダイ専門に狙うなら4号10mの1〜2本バリ。五目メインなら6mの3本バリを推奨

朝イチにコマセを解凍

付けエサは1本掛けが基本だ

根の手前から流すので、コンスタントにイサキがアタリ、お土産には困らない

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「増福丸」。

「うちは、このゲストたちを視野に入れたマダイ五目で出船しているから、クーラーは必然と賑やかになるよね。今期は凪ぎが悪く、まだ数回しか出船してないけど、例年以上の良い感触をつかんでいるんで今日も楽しみだよね」と話すのは、御前崎沖を知り尽くす大ベテラン「増福丸」の増田久雄船長だ。

狙うポイントは、行程30分で着く広大な〝カド根〟が中心で、この日もその中にある沈船周りや高根を攻め、ご覧のような釣果を得た。

「釣り方は、一般的なコマセマダイ釣りでOKです。根の手前から流して行くので、最初はお土産にもなるイサキがヒットし、その後に回遊魚や根魚。根から離れる際でマダイが、アタルことが多いかな」と船長が微笑みながらヒットパターンを教えてくれた。

五目を意識して多彩なゲストを釣るならハリス4号6mの3本バリ。マダイメインなら同ハリス10m1本または2本バリで挑み、いずれも手返し良く投入を繰り返すと釣果が伸びると言う。

11月下旬まで楽しめる当地のマダイ五目だが、今後はウマヅラなどエサ取りが多くなるので、早めの釣行でサクサク釣って楽しみましょう!!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読