MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のショウサイフグが開幕から好調スタートを切った!(敷嶋丸)

大原沖のショウサイフグが開幕から好調スタートを切った!(敷嶋丸)

ショウサイフグの一級ポイントとして名を馳せる外房・大原沖が9月1日に解禁した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

良型主体でアタリも多く楽しめる! ポイントハマれば数も右肩上がり

取材当日はアタリが多く、コンスタントに掛かった

誘い下げでアタることが多いので、空アワセ後に注意!

ヒット! 良型が多いので、掛かった直後の重量感もスゴイ

下アゴにフッキング! ここに掛かるのがベスト

ショウサイフグは刺身や唐揚げのほか、これからの季節は鍋もオススメ

食べごろサイズ!

当日は全員が30匹以上の好釣果! トップは49匹だった

テクニカルな釣りにハマる

魚影も濃い

エサはアオヤギ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「敷嶋丸」。

エサバリにたっぷり付けたアオヤギがフグに強烈にアピール。小さな口で突っつくように上手にエサをついばむ。この小さなアタリを見逃さずに、瞬時にアワせを入れれば下についている2本の掛けバリでフッキングと言う算段。テクニカルな釣りにはまる人が多いのもうなずける。

関東でカットウ仕掛けのショウサイフグを狙える代表的なエリアは、東京湾内のいわゆる「湾フグ」と大原から茨城にかけて。大原を代表とする外房エリアの最大の特徴は魚影の濃さ。ツボにはまると50匹越えの大釣りも多々あるだけにその楽しさも特筆ものだ。

今年の状況はどうなのか? 大原沖のフグに最も精通した宿の一つ「敷嶋丸」の山本幸夫船長にうかがうと、「開幕直後はなかなかいいポイントを流せずに苦戦が続いた。しかしやっといいポイントが見つかり出しました。ここのところ数も右肩上がり」という。

釣行当日の9月15日はトップが49匹と惜しくも50匹には届かなかったが終日アタリが続く好調ぶり。サイズは噂通りの良型が中心。来年春まで続く大原沖のショウサイフグが好調スタートだ!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル