沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。


ムツとオニカサゴは周年ターゲット! 秋から冬はおすすめアマダイ

まずは朝イチに深場五目。5本バリほどの胴付き仕掛けにサバエサを付け、水深200mほどを狙った

富浦沖で深場五目とオニカサゴのリレー釣り。仕立船ならではの豪華な狙いで見事本命のクロムツをゲット!

こちらは、「赤」や「黒」ほど喜ばれない「白」ムツ(オオメハタ)。でも、意外と美味しい。刺身もいけます

縄切りといって嫌われるクロシビカマスだが、こちらも食べると非常に美味しい。これがかなり釣れた

オニカサゴは大型こそ出なかったが上々の食い。ときに2㎏クラスの大物を姿を見せる

これからの時期、鍋の具材としても重宝するオニカサゴ。薄切りにしてしゃぶしゃぶににする「オニしゃぶ」は最高の贅沢だ

胴付き仕掛けにアコウもヒット! まさに高級五目釣りだ!

大型のカンコも常連ゲスト。こちらもイマイチ喜ばれない魚だが、食べておいしい。鍋ネタはおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「酒井丸」。

ムツは胴付き仕掛けにオモリ200号の深場五目釣りで、オニカサゴはテンビン仕掛けにオモリ120号か150号で狙う。PE5号を400m巻ける電動リールがあればタックルを変えずにリレーできる。

多彩な外道がまじる釣りだが、特にムツ釣りでまじる大型スミヤキ(クロシビカマス)は、焼き網から炎が上がるほどの脂の乗りで、この魚狙いで通う人もいるほどだ。

オニカサゴにまじるカンコ(ハチカサゴ)は2㎏オーバー。釣ったその日は身が硬いが、熟成させると身に旨味が乗って、とても美味だ。

「ムツは潮が濁ればいいのが出ますよ。7月は3㎏オーバーが出てました。今日は澄み潮で小ぶりですね」。酒井隆船長は富浦沖の根を知り尽くすベテラン船長。説明も丁寧なので、出船前には現在の仕掛けや状況を電話でしっかり聞いておこう。

4人で仕立てれば料金は一人あたり7250円と格安なのも「酒井丸」が人気の理由のひとつ。エサ代を含めても一般的な乗合料金より安く釣りが楽しめる。ムツとオニカサゴは周年のターゲットだが、秋から冬にかけてはおすすめしたいのがアマダイ。富浦沖は地元船しか攻めないアマダイポイントが多い。アマダイとオニカサゴ、アマダイとカワハギのリレーなど、富浦沖ならではの仕立メニューも楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読