MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。

ムツとオニカサゴは周年ターゲット! 秋から冬はおすすめアマダイ

まずは朝イチに深場五目。5本バリほどの胴付き仕掛けにサバエサを付け、水深200mほどを狙った

富浦沖で深場五目とオニカサゴのリレー釣り。仕立船ならではの豪華な狙いで見事本命のクロムツをゲット!

こちらは、「赤」や「黒」ほど喜ばれない「白」ムツ(オオメハタ)。でも、意外と美味しい。刺身もいけます

縄切りといって嫌われるクロシビカマスだが、こちらも食べると非常に美味しい。これがかなり釣れた

オニカサゴは大型こそ出なかったが上々の食い。ときに2㎏クラスの大物を姿を見せる

これからの時期、鍋の具材としても重宝するオニカサゴ。薄切りにしてしゃぶしゃぶににする「オニしゃぶ」は最高の贅沢だ

胴付き仕掛けにアコウもヒット! まさに高級五目釣りだ!

大型のカンコも常連ゲスト。こちらもイマイチ喜ばれない魚だが、食べておいしい。鍋ネタはおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「酒井丸」。

ムツは胴付き仕掛けにオモリ200号の深場五目釣りで、オニカサゴはテンビン仕掛けにオモリ120号か150号で狙う。PE5号を400m巻ける電動リールがあればタックルを変えずにリレーできる。

多彩な外道がまじる釣りだが、特にムツ釣りでまじる大型スミヤキ(クロシビカマス)は、焼き網から炎が上がるほどの脂の乗りで、この魚狙いで通う人もいるほどだ。

オニカサゴにまじるカンコ(ハチカサゴ)は2㎏オーバー。釣ったその日は身が硬いが、熟成させると身に旨味が乗って、とても美味だ。

「ムツは潮が濁ればいいのが出ますよ。7月は3㎏オーバーが出てました。今日は澄み潮で小ぶりですね」。酒井隆船長は富浦沖の根を知り尽くすベテラン船長。説明も丁寧なので、出船前には現在の仕掛けや状況を電話でしっかり聞いておこう。

4人で仕立てれば料金は一人あたり7250円と格安なのも「酒井丸」が人気の理由のひとつ。エサ代を含めても一般的な乗合料金より安く釣りが楽しめる。ムツとオニカサゴは周年のターゲットだが、秋から冬にかけてはおすすめしたいのがアマダイ。富浦沖は地元船しか攻めないアマダイポイントが多い。アマダイとオニカサゴ、アマダイとカワハギのリレーなど、富浦沖ならではの仕立メニューも楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00
相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!
更新: 2019-06-15 07:00:00
いま、上越沖が熱い!待望のマダイの乗っ込みシーズンが開幕。と同時に夜ヒラメ釣りも絶好調だ。GW頃からマダイが釣れ始め、夜のヒラメも4月中から釣れ出している。24時間フィッシングも可能?!早めの釣行を!!
更新: 2019-06-14 12:00:00
最新記事
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
更新: 2019-06-17 12:00:00
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
南房のアカムツ釣りといえば、秋に産卵のため水深150m前後に回遊した個体を釣るのが定番だったが、数年前から、ほぼ周年狙うようになった。
更新: 2019-06-16 12:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読