MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。

ムツとオニカサゴは周年ターゲット! 秋から冬はおすすめアマダイ

まずは朝イチに深場五目。5本バリほどの胴付き仕掛けにサバエサを付け、水深200mほどを狙った

富浦沖で深場五目とオニカサゴのリレー釣り。仕立船ならではの豪華な狙いで見事本命のクロムツをゲット!

こちらは、「赤」や「黒」ほど喜ばれない「白」ムツ(オオメハタ)。でも、意外と美味しい。刺身もいけます

縄切りといって嫌われるクロシビカマスだが、こちらも食べると非常に美味しい。これがかなり釣れた

オニカサゴは大型こそ出なかったが上々の食い。ときに2㎏クラスの大物を姿を見せる

これからの時期、鍋の具材としても重宝するオニカサゴ。薄切りにしてしゃぶしゃぶににする「オニしゃぶ」は最高の贅沢だ

胴付き仕掛けにアコウもヒット! まさに高級五目釣りだ!

大型のカンコも常連ゲスト。こちらもイマイチ喜ばれない魚だが、食べておいしい。鍋ネタはおすすめ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「酒井丸」。

ムツは胴付き仕掛けにオモリ200号の深場五目釣りで、オニカサゴはテンビン仕掛けにオモリ120号か150号で狙う。PE5号を400m巻ける電動リールがあればタックルを変えずにリレーできる。

多彩な外道がまじる釣りだが、特にムツ釣りでまじる大型スミヤキ(クロシビカマス)は、焼き網から炎が上がるほどの脂の乗りで、この魚狙いで通う人もいるほどだ。

オニカサゴにまじるカンコ(ハチカサゴ)は2㎏オーバー。釣ったその日は身が硬いが、熟成させると身に旨味が乗って、とても美味だ。

「ムツは潮が濁ればいいのが出ますよ。7月は3㎏オーバーが出てました。今日は澄み潮で小ぶりですね」。酒井隆船長は富浦沖の根を知り尽くすベテラン船長。説明も丁寧なので、出船前には現在の仕掛けや状況を電話でしっかり聞いておこう。

4人で仕立てれば料金は一人あたり7250円と格安なのも「酒井丸」が人気の理由のひとつ。エサ代を含めても一般的な乗合料金より安く釣りが楽しめる。ムツとオニカサゴは周年のターゲットだが、秋から冬にかけてはおすすめしたいのがアマダイ。富浦沖は地元船しか攻めないアマダイポイントが多い。アマダイとオニカサゴ、アマダイとカワハギのリレーなど、富浦沖ならではの仕立メニューも楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読