沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。


水深30m〜300mまでが射程範囲! ポイントを移動するたびにヒット

あいにくの悪天候だったがアングラーのやる気には関係なし!?

ライトラインならではのスリリングなやり取り。最後はネット利用が定番だ

ヒラメも人気のターゲットのひとつ

シフトダウンメソッドで仕留めました!

いろんな魚が釣れるから楽しい

ドラグを駆使してじっくりやり取りを楽しみたい

ドンッと出た、マダイは6.5kgのグッドサイズ。取材日のビッグワンだ

タイラバを試すとハナダイがヒット

食味でも人気を集めるキジハタ

旨い! と定評のある、当地の初秋のイナダ&ワラサ

意外と遭遇確率が高いタチウオ

価値ある一本、サワラ

ロック系も多彩だ

ベイトタックルだけでなく、スピニングタックルでも楽しめる

スキッディングでは専用ジグが欲しい

スキッディングのジグはコレ。テール側のフックセッティングが基本だ

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ金進丸」。

「コンスタントに出船はしていますよ(笑)。水深30m前後の浅場から300mまでの深場まで、幅広く狙っています」

アングラーとしても活躍している秋山進一船長の弁。

取材日は悪天候のため、水深30〜60m前後の浅場を中心に攻めた。

時合とはっきり分かるようなタイミングはなかったものの、ポイントを移動するたびにヒットが得られる、そんなイメージの釣りが続いた。

キャッチできたのは、イナダ、ワラサ、マゴチ、マダイ、ヒラメ、キジハタ、タチウオなどなど。多彩なターゲットが登場するのは柏崎沖の魅力のひとつ。ビッグフィッシュとしてハイライトを飾ったのは6.5kgのマダイ。スイッチバック90gをフォールで魅せたあと、10m程度ただ巻きしたところでヒットさせた。

「各魚種ともに魚影が濃くなってくることも期待できます」

大本命は水深100mまでを狙うワラサ、ブリ、となりそうだが、周囲を彩る魚は数多い。秋の柏崎沖を存分に堪能していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

昨シーズン釣れ過ぎ注意報? に沸いた鹿島沖のヒラメ。今期も爆釣ぶりは変わらず、12月1日からは釣り場も全面解禁となって、まさにとどまるところを知らない勢いだ。


ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

ビギナーにもイチ押し! サイズGOOD大原沖ヒラメ仕掛け(富久丸)

「富久丸」では、ノーマルタックルのほか、ライトタックルで狙うことも可能だ。 ノーマルタックルの場合は、竿はヒラメ専用竿がオススメ。オモリ80号に対応したもので、長さは2.4〜3.3mくらい。手持ちなら短め、置き竿主体で狙うなら長めをセレクトするといいだろう。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読