MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。

perm_media 《画像ギャラリー》独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)の画像をチェック! navigate_next

水深30m〜300mまでが射程範囲! ポイントを移動するたびにヒット

あいにくの悪天候だったがアングラーのやる気には関係なし!?

ライトラインならではのスリリングなやり取り。最後はネット利用が定番だ

ヒラメも人気のターゲットのひとつ

シフトダウンメソッドで仕留めました!

いろんな魚が釣れるから楽しい

ドラグを駆使してじっくりやり取りを楽しみたい

ドンッと出た、マダイは6.5kgのグッドサイズ。取材日のビッグワンだ

タイラバを試すとハナダイがヒット

食味でも人気を集めるキジハタ

旨い! と定評のある、当地の初秋のイナダ&ワラサ

意外と遭遇確率が高いタチウオ

価値ある一本、サワラ

ロック系も多彩だ

ベイトタックルだけでなく、スピニングタックルでも楽しめる

スキッディングでは専用ジグが欲しい

スキッディングのジグはコレ。テール側のフックセッティングが基本だ

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ金進丸」。

「コンスタントに出船はしていますよ(笑)。水深30m前後の浅場から300mまでの深場まで、幅広く狙っています」

アングラーとしても活躍している秋山進一船長の弁。

取材日は悪天候のため、水深30〜60m前後の浅場を中心に攻めた。

時合とはっきり分かるようなタイミングはなかったものの、ポイントを移動するたびにヒットが得られる、そんなイメージの釣りが続いた。

キャッチできたのは、イナダ、ワラサ、マゴチ、マダイ、ヒラメ、キジハタ、タチウオなどなど。多彩なターゲットが登場するのは柏崎沖の魅力のひとつ。ビッグフィッシュとしてハイライトを飾ったのは6.5kgのマダイ。スイッチバック90gをフォールで魅せたあと、10m程度ただ巻きしたところでヒットさせた。

「各魚種ともに魚影が濃くなってくることも期待できます」

大本命は水深100mまでを狙うワラサ、ブリ、となりそうだが、周囲を彩る魚は数多い。秋の柏崎沖を存分に堪能していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル