MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法スキッディングで狙う ! (アシストクラブ金進丸)

独自釣法、スキッディングメソッドを駆使して多彩なターゲットを楽しませてくれる新潟県柏崎港の「アシストクラブ金進丸」。積極的な情報発信を行っていない同船。それだけに、どんな釣りが展開されているのか、よく分からないという方も多いようだ。

水深30m〜300mまでが射程範囲! ポイントを移動するたびにヒット

あいにくの悪天候だったがアングラーのやる気には関係なし!?

ライトラインならではのスリリングなやり取り。最後はネット利用が定番だ

ヒラメも人気のターゲットのひとつ

シフトダウンメソッドで仕留めました!

いろんな魚が釣れるから楽しい

ドラグを駆使してじっくりやり取りを楽しみたい

ドンッと出た、マダイは6.5kgのグッドサイズ。取材日のビッグワンだ

タイラバを試すとハナダイがヒット

食味でも人気を集めるキジハタ

旨い! と定評のある、当地の初秋のイナダ&ワラサ

意外と遭遇確率が高いタチウオ

価値ある一本、サワラ

ロック系も多彩だ

ベイトタックルだけでなく、スピニングタックルでも楽しめる

スキッディングでは専用ジグが欲しい

スキッディングのジグはコレ。テール側のフックセッティングが基本だ

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・柏崎港「アシストクラブ金進丸」。

「コンスタントに出船はしていますよ(笑)。水深30m前後の浅場から300mまでの深場まで、幅広く狙っています」

アングラーとしても活躍している秋山進一船長の弁。

取材日は悪天候のため、水深30〜60m前後の浅場を中心に攻めた。

時合とはっきり分かるようなタイミングはなかったものの、ポイントを移動するたびにヒットが得られる、そんなイメージの釣りが続いた。

キャッチできたのは、イナダ、ワラサ、マゴチ、マダイ、ヒラメ、キジハタ、タチウオなどなど。多彩なターゲットが登場するのは柏崎沖の魅力のひとつ。ビッグフィッシュとしてハイライトを飾ったのは6.5kgのマダイ。スイッチバック90gをフォールで魅せたあと、10m程度ただ巻きしたところでヒットさせた。

「各魚種ともに魚影が濃くなってくることも期待できます」

大本命は水深100mまでを狙うワラサ、ブリ、となりそうだが、周囲を彩る魚は数多い。秋の柏崎沖を存分に堪能していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読