MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。

20kgオーバー、30kgオーバーという大物が泳ぐ外房の海。タックルは万全に!

大きな群れに当たれば同時ヒットも! 同船者がヒットさせたときはチャンスだ

ジグもアンダーハンドでキャストして、広範囲を探ろう

青物のファイトはスピード感抜群! ネットインするまで油断は禁物だ

イナダやワラサがジギングで好調にヒット! 秋は青物ゲームのベストシーズン。入門にも最適な時期だ

この日は朝のひと流し目からバタバタとヒット!

ベイト多く、高活性だ!

取材翌日にはなんとジギングで16kgオーバー! さらに8kgオーバーも!

これから迎える秋は、“秋マサ”と呼ばれるほどのヒラマサ2大ベストシーズンだ

秋のヒラマサは良型も多いので、タックルは万全にしておこう!

乗船者全員キャッチ成功!

仲乗りの岡本明彦さんが常に乗船しているので、初心者も安心だ

秋はヒラマサやワラサ以外に、ハガツオもよくヒットする

タックルはジギングとキャスティングの2種類を用意

9月上旬の取材はジギング主体だったが、今後はプラグキャスティングも有効になるだろう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材は9月中旬。大原沖に到着した大原港「松鶴丸」船上には、ひと流し目からバタバタと魚が暴れる音が響く。イナダやワラサがジギングで連続ヒットし、早々に乗船者全員キャッチを達成したのだ。その後もヒットは続き、終了間際には広範囲に鳥山も立つほどベイトは多く、魚たちも高活性。秋らしくハガツオまで顔を出した。

「これから“秋マサ”の本格シーズンです。例年では、ちょうど今の時期頃からグッとよくなります。仲乗りスタッフも常に乗船していますので、初心者の方も安心して遊びに来てください!」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

中村船長の言葉にあるように、秋は“秋マサ”という呼び名があるほどヒラマサのベストシーズン。取材日は残念ながらヒラマサはキャッチならなかったが、取材前後にはグッドサイズのヒラマサが連日キャッチされており、なんと翌日にはジギングで16㎏オーバーという大マサを筆頭に、8㎏オーバーもキャッチされたのだ。

20㎏オーバー、30㎏オーバーというヒラマサが泳ぐ外房の海。タックルを万全にしてチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読