MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)の画像をチェック! navigate_next

20kgオーバー、30kgオーバーという大物が泳ぐ外房の海。タックルは万全に!

大きな群れに当たれば同時ヒットも! 同船者がヒットさせたときはチャンスだ

ジグもアンダーハンドでキャストして、広範囲を探ろう

青物のファイトはスピード感抜群! ネットインするまで油断は禁物だ

イナダやワラサがジギングで好調にヒット! 秋は青物ゲームのベストシーズン。入門にも最適な時期だ

この日は朝のひと流し目からバタバタとヒット!

ベイト多く、高活性だ!

取材翌日にはなんとジギングで16kgオーバー! さらに8kgオーバーも!

これから迎える秋は、“秋マサ”と呼ばれるほどのヒラマサ2大ベストシーズンだ

秋のヒラマサは良型も多いので、タックルは万全にしておこう!

乗船者全員キャッチ成功!

仲乗りの岡本明彦さんが常に乗船しているので、初心者も安心だ

秋はヒラマサやワラサ以外に、ハガツオもよくヒットする

タックルはジギングとキャスティングの2種類を用意

9月上旬の取材はジギング主体だったが、今後はプラグキャスティングも有効になるだろう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材は9月中旬。大原沖に到着した大原港「松鶴丸」船上には、ひと流し目からバタバタと魚が暴れる音が響く。イナダやワラサがジギングで連続ヒットし、早々に乗船者全員キャッチを達成したのだ。その後もヒットは続き、終了間際には広範囲に鳥山も立つほどベイトは多く、魚たちも高活性。秋らしくハガツオまで顔を出した。

「これから“秋マサ”の本格シーズンです。例年では、ちょうど今の時期頃からグッとよくなります。仲乗りスタッフも常に乗船していますので、初心者の方も安心して遊びに来てください!」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

中村船長の言葉にあるように、秋は“秋マサ”という呼び名があるほどヒラマサのベストシーズン。取材日は残念ながらヒラマサはキャッチならなかったが、取材前後にはグッドサイズのヒラマサが連日キャッチされており、なんと翌日にはジギングで16㎏オーバーという大マサを筆頭に、8㎏オーバーもキャッチされたのだ。

20㎏オーバー、30㎏オーバーというヒラマサが泳ぐ外房の海。タックルを万全にしてチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル