沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


20kgオーバー、30kgオーバーという大物が泳ぐ外房の海。タックルは万全に!

大きな群れに当たれば同時ヒットも! 同船者がヒットさせたときはチャンスだ

ジグもアンダーハンドでキャストして、広範囲を探ろう

青物のファイトはスピード感抜群! ネットインするまで油断は禁物だ

イナダやワラサがジギングで好調にヒット! 秋は青物ゲームのベストシーズン。入門にも最適な時期だ

この日は朝のひと流し目からバタバタとヒット!

ベイト多く、高活性だ!

取材翌日にはなんとジギングで16kgオーバー! さらに8kgオーバーも!

これから迎える秋は、“秋マサ”と呼ばれるほどのヒラマサ2大ベストシーズンだ

秋のヒラマサは良型も多いので、タックルは万全にしておこう!

乗船者全員キャッチ成功!

仲乗りの岡本明彦さんが常に乗船しているので、初心者も安心だ

秋はヒラマサやワラサ以外に、ハガツオもよくヒットする

タックルはジギングとキャスティングの2種類を用意

9月上旬の取材はジギング主体だったが、今後はプラグキャスティングも有効になるだろう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材は9月中旬。大原沖に到着した大原港「松鶴丸」船上には、ひと流し目からバタバタと魚が暴れる音が響く。イナダやワラサがジギングで連続ヒットし、早々に乗船者全員キャッチを達成したのだ。その後もヒットは続き、終了間際には広範囲に鳥山も立つほどベイトは多く、魚たちも高活性。秋らしくハガツオまで顔を出した。

「これから“秋マサ”の本格シーズンです。例年では、ちょうど今の時期頃からグッとよくなります。仲乗りスタッフも常に乗船していますので、初心者の方も安心して遊びに来てください!」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

中村船長の言葉にあるように、秋は“秋マサ”という呼び名があるほどヒラマサのベストシーズン。取材日は残念ながらヒラマサはキャッチならなかったが、取材前後にはグッドサイズのヒラマサが連日キャッチされており、なんと翌日にはジギングで16㎏オーバーという大マサを筆頭に、8㎏オーバーもキャッチされたのだ。

20㎏オーバー、30㎏オーバーというヒラマサが泳ぐ外房の海。タックルを万全にしてチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

大ダイは突然ドカンとくる! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ(梅花丸)

外房・飯岡沖の一つテンヤマダイが好調だ。アタリが多く、数釣りが楽しめている。トップ2ケタを記録することも珍しくなく、今回取材した飯岡港「梅花丸」ではトップ16枚を記録する日もあった。11月前半の時点でも数釣りが継続している。


高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

高級ターゲット”クロムツ”&人気物”オニカサゴ”リレー(酒井丸)

クロムツとオニカサゴ、深場釣り、中深場釣りで人気のターゲットを1日で両方狙ってやろう。そんな贅沢な仕立釣りができるのが富浦港の「酒井丸」だ。


好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

好乗り好発進! 餌木シャクリのアオリイカの仕掛け(さえむ丸)

「さえむ丸」のアオリイカはオーソドックスなショートロッドを用いたスタイルが主流だ。タックルは1.3〜1.5mほどのアオリイカ専用竿ほか、軟らかめのマルイカ竿やライトゲーム用のロッドなども流用できる。もちろんロングロッドでもOKだ。


最新の投稿


これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

これからロングランで安定釣果が楽しめる! 南房ヤリイカ(尭丸)

南房でヤリイカ釣りが始まった。秋から冬にかけてヤリイカとオニカサゴを看板にしている乙浜港「尭丸」のヤリイカ乗合開始日に釣行したところ、スルメイカ5杯を含み28杯とまずまずの釣果を得られた。


秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

数を釣るのはウデ次第! 相模湾・大磯沖のアマダイ(邦丸)

相模湾のアマダイが絶好調だ。アマダイと言えば高級魚。数匹釣れれば満足できる魚だが、ここ最近は軒並み2ケタ釣果が出ている。


光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読