MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。

20kgオーバー、30kgオーバーという大物が泳ぐ外房の海。タックルは万全に!

大きな群れに当たれば同時ヒットも! 同船者がヒットさせたときはチャンスだ

ジグもアンダーハンドでキャストして、広範囲を探ろう

青物のファイトはスピード感抜群! ネットインするまで油断は禁物だ

イナダやワラサがジギングで好調にヒット! 秋は青物ゲームのベストシーズン。入門にも最適な時期だ

この日は朝のひと流し目からバタバタとヒット!

ベイト多く、高活性だ!

取材翌日にはなんとジギングで16kgオーバー! さらに8kgオーバーも!

これから迎える秋は、“秋マサ”と呼ばれるほどのヒラマサ2大ベストシーズンだ

秋のヒラマサは良型も多いので、タックルは万全にしておこう!

乗船者全員キャッチ成功!

仲乗りの岡本明彦さんが常に乗船しているので、初心者も安心だ

秋はヒラマサやワラサ以外に、ハガツオもよくヒットする

タックルはジギングとキャスティングの2種類を用意

9月上旬の取材はジギング主体だったが、今後はプラグキャスティングも有効になるだろう

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

取材は9月中旬。大原沖に到着した大原港「松鶴丸」船上には、ひと流し目からバタバタと魚が暴れる音が響く。イナダやワラサがジギングで連続ヒットし、早々に乗船者全員キャッチを達成したのだ。その後もヒットは続き、終了間際には広範囲に鳥山も立つほどベイトは多く、魚たちも高活性。秋らしくハガツオまで顔を出した。

「これから“秋マサ”の本格シーズンです。例年では、ちょうど今の時期頃からグッとよくなります。仲乗りスタッフも常に乗船していますので、初心者の方も安心して遊びに来てください!」とは、大原港「松鶴丸」の中村真也船長。

中村船長の言葉にあるように、秋は“秋マサ”という呼び名があるほどヒラマサのベストシーズン。取材日は残念ながらヒラマサはキャッチならなかったが、取材前後にはグッドサイズのヒラマサが連日キャッチされており、なんと翌日にはジギングで16㎏オーバーという大マサを筆頭に、8㎏オーバーもキャッチされたのだ。

20㎏オーバー、30㎏オーバーというヒラマサが泳ぐ外房の海。タックルを万全にしてチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年10月15日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読