沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

光と音で集魚する船用オモリ「光略カスタムシンカー」追加サイズ情報!

ルミカから、光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー 』50号・60号に加え、25号・30号の2サイズが追加発売!


オモリに発光するケミホタル、または、音を出すラトルスティックを簡単装着することで集魚効果を

発揮する船用オモリ。

さまざまな魚種をターゲットにするが、おもにカワハギがメイン。

形状は定番のナス型より流れに強い六角型を採用。

テンビン仕掛けや胴付き仕掛けどちらにでも使用できる。

サイズは25号と30号。カラーは全6色。

価格=570円〜630円(税別)

●ルミカ 03-5569-6080

関連する投稿


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


防寒ばっちり!KEENから本格派ウォータープルーフブーツが登場

防寒ばっちり!KEENから本格派ウォータープルーフブーツが登場

KEENが提案するハイパフォーマンスのウォータープルーフブーツ。-32度対応の本格派。冬のオフショア全般におすすめ。


特許技術が生み出す「生体波動」で喰わせるタイラバが登場

特許技術が生み出す「生体波動」で喰わせるタイラバが登場

生体波動とジェット水流で生命観を演出するタイラバ。特許技術のJETホール(穴)がジェット水流を生み出し、生命感を演出。


7:3調子のオールラウンドロッド!ホリデーマリン(シマノ)

7:3調子のオールラウンドロッド!ホリデーマリン(シマノ)

細く軽くスタイリッシュなオールラウンドロッドシリーズ「ホリデーマリン」


中深場専用ロッドが新登場「ディープソルジャー」(シマノ)

中深場専用ロッドが新登場「ディープソルジャー」(シマノ)

強靭なパワーと高感度、最先端の技術を結集させた中深場専用最新ロッドシリーズ


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読