MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

秋タチのススメ! タチウオ釣りの秘策公開します…(忠彦丸)

これはいま行くしかない!現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。

タチウオ仕掛け。オモリは道糸でわける。ライトは電動がおすすめ

現在、釣れているのは走水~観音崎沖の水深50~70mほど。「忠彦丸」ではPE2号以下の人はオモリ60号、3号の人は80号を使用する。

ロッドは、オモリ負荷にあわせて8対2から7対3、1.8~2mほどのゲームロッドなどを使用する。水深が少しあるので、PE2号を巻いた小型電動リールが手返しも楽でおすすめだ。高切れもあるのでPEは300m巻いてあると安心。

オモリは一応、指定があるが、潮によって状況が変わるので、60号、80号、100号まで用意しておくと安心だ。

仕掛けは片テンビンに1本バリ仕掛け。サイズが夏よりも平均大きくなっているのでハリスは最低でも6号、通常で8号でいいだろう。長さは2mほどで、タチウオバリ1~2号が基本。チモトの管付きの部分にパイプを2~3cmかぶせる。もし、普通にやってどうしても食いが悪いと感じたら、このパイプは外してみよう。

東京湾・走水〜観音崎沖 タチウオ釣行レポート

ポイントは走水沖周辺がメイン。水深は50~70mほど

「忠彦丸」でピカイチの腕を誇る常連の伊藤仁さんは実釣時間3時間ほどで30本以上の良型をキャッチ!

伊藤さんの仕掛けはダイワ「タチメタル」を使用したもの。「ワイヤーは食わないという人がいますが、まったく遜色なく食いますよ。デカイのが確実に取れます」と伊藤さん

ひとたびパターンをつかめば連チャンも

メーターオーバーをゲットした伊藤さん。「このサイズはハリごと飲まれて切られることが多いんです」

楽しい!美味しい!釣りやすい!

ライトタックルロッドを気持ちよく曲げてくれる

良型サイズゲットだ!

今は広範囲に群れが広がっている

女性でも型のいいタチウオがカンタンに釣れる!

秋のタチウオはサイズが揃っているのも魅力だ

同時ヒットも多くみなさん楽しめた様子

ラスト1時間ぐらいはこんな良型主体にヒット

付けエサのサバはハリが真ん中にくるようにていねいに付けよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

東京湾のタチウオは一体いつがシーズンなのかわからなくなってきている感がある。夏なのか冬なのか?

「実は秋のこの時期が面白いんですよ。良型がそろうし、タナが30~50mの層で食って釣り自体が楽しいんです」とは、金沢漁港「忠彦丸」きってのタチウオの名手、伊藤仁さん。

なるほど、この時期は浅すぎず深すぎず、中層に出るタチウオを探って食わせていく楽しさがある。そして、良型主体にメーターオーバーもポツポツまじる理想的な展開だ。

「今年は秋も全然落ちることなく安定していますね。タナもそれほど深くなくて釣りやすいですよ」とは前川悟史船長。

「その日の食うパターンが見つかると面白いように釣れますよ」と伊藤さん。

この時期でも抱卵ものが多く食味も抜群。これから少しずつ深く、そして大型シーズンへと移行していく。寒くなっていくけど、この釣りはどんどんアツくなるばかりだ。

名手・伊藤さんのタチウオの仕掛けはワイヤー使用に秘密あり!

今回、乗り合わせた「忠彦丸」の常連でつねに好釣果をたたき出している伊藤仁さんが、愛用している仕掛けを公開してくれた。

それは、ハリスの先端部分にワイヤーを使うことだ。従来でもワイヤー仕掛けはあったが、どうしても釣果が落ちるといわれていた。

「いま、ダイワの『タチメタル』を使っています。12 lbのものを20cmほどを先端につけています。釣果はまったく遜色はありませんよ」

釣果が遜色がないのは、伊藤さんがつねにトップ釣果をたたき出していることからもうかがえる。

「この仕掛けを使ってから大型に切られることがなくなりました。かといって、大型以外でも普通に食ってきます。みんなにすすめているんだけど、どういうわけか浸透しませんね(笑)」

タチウオは大型になると、エサの端っこをくわえるというよりは、エサごと丸呑みすることが多い。このときにハリスを切られることが多くなる。この仕掛けを使うようになってから、ハリス切れで悔しい思いをすることがなくなったのだという。もちろん、ワイヤーだからといっても交換は必要だという。

「ある程度釣っていくと、表面に傷がついていきます。これが目立ってきたら交換します。不安を感じたら交換するようにしています」

そしてハリはがまかつ「ケン付きタチウオ」の2/0を基本に、大型が多いときは3/0を使用するという。
「やっぱりサイズがいいときはハリが大きいほうが安心ですね。今日はサイズがいいのでずっと3/0でやっています」

「タチメタル」の部分は20cmほど。ハリスは8号を1.8mで極小サルカンで接続すし、全長2mの仕掛けにしている。

「正直、安い仕掛けではありませんが、大型をバラすんだったら絶対にこっちのがいいですからね」
興味のある人は、ぜひお試しを!

釣り方解説! 中層のタナを探る。食うパターンを見つけよう!

「忠彦丸」ではサバエサが用意されている。これをエサのセンターラインにまっすぐになるように縫い刺しにする。うまく付けられなかったらやり直そう。

指示ダナは「50~30m」などと幅を持たせる場合が多い。この場合は、50mほどまで沈めてスタート。

基本は竿をスイっと滑らかにシャクり、竿を下げながらリールのハンドルを巻き、竿が下がったら再びシャクリ上げ、竿を下げてリールを巻く、という動作の繰り返しだ。

リールの回転幅は4分の1から半回転ほどが基本。誘いのイメージはエサがスイッ! スイッ! っと上へ上へ小さい動きで逃げていくイメージだ。

竿をシャクるときの強弱、スピード、リールを巻く幅で無数の誘いが出来上がる。

「タチウオは、アタリがあってから何もしないで掛かってくることもあれば、ちょっかいをずっとかけてくるのにハり掛かりしないなど、日によっていろんな食い方をします。魚さえいればその日にあったパターンを見つければ数釣りが可能になります」

このとき、シャクリのスピードとリールの巻き幅を変化させて行くのが基本になる。

「今日は、通常のスピードと巻き幅4分の1で始めましたが、どうもハリ掛かりがよくない。そこで、シャクリのスピードを上げてみたら一気に掛かるようになりました」

アタリはガツガツといきなり強いのもあればコツンと小さいものや、ずっとまとわりついているようなものまで様々。テクニカルな釣りだとついついすぐにアワせたくなるが、この釣りはグッと我慢。

最初にアタリがあってもエサの端をくわえているだけのことが多い。そのままアクションを続けていくと、逃がしてなるものか、と必死で食ってこようとする。するとしっかりと押さえつけるようなアタリに変わる。この状態になったら初めて竿を持ち上げてアワせてやる。ここでしっかりとアワせておけばハリがしっかりと貫通してバレにくくなる。

エサがちゃんとあるうちはアタリがあるが、まったくアタリがなくなったら回収してエサをチェックしよう。
ハリスが切れるのはどんなときが多いのか?

「大型はエサを丸呑みします。このとき、モタれるようなアタリになりますが、ここで強くアワせる必要があります。口の奥に入ったハリを口まで引きずり出すのです。これが普通のハリスだと切れることが多いんです」

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読