MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

タチウオ&アジの美味しい豪華リレー!仕掛けと釣り方(福よし丸)

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

タチウオ仕掛け。仕掛けは1本バリ、エサ付けは丁寧に行おう!

「福よし丸」では、使用する道糸の太さによって、オモリの号数を変えている。道糸がPEライン2号の場合、オモリは60〜80号。PEライン3号の場合、オモリは80〜100号。PEライン4号の場合、オモリは100〜120号。あとは、その日の状況によってオマツリなどしないように微調整する。

そのためPE2〜3号でオモリが60〜100号を使う場合は、タチウオ専用竿やゲームロッドがオススメ。

PE4号でオモリ100〜120号を使う場合は、ビシアジ用ロッドの流用も可能だ。

リールは小型電動。9月後半の取材当日は、タナは深くて50〜60mだった。状況次第ではもっと深いタナを狙うこともあるので、電動リールがオススメだ。

タナの範囲をシャクって誘う釣り方が近年の主流なので、仕掛けはシンプルな1本バリがよく使われる。ハリスは5〜8号、長さは1.5〜2.5m。ハリはタチウオの1〜3号。チモトのアクセサリーもチューブを被せる程度にする。

指4〜5幅の大型が多いときは、ハリスを太め、ハリを大きめにするとバラシが少ないだろう。

東京湾 タチウオ&アジ釣行レポート

タチウオ狙いは、細かいシャクリでタナの範囲を探る

タチウオ専用竿がグイグイ絞り込まれる!新太郎さんも、この引きには笑顔になる

新太郎さんは良型を連発した

このタチウオは当日最大の110㎝

「鋭い歯でしょ!」と隼華の片野さん

常連さんもゲット

「タチウオは好調です。アジはムラがありますが楽しめています」と福本善行船長

「きましたよ〜!」と隼華の箱崎さん

幅広で美味しいそうなアジを釣り上げた

後半のアジは30cm級が主体だった

釣れたてはやっぱり刺身だね!

タチウオ狙いの付けエサはサバの切り身

アジ狙いの付けエサはアカタン

アジのコマセはイワシミンチ。ビシは130号

今回、取材にご協力いただいたのは、鴨居大室「福よし丸」。

タチウオと同じく東京湾の人気ターゲットのアジ。この2魚種をリレーで楽しませてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」だ。前半タチウオ、後半アジを狙うメニューだ。

幅広いオモリの号数に対応する汎用竿やゲームロッドが発売されているので、これらを使えばワンタックルで楽しむことも可能。もちろんタチウオ用とビシアジ用の2タックルを持ち込んで、使い分けるスタイルもOKだ。

10月前半の時点では、タチウオは観音崎沖で好調。メーターオーバーまじりで数釣りが楽しめている。アジは鴨居沖〜観音崎沖をメインに狙っているが、こちらは9月後半から10月前半にかけてムラがある状況だ。

「福よし丸」ではタチウオが釣れている間は、タチウオ&アジのリレーで出船し続ける予定。タチウオは年明けぐらいまで続く見込みなので、まだまだこの豪華リレーは楽しめる!

タチウオのエサ付けの手順。切り身の中央にハリを刺し抜くこと

取材当日、「福よし丸」でタチウオ用に配られたエサはサバの切り身。エサ付けは上のイラストのとおりに縫い刺しにする。

注意点としては、切り身の中央にハリを刺し抜くこと。そして、刺した時に曲がっていないことが重要。切り身の中央からズレたり、できあがりが曲がっていると、誘ったときにエサが不自然に動いて食いが悪くなると同時に、仕掛けが絡みやすくなる。

タチウオの釣り方。タナの範囲を誘いあげる。アタっても誘い続ける

釣り方は、上のイラストのとおり。指示ダナの範囲をシャクリながら誘い上げていく。その時によって、アタリやすい誘い幅と誘いスピードがあるので、いろいろ試してみよう。

アタリがあったら、そのまま誘い続ける。誘い続けていくと、タチウオがエサを逃さないようにするのか、アタリ大きく強くなってハリ掛かりする。誘いを止めるとタチウオがエサを離してしまったり、ハリ掛かりしなかったりするので注意しよう。

活性が低くハリ掛かりが悪いときは、アタったあとの誘いはシャクリを小さくするかただ巻き、また誘うスピードも速すぎないほうがいい場合が多い。

これでも掛かりが悪い場合は、アタったら誘いを止めて、食い込むかどうか様子を見るのも手だ。

見事フッキングさせ巻き上げていると、途中食い上げてテンションが消えることもある。そんなときは「バラした?」と思い、リールを巻く手を止めてしまいがち。巻くのを止めるのもバラシにつながりやすいので、とにかく巻く手を止めないように注意したい。

リレーのビシアジ。後半のビシアジのタックルと仕掛けを解説!

「福よし丸」で後半に狙うアジは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれるイワシミンチを使ったコマセ釣りだ。

「福よし丸」では130号のビシを使う。そのため、竿は130号のオモリに対応したビシアジ用、または7対3〜8対2調子の竿がオススメ。長さは1.6〜2.1mぐらいが扱いやすいだろう。

リールは小型電動。道糸はPEラインの3〜4号を300mは巻いておく。

仕掛けはオーソドックスな仕様でOK。ハリスは2号前後、全長2mぐらい。ハリはムツ10号前後。

道糸の先にビシを装着した片テンビンをつなぎ、その先にクッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。クッションゴムは1.5mm前後の20〜30cm。ベテランのなかにはクッションゴムを使わない人もいるが、ビギナーは使用した方が巻き上げ中のバラシが少なくなるだろう。

「福よし丸」で配られるアジ狙いの付けエサはアカタン。一つのハリに米粒台の1個を刺す。

釣り方は下のイラストのとおり。タナはおおむね底から3m(仕掛けの長さが2mの場合)。潮が速ければ2〜2.5mぐらいとタナを下げてみよう。

タナが3mの場合は、ビシが着底したらすぐに1m巻き上げる。その位置からコマセを2〜3回まきながらタナまでビシを巻き上げてアタリを待つ。

タナでアタリを待つのは1〜2分。アタリがなければ仕掛けを回収して、投入しなおそう。

タナで長時間アタリを待つのはよくない。とにかくアタリがあってもなくても、手返しよく仕掛けを入れ替えるのがコツだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル