MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶頂興奮弾丸カツオに刮目せよ!【駿河湾】

絶頂興奮弾丸カツオに刮目せよ!【駿河湾】

血液沸騰、アドレナリン出まくり、今年の駿河湾は激熱だ! 難しく考えずにまずはチャレンジ、コツさえおさえればカツオ釣りは案外カンタンだ。

今年のカツオつりは絶好調! 数も型もいいぞ

初挑戦でキャッチ!

別日の取材ではなんと32kgのキハダが取り込まれた。

カツオ釣りは難しい釣りではない。基本さえおさえておけば、女性も楽しめる。

「もう入りません!」。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

なぜ我々は、ここまでカツオという魚に魅了されてしまうのだろう。船長も、もちろん釣り人も、である。
船の引き波がベタナギの海に複雑に絡み合い、まるでシケの海のような波頭が立つ。エンジンがフルスロットルに入ると船はもうもうと黒煙を噴き、もの凄い勢いでカツオの群れを追い込んでいく。ソナーは積んでいるが、基本は人間の目で群れを見つけて追いかける。その勇壮さ、荒々しさはトリハダもの。まさにハンティングだ。
船長たちは完全に漁師魂に火がついている。僚船と協力しつつも、どの船よりも先にカツオの群れの頭に船をつけ、釣り人に釣らせようと必死である。これが、駿河湾のカツオ釣りのスタイルだ。
そんな駿河湾のカツオ釣りが、今年は開幕以来好調だ。しかも3〜4㎏主体とサイズがいい。5〜7㎏ほどのキメジもまじり、さらには30㎏前後のキハダも回遊中! カツオの新群れも入ったとの情報も飛び込んで来た。
目下、駿河湾は超激熱! 血液が沸騰するほどの興奮だ。

タックルはそれ程シビアにならなくてOK。だが結びは確実に!

弾丸のようなカツオの引きにビックリ。

「カツオ」狙いであれば、タックルセッティングに対してはそれほどシビアになる必要はない。詳細はイラストで紹介するが、竿は泳がせ釣り用の高級ワンピースロッドがなければ絶対にダメかといえば、決してそんなことはない。ワラサ用の竿を使う人は案外多く、リールもワラサで使うようなドラグ性能のよい中型両軸や電動でOKだ。
ちなみに、ルアーのカツオの標準タックルは、PE2~3号、ハリス10~12号である。実はカツオならこれで十分に取れる。
ただ、エサ釣りはビシがあるし、混雑した船上ではオマツリが多発し、とくに今年の駿河湾では大型キハダが掛かる可能性もある。そう考えると、やはり太めの道糸やハリスのほうが安心である。
ルアーでは、PE8~10号は100㎏前後のマグロを獲るためのもの。それで3~4㎏のカツオを相手にするのである。そう考えれば、カツオのタックルはそれほど難しく考えなくても楽しめることが理解していただけるのではないだろうか。実は、案外入門しやすいターゲットなのだ。
もちろん、ハリやサルカンなど各所の結びは完璧にしておかなければならない。結びに不安があるのであれば、確実できるように釣行前に何度も練習しておこう。

タナ取り、やり取り、取り込みについて

フルスロットルで群れを追いかけ追い込んでいく。それが駿河湾のカツオ釣りだ。

カツオ釣りで大切なことは「素早く確実な投入」だ。
船長が目視またはソナーでカツオの群れを追いかけ、その群れの進行方向に船を先回りさせて投入合図を出す。つまり、投入合図が出た直後が最大のチャンスなのである。
周りの船も含め常に自船の動きをよく観察しておき、船のスピードや向きが急に変わったら、立ち上がってビシとハリスを手に持つ。合図は「はいやって~20m」などと指示されるので、その合図の「はい…」が聞こえた瞬間に仕掛けを投入する。
次に重要なのが、やり取りと取り込み。初心者が慌ててしまい、失敗しやすいのがココである。
タナで待っていると、コツコツという小さな前アタリの後に一気に竿が引き込まれ、数十m突っ走る。この走りで多くの人がビックリしてしまう。適正ドラグになっていれば20~30mほどで止まるので、止まるまで待っていればいい。ドラグ設定が分からなければ、船長に聞こう。そして、走りが止まってからやり取りを始める。
やり取りは、初心者はロッドはキーパーに掛けたままでOK。リールは、巻けるときに巻く! どんどん巻く! 休まず巻く! これがコツである。
取り込みも、とにかく慌てないこと。カツオは頭さえ水面から出してしまえばすっかりおとなしくなる。頭が水中にあれば、ずっとバチャバチャ走り回っている。だから、とにもかくにも頭を水面から出してしまえばいいのである。
ビシをつかんだらもう片方の手でハリスをつかみ、そのままハリスを上に持ち上げてしまう(写真左)。ハリスが短ければ、これでカツオの頭は海面から出るはずだ。あとは隣の人などにネットですくってもらえばいい。これなら案外できそうでしょ?
最後に、この釣りではオマツリはつきもの。お互い様と考え、声を掛け合って常にコミュニケーションを取るようにしよう。一日一緒の船に乗るのだから、みんなで気持ちよく楽しみたいものだ。

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読