MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

外房・大原沖のテンヤマダイゲームが、夏パターンに入ってファンを楽しませてくれている。数釣りが続いている、とのこと。それを聞いたら、これはもう行くしかないわけです。ぜがひでも。

サイズは1㎏前後が多いといえども水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い

ポイントは大原沖の真沖。灘寄りの15m前後、沖目の30m前後を狙い分ける。海底はカジメのある場所も多い。

タマラン瞬間です。

当日最大は1.6㎏。このところは1㎏前後の数釣りが続き、トップ10枚以上も珍しくない。

気温が高い時期はエサも小出しに。身の崩れを防ぐために添加剤も効く。

根掛かりが多い場所は遊動式がおすすめ。底主体にアタるのでカブラがいい。

午後は食いが活発になりキロ前後がよくアタった。

郷原未来さんは午前船にテンヤ、タイラバと立て続けにヒットさせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「新幸丸」。

「最近は1㎏前後主体の数釣りが続いています。中ダイは結構出て、7月下旬には8㎏オーバーも出ました」と、大原港「新幸丸」の若船長、山口大地さん。
現在、狙っているのは大原沖水深15〜30mほど。
「今のマダイのエサは甲殻類メインです。つまりボトムを意識した釣りがマッチします」と北本茂照は言う。
大原沖は起伏のある根周りからカジメの林まで変化に富んだポイントが続く。底をトレースしながらアタリを探し、マメにやり直すことでヒット確率を上げていく。
サイズは1㎏前後が多いといえども、水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い。これもまたこの時期の楽しさだ。根魚に加えてこれから青物も増えていく。夏場の楽しみは尽きないぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
この春、相模湾東部はスルメとヤリの両狙い!どちらのイカがよく乗るかは釣ってみないとわからない!スルメは束釣りを記録することも!!仕掛けはスルメイカ用とヤリイカ用の両方を持参しよう。
最新記事
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
春の乗っ込みシーズン到来!鹿島新港「第五悌栄丸」では近年、ひとつテンヤにこだわらず、ジグやタイラバといった巻きモノ系で攻める釣り人が多く、実際、それで釣れていると若船長・久保聡志さん!
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読