MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

外房・大原沖のテンヤマダイゲームが、夏パターンに入ってファンを楽しませてくれている。数釣りが続いている、とのこと。それを聞いたら、これはもう行くしかないわけです。ぜがひでも。

サイズは1㎏前後が多いといえども水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い

ポイントは大原沖の真沖。灘寄りの15m前後、沖目の30m前後を狙い分ける。海底はカジメのある場所も多い。

タマラン瞬間です。

当日最大は1.6㎏。このところは1㎏前後の数釣りが続き、トップ10枚以上も珍しくない。

気温が高い時期はエサも小出しに。身の崩れを防ぐために添加剤も効く。

根掛かりが多い場所は遊動式がおすすめ。底主体にアタるのでカブラがいい。

午後は食いが活発になりキロ前後がよくアタった。

郷原未来さんは午前船にテンヤ、タイラバと立て続けにヒットさせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「新幸丸」。

「最近は1㎏前後主体の数釣りが続いています。中ダイは結構出て、7月下旬には8㎏オーバーも出ました」と、大原港「新幸丸」の若船長、山口大地さん。
現在、狙っているのは大原沖水深15〜30mほど。
「今のマダイのエサは甲殻類メインです。つまりボトムを意識した釣りがマッチします」と北本茂照は言う。
大原沖は起伏のある根周りからカジメの林まで変化に富んだポイントが続く。底をトレースしながらアタリを探し、マメにやり直すことでヒット確率を上げていく。
サイズは1㎏前後が多いといえども、水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い。これもまたこの時期の楽しさだ。根魚に加えてこれから青物も増えていく。夏場の楽しみは尽きないぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
今期も好釣果の茨城平潟港「第十五隆栄丸」オキメバル。最大1㎏超のウスメバル、グラマラス&美味な「パンダ」ことウケグチメバルをメインに、幻の「アンポン」ことヤナギメバル、ゲストも豪華で多彩だ。
茅ヶ崎港「湘南 海成丸」ではヤリイカ&スルメイカの「パラソル級」が多点掛けでまとまって釣れている。釣り味は抜群!ビギナーはブランコ仕掛け、慣れた人は直結仕掛けを使ってデカヤリ釣りを楽しもう!
最新記事
西日本最大規模のフィッシングショー「西日本釣り博2020」が3月7日(土)、8日(日)の2日間、開催される。
深紅の大型美味魚、ベニアコウ。1匹でも釣れれば最高だが…逢瀬を願う者全てを虜にするその魅力こそ、究極の深海ターゲット「魔性の紅」ベニアコウの真骨頂。剣崎間口港「小やぶ丸」でぜひトライしてほしい。
貴重なターゲット!江戸前の大型マコが元気一杯!釣り方はスピニングタックルを3、4本入れ、順番に探って、誘いを入れながらアタリを待つというスタイル。価値ある一枚をゲットして春気分を味わおう!
「ジャパンインターナショナルボートショー2020」が3月5日~8日に開催される。
2月に開幕する東京湾のメバル釣りは、胴付き仕掛けにエビエサの組み合わせで狙う「エビメバル」が人気。アタリが明確で、小気味よい引きが魅力だ。さあ、早春の海に繰り出そう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読