MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】

外房・大原沖のテンヤマダイゲームが、夏パターンに入ってファンを楽しませてくれている。数釣りが続いている、とのこと。それを聞いたら、これはもう行くしかないわけです。ぜがひでも。

perm_media 《画像ギャラリー》数釣り濃厚、真夏の浅場パターンに突入! 大原沖のマダイ【大原沖】の画像をチェック! navigate_next

サイズは1㎏前後が多いといえども水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い

ポイントは大原沖の真沖。灘寄りの15m前後、沖目の30m前後を狙い分ける。海底はカジメのある場所も多い。

タマラン瞬間です。

当日最大は1.6㎏。このところは1㎏前後の数釣りが続き、トップ10枚以上も珍しくない。

気温が高い時期はエサも小出しに。身の崩れを防ぐために添加剤も効く。

根掛かりが多い場所は遊動式がおすすめ。底主体にアタるのでカブラがいい。

午後は食いが活発になりキロ前後がよくアタった。

郷原未来さんは午前船にテンヤ、タイラバと立て続けにヒットさせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「新幸丸」。

「最近は1㎏前後主体の数釣りが続いています。中ダイは結構出て、7月下旬には8㎏オーバーも出ました」と、大原港「新幸丸」の若船長、山口大地さん。
現在、狙っているのは大原沖水深15〜30mほど。
「今のマダイのエサは甲殻類メインです。つまりボトムを意識した釣りがマッチします」と北本茂照は言う。
大原沖は起伏のある根周りからカジメの林まで変化に富んだポイントが続く。底をトレースしながらアタリを探し、マメにやり直すことでヒット確率を上げていく。
サイズは1㎏前後が多いといえども、水深は10m台が多く、ここでヒットすれば引き味は驚くほど強い。これもまたこの時期の楽しさだ。根魚に加えてこれから青物も増えていく。夏場の楽しみは尽きないぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル