MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。

どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか…

アカムツは引きもいい! 海面までいい引きを見せてくれる

この日4匹の本命をキャッチしたディープマスター・テル岡本。鹿島沖のアカムツはシーズン終盤だがまだまだ好調!

一荷も! 魚影の濃さの証だ

こちらも一荷。しかもなかなかのサイズだ

炙り刺しや塩焼き、煮付け、何にしても美味しい超高級魚。1匹釣れるとこんなにウレシイ魚他にある?

グラマラスな鹿島沖のアカムツ。脂が乗って極上の味!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「桜井丸」。

外海の鹿島灘でも多少の風波なら全く気にならない幅広の船体に前後2ヶ所のキャビン、男女別のトイレと装備も万全。寒猫根へ片道1時間のクルージングは快適そのものだ。

150m以浅を軽量タックル&オモリで釣る寒猫根は入門者にも手軽な釣り場だが、創意工夫と臨機応変のテクニックが釣果を左右するシビアさが同居する。ゆえにアツいフリークが多数存在する。今期も順調な釣果をマークする半面、速潮とサバの猛攻に苦戦を強いられる日も少なからず。

「必釣アイテム」が時に諸刃の剣と成り得る状況下、何を引き算して何を残し、いかにサバを、オマツリを避けるのか。どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか。シビアだからこそおもしろい!

取材当日はトップ4匹が3人とまずまずの結果に。アカムツは味覚、釣趣、姿と三拍子揃った完璧ターゲット。しかし、それだけがこの釣りの魅力ではないと教えてくれるのも、寒猫根の奥深さなのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
剣崎沖の広範囲のポイントでマダイ、イナダ、ワラサが好調に釣れている。どの魚種が掛かるかわからないので、仕掛けのセレクトがカギ!今回はそれぞれの仕掛け、釣り方を紹介する。秋の剣崎沖を存分に楽しもう!!
波勝崎沖のアコウダイがアツい!ヘビー、ライト何れのタックルでも可能だが、今回はハリ数5~6本、オモリ350号に中型電動リールの「ライトアコウダイ」でテンポよくを選択。当日は4.6㎏のビッグワンも浮上!
最新記事
「フィッシングショーOSAKA2020」2020年2月8日~9日に開催される。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
ゼロテン操作時にエサのナチュラルフォールを演出可能なカワハギ仕掛け「カワハギ幹糸仕掛けFB(フォールビーズ)」
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読