MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか…

アカムツは引きもいい! 海面までいい引きを見せてくれる

この日4匹の本命をキャッチしたディープマスター・テル岡本。鹿島沖のアカムツはシーズン終盤だがまだまだ好調!

一荷も! 魚影の濃さの証だ

こちらも一荷。しかもなかなかのサイズだ

炙り刺しや塩焼き、煮付け、何にしても美味しい超高級魚。1匹釣れるとこんなにウレシイ魚他にある?

グラマラスな鹿島沖のアカムツ。脂が乗って極上の味!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「桜井丸」。

外海の鹿島灘でも多少の風波なら全く気にならない幅広の船体に前後2ヶ所のキャビン、男女別のトイレと装備も万全。寒猫根へ片道1時間のクルージングは快適そのものだ。

150m以浅を軽量タックル&オモリで釣る寒猫根は入門者にも手軽な釣り場だが、創意工夫と臨機応変のテクニックが釣果を左右するシビアさが同居する。ゆえにアツいフリークが多数存在する。今期も順調な釣果をマークする半面、速潮とサバの猛攻に苦戦を強いられる日も少なからず。

「必釣アイテム」が時に諸刃の剣と成り得る状況下、何を引き算して何を残し、いかにサバを、オマツリを避けるのか。どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか。シビアだからこそおもしろい!

取材当日はトップ4匹が3人とまずまずの結果に。アカムツは味覚、釣趣、姿と三拍子揃った完璧ターゲット。しかし、それだけがこの釣りの魅力ではないと教えてくれるのも、寒猫根の奥深さなのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル