MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)

三連休で唯一の好天&凪に恵まれた9月23日、鹿島新港「桜井丸」のアカムツ船の乗合客は14名。片舷7名は決して少ない人数ではないが、6月に就航した20tの「第27桜井丸」の広々とした釣り座なら余裕の広々、ノープロブレム。

perm_media 《画像ギャラリー》シーズン終盤! ラストルビー”アカムツ”を狙え!(桜井丸)の画像をチェック! navigate_next

どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか…

アカムツは引きもいい! 海面までいい引きを見せてくれる

この日4匹の本命をキャッチしたディープマスター・テル岡本。鹿島沖のアカムツはシーズン終盤だがまだまだ好調!

一荷も! 魚影の濃さの証だ

こちらも一荷。しかもなかなかのサイズだ

炙り刺しや塩焼き、煮付け、何にしても美味しい超高級魚。1匹釣れるとこんなにウレシイ魚他にある?

グラマラスな鹿島沖のアカムツ。脂が乗って極上の味!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「桜井丸」。

外海の鹿島灘でも多少の風波なら全く気にならない幅広の船体に前後2ヶ所のキャビン、男女別のトイレと装備も万全。寒猫根へ片道1時間のクルージングは快適そのものだ。

150m以浅を軽量タックル&オモリで釣る寒猫根は入門者にも手軽な釣り場だが、創意工夫と臨機応変のテクニックが釣果を左右するシビアさが同居する。ゆえにアツいフリークが多数存在する。今期も順調な釣果をマークする半面、速潮とサバの猛攻に苦戦を強いられる日も少なからず。

「必釣アイテム」が時に諸刃の剣と成り得る状況下、何を引き算して何を残し、いかにサバを、オマツリを避けるのか。どんなテクニックを駆使してルビーレッドを食わせるのか。シビアだからこそおもしろい!

取材当日はトップ4匹が3人とまずまずの結果に。アカムツは味覚、釣趣、姿と三拍子揃った完璧ターゲット。しかし、それだけがこの釣りの魅力ではないと教えてくれるのも、寒猫根の奥深さなのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル