MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
船を流しながらマダイを狙い撃ち! 走水沖のタイラバ(政信丸)

船を流しながらマダイを狙い撃ち! 走水沖のタイラバ(政信丸)

秋はマダイが数釣りできる。これはタイラバでも同様だ。走水港から大潮回り限定で、月に10日程度をタイラバ乗合で出船する「政信丸」では周年走水沖を狙い、船を流しながらマダイを狙い撃ちする。

タイラバはルアー感覚で楽しめ、ライトタックルでダイレクトな引きを堪能できる

当日は走水沖〜観音崎沖を狙った

「きた〜!」と良型の手ごたえ!

当日最大は、この3.1kg!

1キロ級ゲット

嬉しい1枚

この時期のマダイは食べても美味

本命を手にしてひと安心

タイラバは80gぐらいがおすすめ

ワラサ、イナダもまじる

タチウオもヒット

状況次第ではタチウオのヒットも多い

ホウボウもアタった

これはヒラメ! 着底前後にアタりやすい

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

釣り方は底から10m上まで一定の速度で巻き上げ、アタリが来ても早アワセせず、重みが乗るまでそのまま巻き続け、フッキングしたらテンションを一定に保ってやり取りする。

秋は小型が中心になるが、取材時は1㎏前後の食べ頃サイズを全員が手にし、最大は3.1㎏。外道はホウボウ、タチウオ、ソゲ、ワラサといずれも嬉しい魚ばかり。

「現在は水深30〜40mを狙いますが、冬は60〜80mまで攻めます。タイラバは赤やオレンジの80gくらいが良いでしょう」と廣川政信船長は言う。

タイラバはルアー感覚で楽しめ、一つテンヤと同様、ライトタックルでダイレクトな引きを堪能できる。時合に入ればバタバタとアタるので、周りで食ってもアタリがない時は、フックやネクタイが絡んでいないか確認しよう。長時間巻き続ける釣りなので、リールのハンドルをはじめ、手持ちで疲れない道具を選ぶことも大切だ。

これからマダイは脂が乗り、さらに美味しくなっていく。走水の潮で身の引き締まったマダイは最高だ。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読