MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

タイラバ専門船で楽しむ! ベイエリアのマダイゲーム(TAKEMARU)

ひと昔前より釣れるようになった! そんな数少ないターゲット、そして釣法が、東京湾のマダイ、そしてタイラバゲームだ。「リクエストでほかの釣り物もやりますが、基本的には周年、タイラバ中心に出船しています」とは羽田「TAKEMARU」の半谷武(はんがい・たけし)船長。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

型は大小まじりでアタリが多いのが秋の魅力! 初チャレンジにも最適

浅場では、スピニングタックルを使い、キャストして広く探るのも有効だ

アタリが出てからスッと送り込み、アワせる!するとカンヌキにフッキングする。名手の釣りは奥深い

小さいよ、と感想をもらした直後にサヨウナラ。この日は浅食いが多かった!?

マダイ独特の、ティップを叩く硬質なファイトが楽しい!

タモに収まりほっと一安心

浅場なのでサイズ以上を思わせるファイトを展開した、この日最大の1.6kg。仕留めたのは油谷誠一さん

ちょっと浮気して青物狙い、もあり。この日はサワラ(サゴシ)の姿を確認できた

これも定番、イナダ。2.4kgのこの一本は、存分にファイトを楽しませてくれた

定番ゲスト、ホウボウ登場!

悩んだらオレンジ、とは船長からのアドバイス

この日乗船したおふたりはタングステン派。カラーは定番のオレンジ系が多かった

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・羽田「TAKEMARU」。

9月下旬、乗合船に同船させていただいた。お客さんは2人と少なかったが、足繁く乗船している精鋭という。大船に乗った気持ちでの取材となった。

「やってみましょう、水深は38m」

船長のアナウンスでスタートした。干潮まで2時間ほどのタイミング、ひと流しめからアタリは連発。残念ながらバラシも連発したが、一枚、また一枚とキャッチ成功。30㎝以下の小型が先行したが、ホウボウ、イナダなどもまじえて次第にサイズアップ! 

上げ潮に転じてからは少々苦戦する時間もあったが、終わってみれば1.6㎏を最大に、数はひとり4枚ずつとなかなか。大ダイの登場こそなかったが、存分に楽しめた一日となった。

「型は大小まじりですが、アタリが多いのが秋の魅力です」

と船長。水深も浅めで初チャレンジにも最適なシーズン。早目のおでかけをおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル