MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&エサで好調! 待望の夜タチウオ開幕ですっ(神栄丸)

ジギング&エサで好調! 待望の夜タチウオ開幕ですっ(神栄丸)

駿河湾・由比港「神栄丸」の夜タチウオゲームがついに開幕! 夜は日中に比べてタナが浅いため、手返しがよくなり数が伸びやすいとう特徴がある。トップ40〜50本以上という釣果も珍しくないのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&エサで好調! 待望の夜タチウオ開幕ですっ(神栄丸)の画像をチェック! navigate_next

駿河湾のタチウオは名産のサクラエビを捕食しているため大変美味

辺りが薄暗くなって来たら、いよいよ戦闘開始! この日はカカリ釣りで狙った

9月中旬の取材時は台風などの影響で潮が濁っており、ジギングではポツポツといった状況だったが、こんな大型も登場!

がまかつ・ラグゼプロスタッフの加藤啓之さんは、渋い状況ながらもさすがのテクニックでキャッチ!

こちらはタチウオテンヤで貴重な一本!

この日はエサ釣りが好調。指5本の大型も登場!

キロオーバーの大型もヒットしている

デカイ! と思ったらランディングのヘルプを頼もう

アベレージサイズは指3〜3.5本クラスだが、脂はバッチリ乗っている! 

この日は渋いながらもトップ30本!

女性でも釣りやすい!

こんな良型アジもヒット!

サゴシもエサで

この日はなんとマダイまで登場した

エサはサンマの切り身

ジギングはフォールのアタリを取りやすいベイトタックルがメイン。キャストして広範囲を探る場合はスピニングも有効だ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

アベレージサイズは食べごろ指3.5本クラスで、9月下旬の取材では大半の釣り人が指5本クラスの大型をキャッチしている。キロオーバーのドラゴンやそれ以上の実績が高いのもここ由比周辺の特徴だ。

「今年は台風などの影響で雨が多く、富士川からの濁りで潮が濁っています。その影響なのか、夜はまだ渋い状況です。ただ、早朝タチウオは数もサイズも絶好調です。つまり魚は間違いなくいるということです。とはいえ、今後は夜が主体となっていくことは間違いありません。大型もチャンスですよ!」と話すのは、由比港「神栄丸」石原佑紀船長。

9月下旬の取材では、ルアーはちょっと食い渋ったが、エサ釣りはトップ30本。これで石原船長は渋いと言うのだから、潮が澄んだらいったいどういう状況になるのか…。三保沖では別船のワラサも好調! この時期はまだ寒くはなく、夜風も非常に気持ちよく快適。いま釣行するなら、色々楽しい間違いなく由比がオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2018年11月1日号の掲載記事です。

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル