MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
赤&クロの高級魚競演! 富戸沖のキンメ五目【富戸沖】

赤&クロの高級魚競演! 富戸沖のキンメ五目【富戸沖】

海面近くまで続いた派手な抵抗をしのぎ切ると、ラインが前方に走り出す。覗き込む海面下に現れた白っぽい魚影が見る間に金茶色に変わる。「クロムツだーっ!!」。

グラマラスな大型クロムツが浮上した。35リッターのクーラーが溢れるほどの逆転大勝利を飾る

6本バリにパーフェクト! 富戸沖の深場五目釣りでキンメが大当たり。「アカムツが食う前にキンメが食っちゃう」という贅沢な悩みも…。

クロムツの食いが活発! グラマラスな良型が連発した。

海面下に浮かんできた魚体が、初め白っぽく、そして金茶色に変わる、クロムツだ、しかも良型! ウレシイ瞬間だ。

北海道から釣行した内山夫妻。いい釣りになりましたね!!

筆者のタックルは、竿が「ディープインパクト ライト220」、リールが「コマンドAC‐3JPC。使用オモリは250号。

エサはいろいろ試してみた。「フジッシャー毛鈎」や「マシュマロボール」も有効。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・富戸港「ひろし丸」。

「もうキンメが食っちゃいました。これじゃあ、アカムツが口を使うヒマがありませんね」。
なんとも贅沢な悩みに複雑な笑顔を見せる東伊豆富戸港「ひろし丸」の日吉博船長。
「初めての深海釣り」に挑戦すべく、筆者を頼って札幌から遠路遥々訪れた内山孝也・裕子夫妻に、地元北海道では釣れないアカムツやキンメダイを筆頭とした伊豆の深海ターゲットを釣らせてあげたいと、計画した富戸沖での深海五目釣り。
「予行演習」の初日はアカムツは姿を見せず、撃沈…。
背水の陣で臨んだ二日目は予想を上回るキンメの高活性に加え、グラマラスな大型クロムツが浮上し、35リッターのクーラーが溢れるほどの逆転大勝利を飾る。
ネイルアーティストの裕子さんが伊豆釣行に際し願いを込めた爪の先に描かれた「赤か、黒か」のフレーズ。二日目朝イチに40㎝キンメと1.5㎏のクロムツの「両手に華」で成就した。
叶わなかった大本命アカムツとの対面は二人の「富戸再訪」の大義名分に残しておこう。
今回は姿を見せなかったが、富戸沖のアカムツは今後も有望。そして、もちろん、キンメやクロムツ狙いもおもしろいぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
最新記事
広丸(御宿岩和田)の釣果情報を掲載
極限の陸上での使用を想定したマスターオブGシリーズからブラックをまとったモデル登場!G-SHOCK「マスターオブGブラックアウト」 GW-9400J
「千とせ丸」藤間船長がエスコートする網代沖はカワハギ、カサゴ、タイやイサキ、青物コマセ五目、夏のキハダ&カツオにヒラメの食わせサビキ、冬場のキンメなど…多彩なターゲットを有す、絶好のフィールドだ。
外房・大原沖では12月にイワシの群れが回遊するようになった。それにともなって大原港「LT広布号」はイワシに付いたマダイをひとつテンヤで狙っている。大型マダイが期待できるので、ぜひ挑戦してみよう!
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読