MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

アカムツのタックルは意外とライトなものでよい。ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。

たか丸アカムツ仕掛け。オモリは200号。PE5号以上、400m巻ける電動タックルを使用しよう

タックルは意外とライトなものでよい。

ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。

具体的に言うと、竿はワラサ竿やビシアジ竿、中深場専用。リールはシマノ社製なら3000番以上、ダイワ社製なら500番以上でPE5号以上が400m収納できるものならなんでも使えるのである。

注意すべきは、中型リールを使用する場合、道糸の高切れを想定して、予備のリールを必ず持参すること。

深場のアカムツ釣りは、胴付き仕掛けで5本前後のハリ数が一般的。だが、「たか丸」では、現在2本バリ仕掛けをすすめている。

理由は、2本バリ仕掛けで十分釣れることと、オマツリの減少、自作が容易、扱いが楽などとメリットが多いこと。

さらに、捨て糸は使用せず、一番下の親子サルカンにダブルスナップなどを利用してオモリを直結しているのが特徴。

「オモリを底に着けると、どうしても道糸を出してしまい、オモリが底を引きずったり、仕掛けをタルマセたりしてオマツリの原因になります。そうなると、貴重なチャンスを失うことになります。オモリを常に底から上げていることで、オマツリはかなり軽減されるし、マメにタナ取りをしなくてはいけませんから誘いにもなります。結果として釣れるようになるんですよ」

と、高瀬健太郎船長は話す。

東伊豆・伊東沖 アカムツ釣行レポート

「たか丸」は8人限定。ステ糸なしの仕掛けを使うことによってほとんどオマツリはない

東伊豆は急深なのでポイントは陸から近い。置き竿でアタリを待つ

大型のアカムツが海面に浮上。だれもが目を見張る瞬間だ

黒河さんは、朝いちの第1投目で見事50㎝1.5㎏の大アカムツをキャッチ

高瀬船長はシンプル仕掛けで3匹キャッチ

激うま大型アカムツは1匹キャッチで十分すぎる価値あり!

黒河さんは大アカムツをなんと2匹キャッチ。毎週、ボウズなしで釣っているという

シマノ「フォースマスター3000」で十分対応できる

エサの基本はサバの切り身。船長のオススメはコレ

黒河さんはホタルイカの2匹掛けを使っていた

ゲストでは歯の鋭い深海魚がよくヒットする

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「たか丸」。

アカムツを東伊豆伊東沖で、連日40㎝オーバーは当たり前、50㎝級もザラに釣らせている船宿がある。それが「たか丸」だ。ほぼ周年アカムツ専門といっても過言ではないほど、この魚にこだわっているのは、高瀬健太郎船長だ。

ポイントの水深は220〜330m。

大型リールの釣りのイメージがあるが、オモリ200号、PE5号以上400m収納可能なリールであれば中型でもオーケーという。

胴付き仕掛けのハリ数はとくに制限はないが、高瀬船長は現在、2本バリ仕掛けを推奨している。自作も容易だ。

「みなさん、さまざまなエサを使ってますが、サバの切り身だけで十分ですよ」と、当日も光物なしのシンプルな仕掛けでさくっと3匹のアカムツを釣り上げた船長。

一番大切なのはタナ取りという。付けエサが底から1m上に漂うように水中イメージしながら釣りをしよう。

そんな大アカムツを1匹でもゲットできれば、年末年始の祝いの膳は超美味最高級魚で盛り上がること間違いなし。ぜひ、気軽に挑戦してみてほしい。

たか丸のアカムツ釣り。水面に仕掛けを全員ぶら下げて一斉投入!

「たか丸」では、オマツリをさらに軽減する策として、投入は全員一斉に同時にする。

まず船長の合図でリールのクラッチを入れたまま、オモリを海中に落とし、仕掛けを水中にたらす。全員がこの状態になったところでさらに船長の合図でクラッチをオフにして一斉同時投入するというもの。

タナは、「エサが海底から1m前後上を漂うようにタナ取りしてください。具体的には、ハリス長が1mだったら、オモリを1.5m上げればエサはそのタナ周辺に漂うことになりますよね。タナが低いとサメの餌食になってしまいますよ」と教えてくれた。

気になる付けエサだが、高瀬船長いわく、「サバの切り身だけでいいよ」とのこと。

実際、船長の仕掛けはハリスには光り物は一切付けず、エサはサバの切り身のみ。それで、3匹のアカムツを上げていたのだ。

常連さんたちは、さまざまなエサを持参して使っているという。それもこの釣りのおもしろいところだと船長は言う。ホタルイカやイワシ、サケ皮など試してみてもよいだろう。

「一番大事なことはタナ取り!」このことを肝に銘じて臨めばきっと、大アカムツをキャッチできるハズだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読