沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

メタリックレッドの深海メジャーターゲット!”アカムツ”(たか丸)

アカムツのタックルは意外とライトなものでよい。ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。


たか丸アカムツ仕掛け。オモリは200号。PE5号以上、400m巻ける電動タックルを使用しよう

タックルは意外とライトなものでよい。

ハリス10号の胴付き仕掛けなので、深場専用じゃなきゃダメと思われるが、オモリ200号を背負える竿とPE5号以上400m巻ける電動リールの組み合わせがあればよい。

具体的に言うと、竿はワラサ竿やビシアジ竿、中深場専用。リールはシマノ社製なら3000番以上、ダイワ社製なら500番以上でPE5号以上が400m収納できるものならなんでも使えるのである。

注意すべきは、中型リールを使用する場合、道糸の高切れを想定して、予備のリールを必ず持参すること。

深場のアカムツ釣りは、胴付き仕掛けで5本前後のハリ数が一般的。だが、「たか丸」では、現在2本バリ仕掛けをすすめている。

理由は、2本バリ仕掛けで十分釣れることと、オマツリの減少、自作が容易、扱いが楽などとメリットが多いこと。

さらに、捨て糸は使用せず、一番下の親子サルカンにダブルスナップなどを利用してオモリを直結しているのが特徴。

「オモリを底に着けると、どうしても道糸を出してしまい、オモリが底を引きずったり、仕掛けをタルマセたりしてオマツリの原因になります。そうなると、貴重なチャンスを失うことになります。オモリを常に底から上げていることで、オマツリはかなり軽減されるし、マメにタナ取りをしなくてはいけませんから誘いにもなります。結果として釣れるようになるんですよ」

と、高瀬健太郎船長は話す。

東伊豆・伊東沖 アカムツ釣行レポート

「たか丸」は8人限定。ステ糸なしの仕掛けを使うことによってほとんどオマツリはない

東伊豆は急深なのでポイントは陸から近い。置き竿でアタリを待つ

大型のアカムツが海面に浮上。だれもが目を見張る瞬間だ

黒河さんは、朝いちの第1投目で見事50㎝1.5㎏の大アカムツをキャッチ

高瀬船長はシンプル仕掛けで3匹キャッチ

激うま大型アカムツは1匹キャッチで十分すぎる価値あり!

黒河さんは大アカムツをなんと2匹キャッチ。毎週、ボウズなしで釣っているという

シマノ「フォースマスター3000」で十分対応できる

エサの基本はサバの切り身。船長のオススメはコレ

黒河さんはホタルイカの2匹掛けを使っていた

ゲストでは歯の鋭い深海魚がよくヒットする

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東「たか丸」。

アカムツを東伊豆伊東沖で、連日40㎝オーバーは当たり前、50㎝級もザラに釣らせている船宿がある。それが「たか丸」だ。ほぼ周年アカムツ専門といっても過言ではないほど、この魚にこだわっているのは、高瀬健太郎船長だ。

ポイントの水深は220〜330m。

大型リールの釣りのイメージがあるが、オモリ200号、PE5号以上400m収納可能なリールであれば中型でもオーケーという。

胴付き仕掛けのハリ数はとくに制限はないが、高瀬船長は現在、2本バリ仕掛けを推奨している。自作も容易だ。

「みなさん、さまざまなエサを使ってますが、サバの切り身だけで十分ですよ」と、当日も光物なしのシンプルな仕掛けでさくっと3匹のアカムツを釣り上げた船長。

一番大切なのはタナ取りという。付けエサが底から1m上に漂うように水中イメージしながら釣りをしよう。

そんな大アカムツを1匹でもゲットできれば、年末年始の祝いの膳は超美味最高級魚で盛り上がること間違いなし。ぜひ、気軽に挑戦してみてほしい。

たか丸のアカムツ釣り。水面に仕掛けを全員ぶら下げて一斉投入!

「たか丸」では、オマツリをさらに軽減する策として、投入は全員一斉に同時にする。

まず船長の合図でリールのクラッチを入れたまま、オモリを海中に落とし、仕掛けを水中にたらす。全員がこの状態になったところでさらに船長の合図でクラッチをオフにして一斉同時投入するというもの。

タナは、「エサが海底から1m前後上を漂うようにタナ取りしてください。具体的には、ハリス長が1mだったら、オモリを1.5m上げればエサはそのタナ周辺に漂うことになりますよね。タナが低いとサメの餌食になってしまいますよ」と教えてくれた。

気になる付けエサだが、高瀬船長いわく、「サバの切り身だけでいいよ」とのこと。

実際、船長の仕掛けはハリスには光り物は一切付けず、エサはサバの切り身のみ。それで、3匹のアカムツを上げていたのだ。

常連さんたちは、さまざまなエサを持参して使っているという。それもこの釣りのおもしろいところだと船長は言う。ホタルイカやイワシ、サケ皮など試してみてもよいだろう。

「一番大事なことはタナ取り!」このことを肝に銘じて臨めばきっと、大アカムツをキャッチできるハズだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ヤリイカがいる場合、エサの確保はとても重要なので、しっかりとアタリを取れるヤリイカ専用タックルを持参するのが望ましい。1.7~1.9mほどの先調子ヤリイカ竿に、小型の電動リールを組み合わせる。オモリは80号なので、先調子気味のゲームロッドなどでもいいだろう。


最新の投稿


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読