MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超高級魚を専門に狙う! 勝浦沖のマハタ五目がおもしろい!(信照丸)

超高級魚を専門に狙う! 勝浦沖のマハタ五目がおもしろい!(信照丸)

勝浦沖のマハタ五目がおもしろい。言わずと知れた超が付く高級魚マハタ。これを専門に狙える貴重な釣り場の一つが勝浦沖で、松部港の「信照丸」では周年の看板にしている。

根魚ファンならずともヤミツキになるマハタ釣り。ぜひチャレンジ

イワシ泳がせの根魚釣りは、何が食うかわからない。これが楽しい!

この日は1㎏前後が船中4匹。日によって、4~5㎏級の良型もまじっている

高級魚のマハタは、刺身や鍋ネタ、煮付け、唐揚げと何にしてもおいしい

キントキは大型が食ってくる

ヒラメもウレシイゲスト

ジギングのアングラーは良型のカンコを

マトウも大型。これもおいしい魚だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

11月下旬現在の釣果は0.8~1.5㎏級を中心に時折4~5㎏級の型物が交じる展開で、船中人数の半分程度が釣り上がるといった感じ。正直「ボウズ覚悟」は否めないが、物が物だけに致し方の無いところだ。

その分を生きイワシで狙う釣趣、そしてヒラメ、マトウ、カサゴ等など多彩なゲストが補ってくれる。

「今がちょうど谷間な感じだね。もう少し水温が落ちてくれば、数ももっと出るようになると思うよ」とは吉田勉船長。いきなりドカーン! と来る衝撃的なアタリ、そして言わずもがなな食味で、根魚ファンならずともヤミツキになるマハタ釣り。仲乗りとして達哉若船長も乗船し面倒を見てくれるからビギナーも安心してチャレンジを。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読