MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超高級魚を専門に狙う! 勝浦沖のマハタ五目がおもしろい!(信照丸)

超高級魚を専門に狙う! 勝浦沖のマハタ五目がおもしろい!(信照丸)

勝浦沖のマハタ五目がおもしろい。言わずと知れた超が付く高級魚マハタ。これを専門に狙える貴重な釣り場の一つが勝浦沖で、松部港の「信照丸」では周年の看板にしている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

根魚ファンならずともヤミツキになるマハタ釣り。ぜひチャレンジ

イワシ泳がせの根魚釣りは、何が食うかわからない。これが楽しい!

この日は1㎏前後が船中4匹。日によって、4~5㎏級の良型もまじっている

高級魚のマハタは、刺身や鍋ネタ、煮付け、唐揚げと何にしてもおいしい

キントキは大型が食ってくる

ヒラメもウレシイゲスト

ジギングのアングラーは良型のカンコを

マトウも大型。これもおいしい魚だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「信照丸」。

11月下旬現在の釣果は0.8~1.5㎏級を中心に時折4~5㎏級の型物が交じる展開で、船中人数の半分程度が釣り上がるといった感じ。正直「ボウズ覚悟」は否めないが、物が物だけに致し方の無いところだ。

その分を生きイワシで狙う釣趣、そしてヒラメ、マトウ、カサゴ等など多彩なゲストが補ってくれる。

「今がちょうど谷間な感じだね。もう少し水温が落ちてくれば、数ももっと出るようになると思うよ」とは吉田勉船長。いきなりドカーン! と来る衝撃的なアタリ、そして言わずもがなな食味で、根魚ファンならずともヤミツキになるマハタ釣り。仲乗りとして達哉若船長も乗船し面倒を見てくれるからビギナーも安心してチャレンジを。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル