MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。

前半戦は上げ、後半戦は下げ、潮が流れやすい下げ潮時が期待大!

船の後方に見える島は第一海堡と第二海堡。ここは観音崎沖だ

大ダイとファイト中。東京湾でタイラバを満喫したいならいまだ

タモ入れは緊張する。ネットインした瞬間、身体の力がスーっと抜けた

この日絶好調だった木戸さんは、マダイ6枚、イナダ3匹のダントツトップ。4.3kgの大ダイまで仕留めてしまった

ひと流し目で1.5kgをキャッチした大和信さん。「海底から5mくらい上げたところでヒットしました」

小ぶりのマダイがタイラバに好反応中

数は伸びなかったが、ひとつテンヤで楽しんでいた生田さんもキャッチ成功

イナダがヒット! ナブラが出ればキャスティングで高確率で釣れる

通常のジギングではワラササイズの期待が高まる

マダイが絶好調の木戸さんはイナダも好調にキャッチした

ベイトサイズが小さいせいか、取材日のナブラ撃ちはかなり手強かった

タイラバはベイトタックルで。リトリーブスピードがカギ

タイラバの主流は遊動式。ヘッド、ラバー、ネクタイの組み合わせの違いでマダイからの反応も異なる

船長オススメ、青物用ルアー。写真上からギグ、TDペンシル、オーバーゼアー

青物もさることながら、これだけマダイが釣れれば御の字。好調な東京湾へ行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

比較的安定して釣果が出ていたというが、グッと調子が上がってきたのは10月中旬以降。船中オデコなしの日も多く、トップ釣果でひとり12枚! という爆釣デイもあったという。反面、青物はムラっ気があり、とも。

11月下旬、好調の様子を取材に出掛けた。潮回りは小潮。前半戦は上げ、後半戦は下げ。潮が流れやすい下げ潮時が期待大、と説明を受けた。しかし、ひと流し目からミヨシでアタリあり。これは惜しくもフックアップしなかったが、すぐさまトモのアングラーにヒット! 1.5㎏の綺麗なマダイが無事取り込まれた。

これは凄い! と思われたが、その後はしばし沈黙。だが、今度は青物が水面を沸き立たせた。この日はマダイメインとなったため積極的にナブラを追わなかったが、それでもイナダのキャッチ成功。

潮が下げ始めてからは途切れることなくヒットが続き、最後には今期最高という4.3㎏まで登場! 

上々の首尾となった。たしかにマダイの魚影は濃いようだ。掛けられるかどうか別としてナブラも多発した。年内最後の釣り納めとしておすすめできるプランと言えそうだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
東京湾口のマダイが例年よりも早く乗っ込みシーズンを迎え、タイラバで好調な釣果を記録している。「落として巻くだけ」というタイラバゲームだが、実際アングラーがやらなければならないことは非常に多く奥深いぞ!
更新: 2019-04-04 07:00:00
重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。
更新: 2019-03-31 12:00:00
最新記事
東海エリアで一番マダイの魚影が濃いと言われている御前崎沖。岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根が乗っ込みポイント。深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。
更新: 2019-04-19 12:00:00
日本最西端・与那国島は国内トップレベルのカジキ漁場。年間に1000本が水揚げされるが、少年時代からの夢を叶えるべく、一か月分の給料が飛ぶことも承知で与那国島の「瑞宝丸」を2日間一人でチャーターした!
更新: 2019-04-19 07:00:00
一年中釣れ、一年中美味しい!!沖釣りの人気魚種アジ。東京湾ではライトタックルで狙うLTアジも大人気!お土産も十分期待できる上に、ビギナーや女性、子供も手軽に楽しめて、GWにもオススメだ。
更新: 2019-04-18 12:00:00
東伊豆・稲取沖のアカムツはアベレージは1.5㎏以上!港から航程10分の至近ポイントで大型が釣れるのが魅力だ。4月中旬以降がベストシーズン!大型ルビーの宝庫のようなアカムツ!料理にしても絶品だ!
更新: 2019-04-18 07:00:00
【テンヤマダイ編】マダイファン待望の乗っ込みシーズンがやってきた!産卵を前に気難しい面を見せる乗っ込みマダイ。そんなマダイを食わせるには、ベーシックテクニックをマスターしておくことが重要だ!
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読