MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。

前半戦は上げ、後半戦は下げ、潮が流れやすい下げ潮時が期待大!

船の後方に見える島は第一海堡と第二海堡。ここは観音崎沖だ

大ダイとファイト中。東京湾でタイラバを満喫したいならいまだ

タモ入れは緊張する。ネットインした瞬間、身体の力がスーっと抜けた

この日絶好調だった木戸さんは、マダイ6枚、イナダ3匹のダントツトップ。4.3kgの大ダイまで仕留めてしまった

ひと流し目で1.5kgをキャッチした大和信さん。「海底から5mくらい上げたところでヒットしました」

小ぶりのマダイがタイラバに好反応中

数は伸びなかったが、ひとつテンヤで楽しんでいた生田さんもキャッチ成功

イナダがヒット! ナブラが出ればキャスティングで高確率で釣れる

通常のジギングではワラササイズの期待が高まる

マダイが絶好調の木戸さんはイナダも好調にキャッチした

ベイトサイズが小さいせいか、取材日のナブラ撃ちはかなり手強かった

タイラバはベイトタックルで。リトリーブスピードがカギ

タイラバの主流は遊動式。ヘッド、ラバー、ネクタイの組み合わせの違いでマダイからの反応も異なる

船長オススメ、青物用ルアー。写真上からギグ、TDペンシル、オーバーゼアー

青物もさることながら、これだけマダイが釣れれば御の字。好調な東京湾へ行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

比較的安定して釣果が出ていたというが、グッと調子が上がってきたのは10月中旬以降。船中オデコなしの日も多く、トップ釣果でひとり12枚! という爆釣デイもあったという。反面、青物はムラっ気があり、とも。

11月下旬、好調の様子を取材に出掛けた。潮回りは小潮。前半戦は上げ、後半戦は下げ。潮が流れやすい下げ潮時が期待大、と説明を受けた。しかし、ひと流し目からミヨシでアタリあり。これは惜しくもフックアップしなかったが、すぐさまトモのアングラーにヒット! 1.5㎏の綺麗なマダイが無事取り込まれた。

これは凄い! と思われたが、その後はしばし沈黙。だが、今度は青物が水面を沸き立たせた。この日はマダイメインとなったため積極的にナブラを追わなかったが、それでもイナダのキャッチ成功。

潮が下げ始めてからは途切れることなくヒットが続き、最後には今期最高という4.3㎏まで登場! 

上々の首尾となった。たしかにマダイの魚影は濃いようだ。掛けられるかどうか別としてナブラも多発した。年内最後の釣り納めとしておすすめできるプランと言えそうだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読