沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

タイラバ絶好調! トップ釣果でひとり12枚も!(フレンドシップ)

「今年はマダイの調子がいいですよ。10月からマダイと青物のリレー乗合を始めていますが、マダイを青物が釣れないときの保険に考えているくらいですからね」とは船橋港「フレンドシップ」の田岡要司船長の言葉。


前半戦は上げ、後半戦は下げ、潮が流れやすい下げ潮時が期待大!

船の後方に見える島は第一海堡と第二海堡。ここは観音崎沖だ

大ダイとファイト中。東京湾でタイラバを満喫したいならいまだ

タモ入れは緊張する。ネットインした瞬間、身体の力がスーっと抜けた

この日絶好調だった木戸さんは、マダイ6枚、イナダ3匹のダントツトップ。4.3kgの大ダイまで仕留めてしまった

ひと流し目で1.5kgをキャッチした大和信さん。「海底から5mくらい上げたところでヒットしました」

小ぶりのマダイがタイラバに好反応中

数は伸びなかったが、ひとつテンヤで楽しんでいた生田さんもキャッチ成功

イナダがヒット! ナブラが出ればキャスティングで高確率で釣れる

通常のジギングではワラササイズの期待が高まる

マダイが絶好調の木戸さんはイナダも好調にキャッチした

ベイトサイズが小さいせいか、取材日のナブラ撃ちはかなり手強かった

タイラバはベイトタックルで。リトリーブスピードがカギ

タイラバの主流は遊動式。ヘッド、ラバー、ネクタイの組み合わせの違いでマダイからの反応も異なる

船長オススメ、青物用ルアー。写真上からギグ、TDペンシル、オーバーゼアー

青物もさることながら、これだけマダイが釣れれば御の字。好調な東京湾へ行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

比較的安定して釣果が出ていたというが、グッと調子が上がってきたのは10月中旬以降。船中オデコなしの日も多く、トップ釣果でひとり12枚! という爆釣デイもあったという。反面、青物はムラっ気があり、とも。

11月下旬、好調の様子を取材に出掛けた。潮回りは小潮。前半戦は上げ、後半戦は下げ。潮が流れやすい下げ潮時が期待大、と説明を受けた。しかし、ひと流し目からミヨシでアタリあり。これは惜しくもフックアップしなかったが、すぐさまトモのアングラーにヒット! 1.5㎏の綺麗なマダイが無事取り込まれた。

これは凄い! と思われたが、その後はしばし沈黙。だが、今度は青物が水面を沸き立たせた。この日はマダイメインとなったため積極的にナブラを追わなかったが、それでもイナダのキャッチ成功。

潮が下げ始めてからは途切れることなくヒットが続き、最後には今期最高という4.3㎏まで登場! 

上々の首尾となった。たしかにマダイの魚影は濃いようだ。掛けられるかどうか別としてナブラも多発した。年内最後の釣り納めとしておすすめできるプランと言えそうだ。

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読