MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」

スローピッチジャークジギングタックル。メインラインは1.5号が300あればOK!

スローピッチジャークジギングの究極ともいえるターゲット・キンメが、びっくりするほど手軽に狙える南房・布良港「松栄丸」の半夜キンメ・クロムツ釣り。

ここでは、「松栄丸」の常連であり、布良沖のこの釣りを「松栄丸」と共に開拓してきたルアーメーカー「ブルーブルー」の吉澤竜郎さんに、布良沖のキンメ・クロムツジギングのタックルについて紹介してもらおう。

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」

水深が浅いので、ラインは300mあれば事足りてしまう。リールは東京湾などのタチウオやシーバス狙いで使用するものそのまま使うアングラーもいるほどだ。ただ、そのようなリールの場合は、巻き上げのパワーが不足するので、やり取りや回収のときにちょっと大変だ。


「ジグは200~250gを中心に、180~300gまでを使っています」と吉澤さん。

スローピッチジャーク専用タイプなどフォール性能のよいジグで、とくにセミロングタイプがおすすめだ。

水切れがいいのでフォールが速く、シルエットも大きいのでアピール力もある。当日も、このタイプにヒットが多かった。

キンメのジギングといえば、水深が深くジグも重いので、マニアックな釣りというイメージが強い。しかし、「松栄丸」の半夜キンメ・ムツはまったく異なる。ぜひチャレンジしていただきたい。

南房・布良沖 キンメダイ・クロムツ釣行レポート

現在のところはエサ釣りと同船で、ルアーはミヨシで釣る。今後人数が集まるようになれば、ルアーだけでの出船もあるとのことだ

半夜でキンメを釣る!

キンメのサイズは小・中型が主体だが、こんな良型も!

セミロングタイプのジグにアタリが多かった

なんとひとつのジグにキンメが同時に2枚! これには船長もビックリ。「松栄丸」では初めてだとか

晩秋の夜空に真っ赤なキンメが次々と舞う! キンメがジギングでこんなにも釣れるという事実。衝撃的でした!

いい群れに当たれば全員同時ヒットも珍しくない!

胴付き仕掛けで狙うエサ釣りは多点掛け連発!

これだけ釣れると超楽しい!

ジギングでの釣果。みなさん10枚以上釣ってましたよ~!

「かなりいい引きしてるけど…」抜きあげてみるまでどんな魚か分からない

なんと良型クロムツだった!

ボトム付近を丁寧に攻めるとクロムツが多い

キンメは広範囲に探ってみよう

エサではこんな良型クロムツも!

「松栄丸」は本格的にルアー船を始めてまだ一年経っていない。布良沖のルアーゲームは無限の可能性を秘めている。午前の青物狙いでは、ヒラマサは20kgオーバー、カンパチも10kgオーバーが回遊している

キャスティングでヒットしたヒラマサ。チェイスは多数あったが…

10m以浅から60m前後まで探る

深めのポイントでのジギングにヒレナガカンパチがヒット

南房でもハガツオ祭り開催中!

いつまで続くか分からないし、とにかく美味しいので、今スグ行くべし!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良港「松栄丸」。

キンメ狙いのジギングといえば、水深が深く使うジグもかなり重いので、“一部のマニアの釣り”というイメージが強い。

ところが南房・布良港の「松栄丸」のキンメ・クロムツは違う。夕方から夜にかけての半夜釣りで狙うので、水深はなんと120~150mと浅い。したがって、ジグは200~250を中心に180~300g。東京湾の日中のタチウオジギングにちょっと毛が生えた程度、と思っていただければ分かりやすいかもしれない。誰でも手軽に楽しめてしまうのだ。

手軽なだけではない。最も重要なのは、やっぱり「釣果」だろう。これが釣れる! 伊豆近海などで行われているキンメジギングでは、一人1、2枚釣れるかどうか、といった程度だが、「松栄丸」の半夜釣りはサイズこそ小・中型主体だが、この日はなんと全員10枚以上! しかもクロムツまじり。だから、“超おもしろい”のだ。

「これからの時期は天候で出船できない日が増えてきますが、しばらくは楽しめると思います。しかも今期はキンメが好調なので、ぜひチャレンジしてみてください」とは、黒川一夫船長と、智也船長。

現在はエサ釣りとの同船だが、ルアーアングラーがある程度集まれば、ルアーだけでの出船も検討中とのこと。これはマジで行くしかないでしょ!

以上の記事は「つり丸」2015年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
東京湾口のマダイが例年よりも早く乗っ込みシーズンを迎え、タイラバで好調な釣果を記録している。「落として巻くだけ」というタイラバゲームだが、実際アングラーがやらなければならないことは非常に多く奥深いぞ!
更新: 2019-04-04 07:00:00
重要なのはジギングもキャスティングも「ルアーをキャストする」こと。プラグは言うまでもないが外房ではジグもキャストする。水深が浅いポイントではジグを斜めに引いて、より長い距離で魚にアピールさせる。
更新: 2019-03-31 12:00:00
最新記事
東海エリアで一番マダイの魚影が濃いと言われている御前崎沖。岩礁帯が広範囲に広がり、浅根の先端部にあたるオモリやカド根が乗っ込みポイント。深場から移動してきたマダイたちが産卵のために集結している。
更新: 2019-04-19 12:00:00
日本最西端・与那国島は国内トップレベルのカジキ漁場。年間に1000本が水揚げされるが、少年時代からの夢を叶えるべく、一か月分の給料が飛ぶことも承知で与那国島の「瑞宝丸」を2日間一人でチャーターした!
更新: 2019-04-19 07:00:00
一年中釣れ、一年中美味しい!!沖釣りの人気魚種アジ。東京湾ではライトタックルで狙うLTアジも大人気!お土産も十分期待できる上に、ビギナーや女性、子供も手軽に楽しめて、GWにもオススメだ。
更新: 2019-04-18 12:00:00
東伊豆・稲取沖のアカムツはアベレージは1.5㎏以上!港から航程10分の至近ポイントで大型が釣れるのが魅力だ。4月中旬以降がベストシーズン!大型ルビーの宝庫のようなアカムツ!料理にしても絶品だ!
更新: 2019-04-18 07:00:00
【テンヤマダイ編】マダイファン待望の乗っ込みシーズンがやってきた!産卵を前に気難しい面を見せる乗っ込みマダイ。そんなマダイを食わせるには、ベーシックテクニックをマスターしておくことが重要だ!
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読