MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

正真正銘のワラサだ! 引き味、食味共に◎【三浦半島・剣崎沖】

ここ数年は7月初旬に開幕を迎えることが多かった剣崎沖のワラサだが、今年は7月末にスタートを切った。これでも十分早い釣れ出しだが、今年の特徴はとにかくサイズがいいことがあげられる。3㎏オーバーがレギュラー。4㎏以上、もっと大きいのもいる。まさに正真正銘のワラサが、絶好の食いを見せているのだ。

サイズに合わせてタックルで挑もう

今年のワラサは3〜4kgの良型主体だ。丸々太ったものが多いぞ! 「朝イチのワンチャンスで4連発。これでもう満足です!」。

この日は、朝イチから2時間ほどは入れ食い。その後は終わりまでポツポツと食い続いた。朝イチは特に集中してやろう。

腹回りがぼってりとして見るからにうまそう。顔つきはブリに近くなってきている。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今シーズンの剣崎沖のワラサは7月末から食いだし、8月に入って一気に爆釣モードへと突入した。年々、釣れ出す時期が早くなる傾向があるが、この数年を見ると、今年はこれでも少し遅いぐらいだ。しかし、うれしいことに今シーズンは初っぱなから正真正銘のワラサが釣れているのだ。3〜4㎏がレギュラーサイズ、なかには5㎏オーバーもまじってくるという。このため、このサイズを釣ることを念頭に置いて準備しよう。
竿はワラサ専用ロッドほか、マダイ竿なら50号負荷以上のやや硬めのもの、遠征五目用のワンピースロッドなどがおすすめだ。リールは中型両軸または中小型電動リール。回収、再投入を頻繁に繰り返すので、電動リールがあると便利だ。
道糸はPE4〜6号。できたら太めを使いたいが、4号を電動に巻いている人が多いだろう。4号の場合は、普段から使っている道糸なら10mカットしておき、傷がない状態にしておこう。オマツリも多く、道糸から切れてしまうこともあるのだ。オマツリの後もチェックしておこう。
テンビンは中型、クッションゴムは2〜3㎜1m。こちらも古い物は劣化している可能性が高く、なるべく新品を使おう。
ビシは80号で、ステンカン、プラビシを用いる。剣崎間口港「喜平治丸」では、オリジナルのアンドンビシを販売しており、高い実績をあげている。コマセの調整がいらず、かなりのスグレモノだ。
「ハリスは最低でも8号を使ってください。サイズが良く食いも良いので、太めを使ってください」と、「喜平治丸」の鈴木輝船長は言う。
本当に食いが悪いときには6号、入れ食い時には10号、12号を。ハリスの長さは6mが標準だ。
「ハリも大きめがいいですよ。12号以上がおすすめです。とにかくしっかりと魚を取ることを重視してください」
ビーズ類、夜光玉なども有効なことが多い。
コマセはオキアミ。付けエサもオキアミだ。
「最近は、オキアミ1匹掛けで、ハリを隠すようにしたものが食いが良いですよ。自然な感じのほうがいいときが多いんです」
コマセは半分くらいと少なめにし、そのぶん手返しを早めたほうがアタリが増えるという。

タナは海面から正確に取り、誘おう

「付けエサは1匹掛けに。ハリを隠すようにするのがオススメです」と鈴木輝船長。

サイズがデカイので、ハリスは8号以上を使う。「太いハリスでバラさないように釣りましょう。一匹でもバラすと急に食いが悪くなってしまいます」(船長)。

ポイントは松輪瀬の水深40m前後。

胴調子の竿を根元からグニャリと絞り込む。これがワラサの魅力だ。

「喜平治丸」では、タナは海面から取る。
「30mでやってください」
こんな指示があったら、ビシを35mまで沈めてやる。ハリスが潮に馴染むのを待ち、その場所で1回、2m巻いて1回、2m巻いて1回コマセをまいてから、タナにセットする。道糸のマーカーで正確に取ろう。
タナにセットしても、すぐにロッドキーパーに置かず、手持ちで待ってみよう。食いが良いときはタナにセットする前にアタることもある。
「いい反応あるよ。誘ってよ」
こんなときは、船の下にワラサがいる。竿を大きく持ち上げ、今度は仕掛けをゆっくり落とし込んでいくイメージで竿を下げていこう。
このように、船長から何かしらアナウンスがあるときはチャンスタイム。誘って食わせよう。
タナにセットしてから1分ほど手持ちで待ち、今度は置き竿に。置き竿で1分程度待ってこなければ仕掛けを回収しよう。ワラサの場合、長くて3分。早ければ2分程度で回収、再投入してやろう。
「釣る人はやっぱりマメにやっていますね。待って釣る釣りじゃないので、少し待って食わなければ入れ直してください」
アタリは明確。一気に疾走する。ドラグは最初は魚が走るぐらいに調整し、最初のひとっ走りを耐えたら、あとは締めていき、やや強引気味に巻き上げていこう。
慣れた人はポンピングで魚を上に向かせて一気に巻き上げられるが、慣れない人は、竿を一定の角度で持ち、電動巻き上げが楽だ。
ハリスは8号を使っていれば、引きだけで切れることはまずない。最初だけ糸を出しても、途中からは一切道糸を出さないつもりでやり取りしよう。
「太いハリスで強引に、と言ってもしっかりとやり取りしてバラさないようにしてください。1回バレると船についた群れが離れてしまい、食いがガクっと落ちちゃいます」
素早くやり取りしてくると、取り込み時も魚が元気だ。ハリスを手繰るときは、指サックやグローブがあると安心だ。タモ入れは、みんなで協力してやろう。
「初心者の人でも楽しめますよ。ぜひ挑戦してみてください」

以上の記事は「つり丸」2013年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読