MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

仕掛けはテンビン吹き流し、ハリス長は約2m。ハリは2本。ボトム釣りなのでいたってシンプルな釣りだが、この単純さゆえにテクニックで釣果に差がはっきりと出てしまう、奥の深い釣りだ。

魚影濃く数釣りOK! 大型まじりで安定釣果。2月まで楽しめる!

世界遺産の富士山が美しい

メインのポイントの水深は80m

アマダイですよ!

ダイワの松永直己さんはアマダイ釣りの名手。確実に釣果を伸ばし7匹キャッチ

ハリの掛かりどころがよければ、良型でも抜き上げ可能

おなじみ互泰行さんも良型ゲット

ダブルヒット! 連チャン!

常連の日比さんは5匹キャッチ

アマダイ釣りはタナ取りだけしっかりできれば、けして難しい釣りではない。食味を求めてリピーターになる人も多い

3匹目ゲットだ!

「浅八丸」の大ベテラン、鈴木さんは7匹

きれいな輝きをみせるアマダイ。最新の小型電動リールが活躍する

船宿で配られたエサはコレ。一日これ1パックでほとんど足りる

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「浅八丸」。

アマダイ。涙目で愛くるしいこの魚は食べてとてもおいしい。しかも、マダイのように力強い引きをみせる。そして、テクニカルだ。

この三拍子そろったアマダイが、相模湾で好調だ。トップは40㎝オーバーまじりでつ抜けはもちろん、50㎝級も連日記録されている。

「今期のアマダイは好調です。メインのポイントは二宮沖水深60〜110m。好調なので入門するならいまです」とは、平塚「浅八丸」の石井信幸船長。

当日は底潮が暗い影響で、一週間前とは比べものにならない状況。釣果が危ぶまれたが、のっけから良型が飛び出し、貸し竿の釣り人も43㎝の大型をあげるなど、一転して好況に。終わってみれば、まずまずの釣果。

この相模湾のアマダイ釣りを得意とするダイワフィールドテスターの松永直己さんは、7匹キャッチ。聞くと、
「アマダイはタナ取りとアワセがとても重要なんです。エサを底にズル引きしていてはけして釣れませんよ」と、海底のエサの動きを常にイメージしながら釣ることが大事だという。

水温が高めの今期だが、年明けは少しずつ水温が下がる。そうなると、水深100m以上の深場でアマダイが釣れるようになり、数よりもサイズ狙いになる。酒蒸し、昆布しめ、干物などちょっと手を加えると激うまになるアマダイ。食卓に贅沢な華を咲かせる逸品だ。

相模湾「浅八丸」のアマダイ釣り① ・②

石井船長が勧める仕掛けは、全長2.5mのハリスにはガン玉は打たないという。大事なところなのでよく聞くと、
「アマダイはエサのオキアミを底で引きずっていては食いません。魚の目の位置を見てください。上目でしょ。アマダイは上から落ちてくるエサを見ています。だから、エサを底に引きずらさないようにするためにハリスにガン玉は打たないほうがいい」

石井船長によると、タナはハリスの全長の半分。つまり2.5mなら底から1.2mほど上へテンビンを上げて待てばいいという。

「ボクは、そのタナ位置でエサが底をできるだけズル引きしないように船を流していますから」

この話からオキアミエサが海底付近でどの位置にあるか想像できるだろうか。大事なことは、「エサが海底に着いていない」ということ。

「この釣りのうまい下手は、タナ取りで決まります。船は流れているし、海底も起伏があります。だから、マメなタナ取りが必要になってきます」

エサ取り魚も多い。そんなときはどう対応すればよいのか。

「エサ取りが多いときは、オキアミを半分にカットして頭部のほうをハリに付けてください。ハリのチモトのビーズは好みですね。そこはお客さんにまかせています」

キモのアワセについては、
「アタリが出たら即アワセ。引っかけるようなつもりでアワセてください。食い込みを待つなどしていたら、エサ取り魚が多いですからなかなか釣れませんよ。あとは、多少面倒でもマメにエサをチェックすることですね」
これが相模湾の激戦区で培われた石井船長の基本釣りテクニックだ。

要所だけ説明したが、これだけを押さえておけば大丈夫。 これを参考にして、激うまアマダイを確実に釣ってほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読