MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

ハナダイ狙いで出船している片貝旧港「直栄丸」では、このところ25〜40㎝前後の良型主体にトップ30〜40枚前後釣れており、トップ50枚(規定数)の日も多い。ハナダイのシャクリ釣りはウイリー仕掛けや、ここ数年はカラーバリ仕掛けを使い、付けエサなしで行う船も多いが、「直栄丸」ではオキアミエサを付けて釣るのを基本としている。

シャクリ方で釣果に差が付くテクニックな釣り。そこが面白い!

シャクリのスピードや止めの時間、さらに食いダナを探れるか否か…腕で差が付くテクニカルな部分がまた楽しい

40cmオーバーのデコダイまじりで数釣りが楽しめる片貝沖のハナダイ五目。年末、年始のタイを釣るなら、これも超おすすめ!

3本バリ仕掛けに一荷連発。しかも型がいい! 3点掛けもあるぞ

ズッシリ重い、大型ハナダイの2点掛け。長さだけでなく、厚みがあって重量感もある

「今のハナダイは脂が乗って、すごくおいしいよ」と常連さん

ビギナー連れの団体さんも、たっぷり楽しんでお土産十分!!

良型のイシダイも! ウレシイお土産だ

船宿仕掛けはチヌバリ(金)2号、ハリス2号全長2.5mの3本バリ

付けエサはオキアミ

空バリに付けエサが基本

ビシはFLサイズ60号を使用。アミコマセは8分目で。コマセのまきすぎはNG

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

外房、片貝沖のコマセシャクリのハナダイ五目釣りで、大型のハナダイが好調に釣れている。片貝旧港「直栄丸」では、このところ20〜40㎝前後のハナダイをトップ30〜40枚前後と好調で、食いがいい日はトップ50枚(規定数)も珍しくない。

「ウイリー仕掛けでもいいですけど、空バリにオキアミエサを付けた方が型がいいのが食うので、ウチでは空バリ仕掛けをすすめています」。そう話すのは、「直栄丸」山本義雄船長。

その言葉通り、釣れてくるのは良型主体で、30㎝オーバーの一荷釣りも頻発。強烈な引きを見せ、40㎝オーバーも上がってくる。

シャクリ方で差がつくテクニカルな部分も楽しいシャクリハナダイ。年末年始の“タイ”釣りにオススメ。ただし大型ばかりなので尾頭付きの塩焼きには、ちょっと大きすぎるかも!?

片貝沖のコマセシャクリ釣り。ゆっくり誘って、じっくり待つ!

竿は1.8〜2.4m前後。オモリ負荷30号のコマセシャクリ竿やビシ60が背負えるゲームロッドなど。リールは中型両軸か小型電動。ビシはFLサイズの60号。

仕掛けは前述の通り、エサ付けを前提にした空バリ仕掛けが基本。船宿仕掛けはチヌバリ(金)2号、ハリス2号全長2.5mの3本バリ仕掛けだ。

タナ取りは海面からで、「35mから30m」などの指示が出るので、その指示ダナの範囲をシャクリながら探ってゆく。

ウイリーやカラーバリの場合は「スッ、スッ、スッ」とリズミカルにシャクってハリを動かしてやるが、付けエサを付けてのシャクリ釣りでは「す〜っと」ゆっくりシャクリ上げてやればいい。ウイリーやカラーバリは擬餌バリ、いわばルアーなので、ある程度スピーディーに動かしてやらなければ魚が食わないが、付けエサの場合は完全に止まっていても食ってくる。しっかりポーズを入れて食うタイミングを与えてやる。待ちは5〜10秒前後。ゆっくりシャクって魚を追ってこさせて、しっかり待ってエサに食いつかせるイメージだ。

場合によっては「32mにいい反応が出てるよ」などというアナウンスがある場合もあるので、そんなときはそのタナを中心に攻めてみよう。

アタリはコツっと小さくでることが多い。しかし、強いアワセは禁物。竿でアワせるとスッポ抜けることが多く、強いアワセは周りの魚を散らせてしまう原因にもなる。

アタリを感じたら、そのままリールを巻き始めるだけ、いわゆる巻きアワセでオーケーだ。

うまくハリ掛かりさせられなくても、強いアワセをして魚を散らせていなければ、まだチャンスはある。そこから2mぐらい下げて、もう一度誘ってくると食うことも多い。

魚影は濃く、2点掛け、3点掛けもあるが、1匹掛かったあと、そのままのタナで追い食いを待っているのはダメ。1匹目を巻きアワセして、そのままゆっくり巻き上げてくると、2匹目、3匹目が追いかけてきて食いついてくる。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読