沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

付けエサのシャクリ釣り! 片貝沖のハナダイの釣り方(直栄丸)

ハナダイ狙いで出船している片貝旧港「直栄丸」では、このところ25〜40㎝前後の良型主体にトップ30〜40枚前後釣れており、トップ50枚(規定数)の日も多い。ハナダイのシャクリ釣りはウイリー仕掛けや、ここ数年はカラーバリ仕掛けを使い、付けエサなしで行う船も多いが、「直栄丸」ではオキアミエサを付けて釣るのを基本としている。


シャクリ方で釣果に差が付くテクニックな釣り。そこが面白い!

シャクリのスピードや止めの時間、さらに食いダナを探れるか否か…腕で差が付くテクニカルな部分がまた楽しい

40cmオーバーのデコダイまじりで数釣りが楽しめる片貝沖のハナダイ五目。年末、年始のタイを釣るなら、これも超おすすめ!

3本バリ仕掛けに一荷連発。しかも型がいい! 3点掛けもあるぞ

ズッシリ重い、大型ハナダイの2点掛け。長さだけでなく、厚みがあって重量感もある

「今のハナダイは脂が乗って、すごくおいしいよ」と常連さん

ビギナー連れの団体さんも、たっぷり楽しんでお土産十分!!

良型のイシダイも! ウレシイお土産だ

船宿仕掛けはチヌバリ(金)2号、ハリス2号全長2.5mの3本バリ

付けエサはオキアミ

空バリに付けエサが基本

ビシはFLサイズ60号を使用。アミコマセは8分目で。コマセのまきすぎはNG

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

外房、片貝沖のコマセシャクリのハナダイ五目釣りで、大型のハナダイが好調に釣れている。片貝旧港「直栄丸」では、このところ20〜40㎝前後のハナダイをトップ30〜40枚前後と好調で、食いがいい日はトップ50枚(規定数)も珍しくない。

「ウイリー仕掛けでもいいですけど、空バリにオキアミエサを付けた方が型がいいのが食うので、ウチでは空バリ仕掛けをすすめています」。そう話すのは、「直栄丸」山本義雄船長。

その言葉通り、釣れてくるのは良型主体で、30㎝オーバーの一荷釣りも頻発。強烈な引きを見せ、40㎝オーバーも上がってくる。

シャクリ方で差がつくテクニカルな部分も楽しいシャクリハナダイ。年末年始の“タイ”釣りにオススメ。ただし大型ばかりなので尾頭付きの塩焼きには、ちょっと大きすぎるかも!?

片貝沖のコマセシャクリ釣り。ゆっくり誘って、じっくり待つ!

竿は1.8〜2.4m前後。オモリ負荷30号のコマセシャクリ竿やビシ60が背負えるゲームロッドなど。リールは中型両軸か小型電動。ビシはFLサイズの60号。

仕掛けは前述の通り、エサ付けを前提にした空バリ仕掛けが基本。船宿仕掛けはチヌバリ(金)2号、ハリス2号全長2.5mの3本バリ仕掛けだ。

タナ取りは海面からで、「35mから30m」などの指示が出るので、その指示ダナの範囲をシャクリながら探ってゆく。

ウイリーやカラーバリの場合は「スッ、スッ、スッ」とリズミカルにシャクってハリを動かしてやるが、付けエサを付けてのシャクリ釣りでは「す〜っと」ゆっくりシャクリ上げてやればいい。ウイリーやカラーバリは擬餌バリ、いわばルアーなので、ある程度スピーディーに動かしてやらなければ魚が食わないが、付けエサの場合は完全に止まっていても食ってくる。しっかりポーズを入れて食うタイミングを与えてやる。待ちは5〜10秒前後。ゆっくりシャクって魚を追ってこさせて、しっかり待ってエサに食いつかせるイメージだ。

場合によっては「32mにいい反応が出てるよ」などというアナウンスがある場合もあるので、そんなときはそのタナを中心に攻めてみよう。

アタリはコツっと小さくでることが多い。しかし、強いアワセは禁物。竿でアワせるとスッポ抜けることが多く、強いアワセは周りの魚を散らせてしまう原因にもなる。

アタリを感じたら、そのままリールを巻き始めるだけ、いわゆる巻きアワセでオーケーだ。

うまくハリ掛かりさせられなくても、強いアワセをして魚を散らせていなければ、まだチャンスはある。そこから2mぐらい下げて、もう一度誘ってくると食うことも多い。

魚影は濃く、2点掛け、3点掛けもあるが、1匹掛かったあと、そのままのタナで追い食いを待っているのはダメ。1匹目を巻きアワセして、そのままゆっくり巻き上げてくると、2匹目、3匹目が追いかけてきて食いついてくる。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

イワシ泳がせ釣りでマハタ&ヒラメの豪華ダブルキャスト!(千鯛丸)

南房で生きイワシの泳がせ釣りが始まった。イワシを泳がせて根周りの高級魚を狙い撃ちするのは千倉港の「千鯛丸」。水深20mから70mと幅広いポイントを探り、多彩な魚が顔を見せてくれる。


年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。


最新の投稿


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読