沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


水弘丸LTキンメ仕掛け。リールはPE6号が300m巻けるものを用意

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。

リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。こちらも、それこそワラサやスルメで使うリールそのものだ。

「水弘丸」のLTキンメって、本当にこんな手軽な道具でできちゃうんです! ちなみにオモリは250号である。

なぜこんなにもライトタックルでできるのか? それは、「水弘丸」が狙う水深はおよそ220~300mだから。それ以上タナが深くなると、リレーの五目釣り(状況によってはオニカサゴになる)へ移行する。

ただ、万が一何かのトラブルで道糸が高切れした場合は、300mだけでは釣りにならなくなってしまうので、それ以上道糸を巻いておく、もしくは予備のリールを持参するのが得策だ。

また、ここ数年は夏になると相模湾で大型キハダが狙う人も多く、それ用として大型電動リール(シマノなら9000番クラス)を持っている人も少なくないのではないだろうか。当日乗船した釣り人はほとんどがこのリールを使っていた。せっかく大型電動リールを買ったのに夏だけ使って、冬は押入れの中…というのはもったいない。ぜひ「水弘丸」のLTキンメで使ってあげよう!

仕掛けは、初心者は6~8本バリと少なめがオススメ。ハリ数を多くして失敗するよりは、少ないハリ数でトラブルなく確実に釣っていったほうが数が伸びやすいというもの。「水弘丸」船内には水野船長が試行錯誤して作ったハリ数6本のオリジナル仕掛け(一組1000円)も用意されている。これを利用するのも手だ。

東伊豆・初島沖 キンメダイ釣行レポート

濃紺の海にボワーっと白い魚体が次々に姿を現す。キンメというだけあって眼が金色に輝いて美しい

お見事7点掛け! ポイントは初島沖だから港から出て30分ほどとかなり近い。当日は出なかったが、クロムツやメダイもまじる

近場のLTキンメはサイズが小さいなんて大間違い! 遠征キンメよりは小さいけれど、結構いいサイズでしょ!

ほどよい脂の乗りで味もいいんですよ!

本格的な深場タックルがなくても楽しめる「水弘丸」のLTキンメ。取り込みは、落ち着いて、確実に。上手にやれば一日1組だけで足りてしまうことも

こちらもお見事7点掛け! 明るくなるにつれタナが深くアタリも少なくなっていく傾向にあるので、朝イチは最大のチャンス!

キンメに大型ハナダイ、カイワリ、ソウダガツオなどでクーラー満タン! 年末年始の食材確保には最適ですよ!

ハナダイでか! 尾頭付きに最適!

ハナダイとカイワリのダブル!

シマアジに匹敵する美味しさとして人気のカイワリもこのサイズ。ダブルもあった

赤い魚でクーラー満タン!

ハナダイの下にはキンメがビッシリ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「水弘丸」。

深場、キンメ、と聞いただけで敷居が高いと思うのか、みんな敬遠しちゃうんだよね…。でも、ウチのキンメ釣りは大型電動リールもいらないし、ゴッつい専用竿もいらない。誰でもチャレンジできるように、タックルなど考えてあります。決して難しく考えないで、気軽にチャレンジしてください」と話すのは、網代港「水弘丸」水野克行船長。

「水弘丸」では、竿はなんとワラサなどの青物用やイカ用、リールはPE6号以上(10号まで)を300m巻いてある中型電動でOK。マジっすか!? ってぐらいライトでしょ! このような道具なら、みなさん案外持っているのでは…? ちなみにオモリは250号だ。

「でもさ、いくら手軽にできるからといって、魚が釣れなければ仕方ないよね…」という声が聞こえてきそうだが、そこも心配ご無用!

遠征キンメよりはサイズこそ落ちるものの、最高7点掛けもありクーラーいっぱい!

しかも、リレーの五目釣りで釣れる魚も豪華。カイワリや大型ハナダイなどでクーラーは満タン!(状況によりオニカサゴになる可能性もあるので要確認。これはこれで魅力的!)

忘年会、そしてお正月の食材調達に最適な「水弘丸」のライトキンメ五目。これはマジで釣りタイ、食べタイ! とくに年末年始の予約はお早めにネ!

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。


遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

遠州灘の魚影の濃さを体感!ボートアカムツ釣り(ボートクラブカナル)

浜名湖沖でアカムツ釣りを楽しめる遊漁船は意外と少ない。それがアカムツが多く居残っている理由のひとつとも考えられるが、この宝庫を目の前にしてどうしても深海のルビーを釣りたくなるのが釣り人の性。そこで、救世主的なのが浜名湖から出船している「ボートクラブ カナル」。チャーターではあるが、人数がまとまれば乗合も可能だ。


ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ヤリイカがいる場合、エサの確保はとても重要なので、しっかりとアタリを取れるヤリイカ専用タックルを持参するのが望ましい。1.7~1.9mほどの先調子ヤリイカ竿に、小型の電動リールを組み合わせる。オモリは80号なので、先調子気味のゲームロッドなどでもいいだろう。


スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読