MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。

水弘丸LTキンメ仕掛け。リールはPE6号が300m巻けるものを用意

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。

リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。こちらも、それこそワラサやスルメで使うリールそのものだ。

「水弘丸」のLTキンメって、本当にこんな手軽な道具でできちゃうんです! ちなみにオモリは250号である。

なぜこんなにもライトタックルでできるのか? それは、「水弘丸」が狙う水深はおよそ220~300mだから。それ以上タナが深くなると、リレーの五目釣り(状況によってはオニカサゴになる)へ移行する。

ただ、万が一何かのトラブルで道糸が高切れした場合は、300mだけでは釣りにならなくなってしまうので、それ以上道糸を巻いておく、もしくは予備のリールを持参するのが得策だ。

また、ここ数年は夏になると相模湾で大型キハダが狙う人も多く、それ用として大型電動リール(シマノなら9000番クラス)を持っている人も少なくないのではないだろうか。当日乗船した釣り人はほとんどがこのリールを使っていた。せっかく大型電動リールを買ったのに夏だけ使って、冬は押入れの中…というのはもったいない。ぜひ「水弘丸」のLTキンメで使ってあげよう!

仕掛けは、初心者は6~8本バリと少なめがオススメ。ハリ数を多くして失敗するよりは、少ないハリ数でトラブルなく確実に釣っていったほうが数が伸びやすいというもの。「水弘丸」船内には水野船長が試行錯誤して作ったハリ数6本のオリジナル仕掛け(一組1000円)も用意されている。これを利用するのも手だ。

東伊豆・初島沖 キンメダイ釣行レポート

濃紺の海にボワーっと白い魚体が次々に姿を現す。キンメというだけあって眼が金色に輝いて美しい

お見事7点掛け! ポイントは初島沖だから港から出て30分ほどとかなり近い。当日は出なかったが、クロムツやメダイもまじる

近場のLTキンメはサイズが小さいなんて大間違い! 遠征キンメよりは小さいけれど、結構いいサイズでしょ!

ほどよい脂の乗りで味もいいんですよ!

本格的な深場タックルがなくても楽しめる「水弘丸」のLTキンメ。取り込みは、落ち着いて、確実に。上手にやれば一日1組だけで足りてしまうことも

こちらもお見事7点掛け! 明るくなるにつれタナが深くアタリも少なくなっていく傾向にあるので、朝イチは最大のチャンス!

キンメに大型ハナダイ、カイワリ、ソウダガツオなどでクーラー満タン! 年末年始の食材確保には最適ですよ!

ハナダイでか! 尾頭付きに最適!

ハナダイとカイワリのダブル!

シマアジに匹敵する美味しさとして人気のカイワリもこのサイズ。ダブルもあった

赤い魚でクーラー満タン!

ハナダイの下にはキンメがビッシリ!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代「水弘丸」。

深場、キンメ、と聞いただけで敷居が高いと思うのか、みんな敬遠しちゃうんだよね…。でも、ウチのキンメ釣りは大型電動リールもいらないし、ゴッつい専用竿もいらない。誰でもチャレンジできるように、タックルなど考えてあります。決して難しく考えないで、気軽にチャレンジしてください」と話すのは、網代港「水弘丸」水野克行船長。

「水弘丸」では、竿はなんとワラサなどの青物用やイカ用、リールはPE6号以上(10号まで)を300m巻いてある中型電動でOK。マジっすか!? ってぐらいライトでしょ! このような道具なら、みなさん案外持っているのでは…? ちなみにオモリは250号だ。

「でもさ、いくら手軽にできるからといって、魚が釣れなければ仕方ないよね…」という声が聞こえてきそうだが、そこも心配ご無用!

遠征キンメよりはサイズこそ落ちるものの、最高7点掛けもありクーラーいっぱい!

しかも、リレーの五目釣りで釣れる魚も豪華。カイワリや大型ハナダイなどでクーラーは満タン!(状況によりオニカサゴになる可能性もあるので要確認。これはこれで魅力的!)

忘年会、そしてお正月の食材調達に最適な「水弘丸」のライトキンメ五目。これはマジで釣りタイ、食べタイ! とくに年末年始の予約はお早めにネ!

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00
東京湾・金沢八景沖〜横須賀沖で絶好調のイシモチ。冬場の群れも高活性で同時ヒットも連発中!イシモチは『早アワセせず、じっくり食わすのがコツ!』基本のベタ底狙い&数釣りのコツを覚えて、釣りまくろう!
更新: 2019-02-21 07:00:00
2月1日の解禁初日に鴨居大室港「五郎丸」を取材、午前半日船でトップが27匹といきなりの好釣果。サイズは海況に恵まれず20㎝前後であったが鴨居沖では毎年30㎝に届こうかという良型も釣り上げられている。
更新: 2019-02-20 12:00:00
メヌケ仕掛けで高確率に狙うには「仁徳丸」船長お勧めの「夜光ベイト併用」が近道。ただし、カラスザメも多くなる。LTアブラボウズ釣りで絶大な信頼&実績を有する「フジッシャー毛鈎ムツ20号/濃紫」もおすすめ。
更新: 2019-02-19 12:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読