MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

釣れ過ぎ注意報⁉︎ 今後大判サイズの期待も…鹿島沖ヒラメ(山千丸)

昨シーズン釣れ過ぎ注意報? に沸いた鹿島沖のヒラメ。今期も爆釣ぶりは変わらず、12月1日からは釣り場も全面解禁となって、まさにとどまるところを知らない勢いだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣り座で差が出にくい横流しで釣るのが基本。全員にチャンスあり

船内はにぎやかだ

全面解禁した茨城エリアのヒラメ。解禁初日、鹿島港「山千丸」の船上では、タモ取りに走り回る船長と仲乗りさんの姿が

この日はトップ12枚! 1~1.5㎏前後主体ながら、数釣りが楽しめた

食べごろサイズが多い。脂が乗って身も厚い。おいしい刺身を楽しもう

この日最大は3.5㎏。しかし、こんなものじゃない! 今後は5㎏オーバー、そして10㎏級のモンスターも期待アリ!?

この時期のヒラメは食味もグーンとアップする

エサのイワシも立派なサイズ。大ビラメが食いついてきそう…

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「山千丸」。

早速解禁日に鹿島港「山千丸」に取材釣行したところ、前半こそ水温低下の濁り潮に苦戦したものの、一時は船中バタバタと連続して竿が曲がる入れ食いシーンもあって、3.5㎏を頭にトップ12枚と鹿島らしい? 釣果となった。この日は13人が竿を出したが船中ボウズなし。

釣り座で差が出にくい横流し釣りの効果でもあるが「ウチでは11月の鹿島沖解禁以来、ボウズはほとんど出てないですよ。12月からはポイントも広がったし、今季もヒラメは多そうだからバッチリ釣らせますよ」と鹿島沖のポイントに精通する青塚清船長は腕を撫す。

厳寒期を迎えヒラメは徐々に肉厚になり食味もグーンとアップ。美味で鳴らす鹿島ビラメが、今季もたらふく味わえそうである。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル