MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。

perm_media 《画像ギャラリー》釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)の画像をチェック! navigate_next

この釣りは誰かが乗せたときが最大のチャンス! 餌木にアクション

500以上のポイントを攻め分けるという黒川船長。次から次へと船を流し変えてゆくのが「野毛屋」のスタイル

3m以上のロングロッドは引き味もいい

早くも良型まじりの釣りが展開されている東京湾のアオリイカ。根掛かりのように竿が止められ、ギューッと引きこむ大型の乗りを楽しもう

餌木に食いつくアオリイカ

このサイズなら引き味もいい。ギュンギュンと魚のような引きが楽しめる

食べてもおいしいアオリイカ。刺身、天ぷら、バター焼き…大型を釣って、いろいろな料理を味わおう

姿も美しい〝イカの王様〟。この冬、大型狙いを楽しもう

当日はヤマシタの餌木開発スタッフが乗船、ダブルヒットも。さすがに釣りますね〜

スミイカやモンゴウイカなどコウイカ系のまじりも多く、いいお土産に

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

「3.5号じゃ乗りが悪いよ、4号使って。大きいイカには大きい餌木がいいから」。「シャクリが弱いな。鋭く小さくシャクってみて」。釣れない人には勇治船長から次々にアドバイスが送られる。この日の「野毛屋」は18人が乗船、全員が型を見てトップ11杯、船中74杯のアオリイカが釣り上げられた。

「野毛屋」でのお勧めは3m以上の長竿に4号餌木、イカが大型化するシーズンには4.5号の餌木も効果的だ。カラーはラメ系が今シーズンは乗りが良いという。まるで根掛かりのように竿が止められ、ギューッと引きこむアオリイカは、大物釣りに通じる楽しさがある。これから冬場に入り1.5㎏超えの大型がリールを巻く手を止めるほどの引きを楽しませてくれるだろう。

この釣りは誰かが乗せたときが最大のチャンス。群れが船に着き、2人、3人が同時に竿を曲げることも珍しくないからだ。長竿なら力任せにシャクらなくても餌木に十分なアクションを与えられる。初心者でも大型アオリを釣るチャンスは十分だ。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル