MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

釣れない時は船長がアドバイス! 大型化するアオリイカ(野毛屋)

「今シーズンのアオリイカは型がいいよ」。出船前の黒川勇治船長の言葉通り、釣り上げられるイカは良型ぞろいだ。平均サイズは800g、11月ではあるがキロオーバーも珍しくない。軟調長竿が満月に絞り込まれるシーンが続出した。

この釣りは誰かが乗せたときが最大のチャンス! 餌木にアクション

500以上のポイントを攻め分けるという黒川船長。次から次へと船を流し変えてゆくのが「野毛屋」のスタイル

3m以上のロングロッドは引き味もいい

早くも良型まじりの釣りが展開されている東京湾のアオリイカ。根掛かりのように竿が止められ、ギューッと引きこむ大型の乗りを楽しもう

餌木に食いつくアオリイカ

このサイズなら引き味もいい。ギュンギュンと魚のような引きが楽しめる

食べてもおいしいアオリイカ。刺身、天ぷら、バター焼き…大型を釣って、いろいろな料理を味わおう

姿も美しい〝イカの王様〟。この冬、大型狙いを楽しもう

当日はヤマシタの餌木開発スタッフが乗船、ダブルヒットも。さすがに釣りますね〜

スミイカやモンゴウイカなどコウイカ系のまじりも多く、いいお土産に

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

「3.5号じゃ乗りが悪いよ、4号使って。大きいイカには大きい餌木がいいから」。「シャクリが弱いな。鋭く小さくシャクってみて」。釣れない人には勇治船長から次々にアドバイスが送られる。この日の「野毛屋」は18人が乗船、全員が型を見てトップ11杯、船中74杯のアオリイカが釣り上げられた。

「野毛屋」でのお勧めは3m以上の長竿に4号餌木、イカが大型化するシーズンには4.5号の餌木も効果的だ。カラーはラメ系が今シーズンは乗りが良いという。まるで根掛かりのように竿が止められ、ギューッと引きこむアオリイカは、大物釣りに通じる楽しさがある。これから冬場に入り1.5㎏超えの大型がリールを巻く手を止めるほどの引きを楽しませてくれるだろう。

この釣りは誰かが乗せたときが最大のチャンス。群れが船に着き、2人、3人が同時に竿を曲げることも珍しくないからだ。長竿なら力任せにシャクらなくても餌木に十分なアクションを与えられる。初心者でも大型アオリを釣るチャンスは十分だ。

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「今一つだった昨年に比べると、今年はだいぶ調子がいいですよ。1月中旬になって数も型も出るようになってきました。トップで100本overと食いっぷりの良さを披露してくれたのは、本牧「長崎屋」の長崎船長。
更新: 2019-02-18 12:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームの絶好期。「爆釣はそれほどないですが、年明けからずっと安定感がありますよ」と話す、横浜新山下「渡辺釣船店」でルアー船を担当する田中茂生船長。
更新: 2019-02-13 12:00:00
ホウボウはこれからがベストシーズン。群れが固まって釣りやすくなるので、このようなスローピッチジャークジギングの基本をマスターするのに最適。したがって、入門にも最適というわけである。
更新: 2019-02-13 07:00:00
「例年3月頃が最盛期ですね。数もサイズも期待できます。ただ、今年はちょっと遅れ気味ですので、4月頃まで楽しめると思いますよ!」と、川崎「つり幸」のルアー船を担当する村山克英船長が話してくれた。
更新: 2019-02-09 12:00:00
「深場では良型、大型のマダイがそろいます!ぜひタイラバでチャレンジしてください」とは、今年からタイラバ専門で出航している、千葉・川津「とみ丸」の吉清船長。難しい印象だが、実は気軽に簡単な釣りなのだ。
更新: 2019-02-08 07:00:00
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読