MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

年末年始の釣行にもオススメ! 絶好調の外房イサキ(義丸)

御宿岩和田「義丸」のホームページでは、11月1日のイサキ解禁以来「反応濃くチャンスですよー」の大きな文字。ジャンボイサキのダブル、トリプルの写真で連日賑わっている。規定数の50匹を達成する日や早揚がりの日も多い。お土産高確率のオススメ人気ターゲットだ。

2点掛け、3点掛けで釣れ上がる! イサキは手軽な数釣りターゲット

寒の時期は日の出を拝んでから、釣り開始だ!

「探見丸」にも反応がバッチリと映し出された!

取材当日も、いきなりダブル、トリプルが連発した!

タナ下からコマセをまきながら巻き上げ、タナに合わせるとすぐにアタった!

開幕から絶好調が続いている外房の寒イサキ!

良型まじりの一荷!

嬉しいトリプル!

脂の乗りもよくなっている!

多点掛け連発!

これだけ釣れれば楽しいね!

規定数の50匹に達する人も珍しくない!

食いが立てば、バケツはイサキですぐに埋まる!

ゲストにはマダイも顔を出した!

定番ゲストのウマヅラハギ。これも美味な魚! 血抜きをして持ちかえろう!!

ビシはFL60号なので、比較的ライトなタックルで狙える。船長の了解を得れば、ビシ40号のライトタックルでもOKだ!

「義丸」ではカラーバリ仕掛けを使用! 当日は付けエサなしでバンバン食ってきた!

アミコマセはビシに8分目ほど詰める

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田「義丸」。

仕掛けについては、「カラーバリがいいですね。エサを付けなくてもしっかり釣れます。たまに魚に悪いからエサをください。という人もいますけど」と笑顔で話す「義丸」の木原義一船長。

この釣りでは嬉しいゲストも多い。マダイ、メジナ、ウマヅラハギなど魚種多彩で楽しめる。

寒イサキやウマヅラハギは、血抜きするだけで美味しさが倍増する。ぜひひと手間かけて持ち帰ろう。

イサキはお刺身はもちろん、塩焼き、煮付けなどシンプルなものが絶品。ウマヅラハギは唐辛子入りのキモ和えが船長のお勧め。ぜひご賞味あれ。

釣ってよし、食べてよしの寒イサキで年末年始の釣りは決まりだ!

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読