MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。

ワインドもジギングも絶好調! それぞれのヒットパターンを探れ!

チョン、チョン、チョン、と軽くシャクって来ると「ゴン!」と引ったくるようにバイトしてくる。これが最高に楽しい!

ワインドは、ボートシーバス用やティップラン用、ひとつテンヤ用ロッドなどで楽しめる! ベイトが浮いてタチウオが上ずっているときにはとくに効果大! 手返しがよく、ジギングよりも釣果が伸びることも!

思わずにっこり!

ルアーメーカーDUOの佐々木一樹さんは終始「ワインド野郎 タチウオ」(DUO)で楽しんだ

ジギングのトップは36本!ヒットパターンをいち早く見つけることが重要だ

12月上旬現在のアベレージは指3本だが、指4本クラスもポツポツまじった。寒くなるにつれこんな大型の割合が高くなる

ジギングももちろん絶好調! ヒットパターンを探れ!

指6本! 1.5㎏のドラゴンだ!!

指3本サイズでも脂が乗って、甘みがあって最高に美味しい駿河湾のタチウオ。一度食べたらヤミツキになってしまう人が多いようで、とくに週末はすぐに予約でいっぱいになってしまうという

エサも激熱!

これからが大型シーズンだ!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズ

当日のエサのトップは39本! アタリは多く、かなり楽しい!

メタルジグとジギングタックルの他に、スピニングタックル

「ワインド野郎 タチウオ」(DUO)を持参すると攻略の幅がいっそう広がる!

エサはサンマの切り身(上) 

小型電動リールとLTロッドの組み合わせが最高に面白い。感度がよく、アタリも取りやすい

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

当日の最大はエサで釣れた1.5㎏のドラゴン! 

このような大型がヒットしたときは無理して抜き上げず、必ず船長に声を掛けよう。ギャフで取り込んでくれる。タチウオは歯が鋭いためリーダーやハリスに傷がついていることが多く、抜き上げようとした瞬間に切れてしまうのだ。

駿河湾の夜タチウオは、サイズばかりではない。数もバッチリ期待できる。当日の竿頭はルアー36本、エサ39本。取材後にはルアー75本、エサ56本という日もあった!

冬の夜釣りは確かに寒い。だが、その寒さの中を行くだけの価値は十分にある。最近はその価値を知ってしまった人が多いようで、かなりの人気なのだそうだ。

「とくに週末は予約ですぐにいっぱいになっちゃうんですよ…。でも12月25日でサクラエビ漁が終わるので、そうしたら2隻体勢でお待ちしています!」とは、石原佑紀船長。

甘くて脂があって最高に美味な駿河湾のタチウオ。昨年は3月いっぱい楽しめた。防寒対策はとにかく万全に!

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
最新記事
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読