MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

1.5kgドラゴンも出た! ルアー&エサで楽しむ夜タチウオ(神栄丸)

いよいよ駿河湾に大型タチウオシーズンがやってきた! 11月下旬のアベレージサイズは指3本で、それに指4本以上がポツポツとまじる状況だった。それが、寒さが厳しくなるにつれ大型の割合がどんどん高まるのだ。

ワインドもジギングも絶好調! それぞれのヒットパターンを探れ!

チョン、チョン、チョン、と軽くシャクって来ると「ゴン!」と引ったくるようにバイトしてくる。これが最高に楽しい!

ワインドは、ボートシーバス用やティップラン用、ひとつテンヤ用ロッドなどで楽しめる! ベイトが浮いてタチウオが上ずっているときにはとくに効果大! 手返しがよく、ジギングよりも釣果が伸びることも!

思わずにっこり!

ルアーメーカーDUOの佐々木一樹さんは終始「ワインド野郎 タチウオ」(DUO)で楽しんだ

ジギングのトップは36本!ヒットパターンをいち早く見つけることが重要だ

12月上旬現在のアベレージは指3本だが、指4本クラスもポツポツまじった。寒くなるにつれこんな大型の割合が高くなる

ジギングももちろん絶好調! ヒットパターンを探れ!

指6本! 1.5㎏のドラゴンだ!!

指3本サイズでも脂が乗って、甘みがあって最高に美味しい駿河湾のタチウオ。一度食べたらヤミツキになってしまう人が多いようで、とくに週末はすぐに予約でいっぱいになってしまうという

エサも激熱!

これからが大型シーズンだ!

少し小ぶりだけど食べるにはちょうどいいサイズ

当日のエサのトップは39本! アタリは多く、かなり楽しい!

メタルジグとジギングタックルの他に、スピニングタックル

「ワインド野郎 タチウオ」(DUO)を持参すると攻略の幅がいっそう広がる!

エサはサンマの切り身(上) 

小型電動リールとLTロッドの組み合わせが最高に面白い。感度がよく、アタリも取りやすい

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「神栄丸」。

当日の最大はエサで釣れた1.5㎏のドラゴン! 

このような大型がヒットしたときは無理して抜き上げず、必ず船長に声を掛けよう。ギャフで取り込んでくれる。タチウオは歯が鋭いためリーダーやハリスに傷がついていることが多く、抜き上げようとした瞬間に切れてしまうのだ。

駿河湾の夜タチウオは、サイズばかりではない。数もバッチリ期待できる。当日の竿頭はルアー36本、エサ39本。取材後にはルアー75本、エサ56本という日もあった!

冬の夜釣りは確かに寒い。だが、その寒さの中を行くだけの価値は十分にある。最近はその価値を知ってしまった人が多いようで、かなりの人気なのだそうだ。

「とくに週末は予約ですぐにいっぱいになっちゃうんですよ…。でも12月25日でサクラエビ漁が終わるので、そうしたら2隻体勢でお待ちしています!」とは、石原佑紀船長。

甘くて脂があって最高に美味な駿河湾のタチウオ。昨年は3月いっぱい楽しめた。防寒対策はとにかく万全に!

以上の記事は「つり丸」2014年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
イカが高活性のときは、プラヅノ仕掛けがいい。というか、なんでも乗るって感じかな。夜はね。お月さまの明かりの関係でどうしてもムラがある。乗りが渋いときは、エサ巻き餌木の釣りが確実だ。
更新: 2019-01-15 00:49:26
沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【剣崎松輪港・一義丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。ワラサ、アジ、マダイなどが主なターゲット。
更新: 2018-12-06 01:06:56
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読